2011年01月31日

振り返る「天地に遊ぶ」

11-01 040.jpg
茨城県 水木浜の朝日↑・夕景↓ <2011-01-03>
11-01 045.jpg

 たまにアクセス解析を眺めると、今でも何年も前の記事にアクセスして下さる方々が結構いらして驚きます。 ワード検索等で辿りつかれるのでしょうけれど、ガッカリさせていないか心配…。

 それで、どんなこと書いていたのかと昔に戻って読んでみますと… ほんの数年前でも若いな〜、よく歩いて観察して、それをまたどんどん記事にしてって精力的だな〜って思えるのは、何だか私、此のところ、急に老け込んでしまったのかしら(ガ〜ン!)

 昔の自分、そして皆様のありがたい懐かしい温かいコメントに出会い、月曜日スタートの元気を貰いました! こんなやりとりって、まるで「文通」?「交換日記」? 思えば学生時代のような高揚感まで味わえているんですね〜 ブログってすごいなぁ! 発信はしても、戴いたコメントにお返事はしないという方もいらっしゃるけれど、こうして積み重ねてきた心と心の往復書簡は、私にとってはかけがえの無い宝物です。 寧ろ記事よりも、コメントのやり取りの方が!というくらい。

 当初、いつか読んでくれるかな…と、娘のケロロンへの伝言と思って書き残し始めたものの、その頃はあまり興味をもってくれませんでした。 やがて中学生だったケロロンも成人し、この頃は携帯から覗いてくれるようになり、「更新楽しみにしてるよ♪」なんてお世辞も言ってくれて嬉しいです。 なんだか元気がなかったから、それこそ励ましてくれてるんだと思いますけどね。

 そんなこんなで、体の循環や目に障らない程に、ゆるりと続けたいと思っています。 ブログ仲間の皆様、読んでいて下さる皆様(いつか文通仲間になれたら嬉しいです)、これからも末永〜く、よろしくお願い致しますかわいい 
posted by 山桜 at 11:09| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

妙な「KARA騒ぎ」

 連日詳細が流される韓国少女歌手ユニット「KARA」の分裂騒動。
この子達ってそんなに大騒ぎして報道する必要があるほど、日本で大人気でしたでしょうか? 少なくとも私には、もう一つのユニット「少女時代」?(すっかり存在感が薄く…)と共に、なんだかまたマスコミの韓流押しで盛んに売りに出てるな…という位の認識しか有りませんでした。

 それがどうでしょう。 この分裂騒ぎを起こしてからというもの、繰り返し繰り返し彼女達の歌や一斉にお尻をこちらに向けて回すダンス(これがすごく失礼な仕草に感じるのは私が古い日本人だから? お客様にお尻を向けないって礼儀作法の基本では?)が湯水のように流され続け、メンバーの顔や名前が映し出されるので、彼女達のパフォーマンスを苦々しく思っていた私のような者までも、知らず知らず曲やダンスが頭に染み付き、顔と名前まで一致してしそうな始末。 これは、ものすごい宣伝効果です。 まるで大プロモーション活動ではないですか。 しかも経費無用の…。


 こんな日記を書くと私まで彼等(彼女達はあくまでも犠牲者と思いたい)の片棒を担いでしまいそうで躊躇いがありましたが、これはやっぱりオカシイと言わずにおれなくなりました。 裏にはなにやら巧妙な台本がありそう? 韓国の芸能プロダクションの悪い噂など耳新しく無く彼等は失うものもなし、来日延期、日本のファンの為に是非また日本へ…等と散々気を持たせ同情を集めた挙句に、お蔭さまで分裂回避できました〜となっても、たとえ反対にそれぞれの道に進むことになったとしても、これだけ注目を集めてプロダクション的に損なことなんて無いですものね。

 日本製品を凌駕する勢いで世界へ製品を売りまくる韓国でも、技術の中枢部を日本製品に依存している為、対日貿易だけは大幅な赤字。 日本円を獲得する為には、いくら育成費用が掛かっても、ネット先進国韓国では既に大きく稼げなくなってしまった韓流スターの輸出が手っ取り早いのでしょう。 

 どうやら彼らの売りの手法が巧妙で効果的なのは明らかです。 上手く騙されているとしたら、お人よしの日本人の方が弛んでるでしょうね。 騙すより騙されるほうがマシともいいますけれど…。 
 私も頑なな偏見は持たず、また妙な風潮に流されること無く自分の目で見極め、良いものは受け入れたいとは思っています。 朝から血圧あがるようなこと書いてしまいました…(。。;)>
ラベル:マスコミ
posted by 山桜 at 08:27| Comment(14) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

Look up↑ 空木?

11-01 001.jpg 
触手を天に伸ばし、空から霞でも摂取しつつ自分で自分を天に向かって育てているのか…

11-01 011.jpg
近くに来るとテッペンが見えないのは富士山と同じ。

          11-01 012.jpg 
          2011-01-04時点で 539m(22日現在 559m)

11-01 018.jpg
浅草観音さんに向かって手を振ってる? もうそこかしこから見えるように。

11-01 017.jpg
近辺ではこぞって見上げられる人気者も、ここまで来ると流石に仰ぎ見る人も無し。
(浅草寺の長い長い改修も終わって、やっと幕がとれました〜♪)


 ケロロンの成人式のお祝いに上京していたお姑さまとケロロンと3人で、スカイツリーやら浅草見物やらに出掛けました。 押上で地下鉄を降りてさっそく空を見上げても、どこにもそれらしき塔は見えずキョロキョロ(((@@;))) 周りの人々も初めてらしく、空を見上げて右往左往…。 なんと灯台下暗しではないけれど、スカイツリーは、すぐ手前のビルの後ろにすっぽりと隠れていて、暫く歩いた交差点の橋の上あたりでやっと姿を全部表してくれました。

 もっと近くで見たい!と思うのが心情ですけれど、どうも近づけば近づくほど首は痛いし全景が見えなくなってしまいます。 行けばまぁ分かるだろうと気楽に出掛けてきましたが、やはりビューポイントの下調べ位して出掛けることをお薦めします^^; もう少し下がった橋の上からだと鏡富士ならぬ鏡空木が川面に映って美しい所があるそうです。

 東京スカイツリー 公式HP → http://www.tokyo-skytree.jp/
 

 それにしても、我が身も同じですけれど、皆一様に空を指差し見上げ写真を撮っている様子は異様な高潮感です。 スーパーマンのロケ現場に来ちゃったかと思うほど。 これはスリには稼ぎ場所でしょう…。 皆様、幾ら日本が安全とはいえ、油断なさいませぬように。 (写真は撮ったのですが、ちょっと差し障りがありそうなので公開は控えます)

 天に向かってぐんぐん伸びていくような成長が早い植物は大抵中身がスカスカです。 竹しかり桐しかり。 空木(ウツギ)という植物も、茎の中が空洞でその名があります。 スカイ・ツリーも、今は正にその名の通りスカスカです。 血脈が通い元気に始動し、人々の希望でお腹いっぱいになる日が待ち遠しいでしょうね。
 
posted by 山桜 at 11:00| Comment(15) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

湖畔の夕景

11-01 057.jpg
鈴掛けの木にかかる上弦の月(2011-01-14)

11-01 056.jpg
鏡写しの夕景

11-01 055.jpg
富士夕影

 この冬は、雪が降りそうもないような地域にまで雪が降り積もる一方で、東京には雨の一滴も降らず、からからに乾ききっています。 

 零下の気温が続き、一日中睡蓮鉢の氷も溶けずにいて、いつも来る小鳥達が水を求めて凍った水面をつついています。 時にツルリと滑っているのは、失敗したのか滑って遊んでいるのかどちらなんでしょうね。

 毎日寒くて縮み上がりそうですが、どんな時でもいいこともあるもので、空は澄み切って月星の光は射抜かれんばかりに冴え渡り、夕焼け空の色は心の奥底まで染め上げられそうです。 ありがたい富士の峰も神々しいお姿を表して下さいます。
 
posted by 山桜 at 17:23| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

お蔭様で

遅れ馳せながら皆様、新年おめでとうございます。 どうやらこうやら、繭から抜け出たばかりのよろよろ態で(文章書くのも慣れずに書き直してばかり、すみません)はありますが、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 この度、娘のケロロンもたくさんの皆様のお支えお見守りを受けながら20年の時を積み重ね、無事に成人の日を迎えることが出来ました。 心より御礼申し上げます。 ありがとうございました。

 何十年も前の私の成人式の時の着物と帯を嫌がりもせず身に着けてくれ、それもとても嬉しいことでした。 完全に親ばかですけれど、私よりず〜っと似合っていて可愛かったです。

 成人式の晴れ姿を祝う為に上京した主人の母の滞在中、あれこれと祖母を気遣うケロロンの優しさと成長をしみじみと感じることも出来ました。 何もかも思い描いた通りとはいかないまでも、なかなかに良い娘に育ってくれたこと、感謝でいっぱいです。 これにて母としては、少〜し肩の荷もおり、ホッと一息です。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする