2010年07月20日

ニイニイゼミ・羽化

 ハルゼミの姿を殆ど見かけなくなった今、この辺りで一番小さい、ニイニイゼミの羽化ホヤホヤ、森の妖精のような可愛らしい姿を庭の片隅でみつけました。

10-07 002.jpg
 クローズアップ写真で巨大化していますが、本当は体長3p程です。
 羽化したてで色が薄く青みを帯びています。 <2010-07-19 17:19>

10-07 003.jpg
 羽がしっかりと延び切り乾いてきたら、視線を感じたのか羽をパタつかせながら、恥ずかしそうに上へ上へ上と昇って行ってしまいました。

 「照れるなぁ…こっち見るなよ〜」

って言ってるような? 不躾な観察をして、ごめんなさいね。

10-07 001.jpg
 後に残された空蝉を貰って葉っぱの上でパチリ。
 脱殻の中から伸びる白い糸はへその緒のよう…生命の名残を感じます。
 
 ニイニイゼミの脱殻にはご覧のように一面に土がついています。
 小さくて土のついた脱殻ならニイニイゼミに間違いありません。


 ミンミンゼミの声は、♪ミ〜ンミンミンミンミ〜ン と聞こえますが、
 ニイニイゼミはどうしても、♪ニ〜イニイニイニイニ〜イ とは聞こえず、

 私には、♪シ〜〜〜〜〜〜〜〜イィ  と聞こえます。


      閑けさや 岩に染み入る 蝉の声


 この「蝉の声」の主は諸説ありますが、芭蕉が訪れた7月中旬の山形・立石寺という条件では、「ニイニイゼミ」が有力視されています。 私もそれを知るまでは、ずっと「ヒグラシ」と思っていたのですが、確かにニイニイゼミの鳴き声の方が閑で岩に染み入っていく雰囲気があります。 それよりも更に、岩から染み出して来ているようにさえ思えます。 

 ヒグラシの声にはもっと涼やかな水気を感じます。
朝夕のやや暗い森の湿度の中で聞くせいでしょうか。 
 

posted by 山桜 at 15:40| Comment(14) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ヒグラシ/玉蝉

   10-07.JPG

 今朝、ヒグラシ蝉の初鳴きを聞きました。
 
 少し前までは、ホトトギスが鳴いていた時間帯です。 
そういえばホトトギスは何処へ? いつの間にやら季節は移ろっていきますね。 

 時間の波に流されっぱなしなので、少しは足跡を残しておこうとブログ作成ページを開いたら、あら、フォーマットが変わったような…? 少し見慣れるともう何処がどう変わったのか分かりません。 これですから、最初の違和感って大事ですね。

 『この道は何だか通りたくない。』
 『この電車のこの車両に乗りたくない。』

 このような感覚は出来る限り大事にしています。 
 見守ってくれている何者かの存在が、教えてくれている気がするから・・・。

 ヒグラシが鳴いて時季を知らせてくれたので、今日は日記を書きました。


<写真>
 国立博物館・特別展「誕生!中国文明」で、マスコットキャラらしき「ヒヨコ」より「蝉」の存在が妙に気になり、中国の方に伺えば『蝉は不老不死・復活・再生の護符』とのことで、思わず衝動買いしてしまった翡翠の蝉。

 ケロロン曰く、『それ…蝉が嫌いな人は、引くよ』

玉蝉・含蝉
 嘗て中国では、弔いの際に亡くなった人の口の中に丁度舌に乗るような扁平な玉製の蝉を含ませて復活を祈ったのだそうです。 私の求めた玉製の蝉はもっと具象的立体的な姿で、腹側にも彫りがあります。 滑らかで温かみがあって撫でていると心が落ち着きます。 今に鳴き出すかもるんるん

 身に着けて時折撫でたり眺めたりしていたら、何だか艶と透明感が増したような…。

   100713_161545_ed.JPG

 
 

posted by 山桜 at 00:00| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

「笹百合」「ル・レーヴ」と「3」

     画像 550.jpg
        2006.06.19 都立薬用植物園のササユリ

10-06 005.jpg
        2010.07.01 家の庭のル・レーブ


 いつの頃からか「三・3・V」という数字が好きで、勝手にラッキーナンバーと思っています。 お習字で「三」の字を書くのも好き。 三本の線が天・人・地を表しているようで、広大な平原に一人立ち大空を見上げているような晴れやかな気持ちになります。 

 先日の野花菖蒲から、やゆよんと、アヤメ(アイリス)科とユリ科の花が、「3」に深く関っている話しに広がって、久し振りに一寸そちら系?の興味がトキメキ出しました。

 日本の百合がヨーロッパに渡って交配され、数々のオリエンタル・ハイブリッドと称される園芸品種が作り出されました。 我が家の古株「ル・レーヴ」も、遺伝子を調べた方により日本在来種の「ササユリ」の血が流れていることが分かっています。

 ササユリに憧れて2度球根を植えましたが、噂に違わぬ難物、出来るだけ自生地に似せたつもりで栽培しても我が家の環境に合わず、可哀想なことをしました。 反対にル・レーブはもう彼是10年以上植えっ放しなのに、毎年立派な花を幾つも咲かせてくれます。もう、高望みはせず、ササユリの血を引く丈夫なル・レーブで、憧れのササユリの姿をしのぶことにしましょう。


 いつもながら、前置きが長い。


 さて、ササユリと言えば「笹百合」と書いてしまうことが多いのは、葉が笹のようだからとも、竹や笹原のような環境を好んで群生することからだとも。 

 一方、一早く咲くので「早百合」、旧暦皐月に咲くので「皐百合」、繊細で美しいので「小百合」という説もありますし、実際「サユリ」と呼ぶ地方もあるようです。

 また古くは佐韋(サイ)の呼称が「古事記」にあり、今でも「三枝(サイクサ)」といえばササユリのことであり、茎の先が三つに別れて花を三つ付ける様子からかと思われます。
(上の写真のササユリは細茎にやっと一輪だけ咲かせた感じです。
 健全で充実した株はちゃんと三枝に別れて蕾を付けます。)

 3月に参拝した、ササユリの自生保護地のある奈良・桜井の大神(おおみわ)神社の狭井神社や狭井川の地名「狭井」とどちらが先なのでしょう。 サイクサが咲くからサイなのか、サイに咲くからサイクサなのか?

 同じく古事記には、大神さま(大物主大神)の姫、姫蹈鞴五十鈴姫命は美しいササユリ咲く狭井川の辺で神武天皇に見初められ皇后に迎えられたとあります。 

 その五十鈴姫が祀られている奈良市元子守・大神神社摂社・率川(いさがわ)神社では、毎年6月に大神神社からササユリが奉献され「三枝祭」「ゆり祭」が行われているそうです。 何故、そんな離れた所に姫神を祀る大神神社の摂社があるのかも不思議。 嘗ては春日大社とどちらの摂社かで揉めたこともあるとか。

 大好きなササユリが「三枝」という名で「三輪」の花を付け、「三輪」山に自生している…なんて素敵な話でしょう♪ 

 百合の花を良く見れば、3弁の花びらの外側に3弁のガクが合わさり、6弁の花びらのようになっています。 もう「三三百合」とでも書きたい気分。

 「ささ」はお酒の意味もありますし、大神神社の三つの茅輪をくぐり大祓いして戴き、お神酒まで頂戴したようで、清清しい七月の三日を迎えました^^
posted by 山桜 at 15:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 私の庭(園芸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする