2011年06月30日

日光I二荒山神社

 今日は半年分の穢れを祓う「夏越の大祓」ですね。 皆様、夏の大掃除は無事にお済みでしょうか? 未だの方はせめて気持ちだけでも「茅の輪くぐり」をどうぞ…
img.jpg
       夏越の大祓「茅の輪くぐり」
          (日光二荒山フタラサン神社HP ライブカメラより)

日光三山の神、

男体山(二荒山・2486m)大己貴命
女峯山(2464メートル)田心姫命
太郎山(2368メートル)味耜高彦根命(アヂスキタカヒコネ命)
               別名 迦毛大御神(カモノオオミカミ)
               鋤=農耕神であり、雷の神 
               今日は丁度雷様が大暴れしてらっしゃいます…       

を総称して「二荒山大神」と称し、主祭神としています。

この三神は親子として親しまれおり、境内には「縁結び」で有名な「夫婦杉」の他に「親子杉」も祀られています。 折角の親子旅なので「親子杉」をご紹介しますね。
11-04 382.jpg

最初の頃にご紹介した桃かと見まがうような大木の「八汐つつじ」が見事に咲いていたのが、この神社です。
11-04 159.jpg

そうそう、先にご紹介した共通セット券には「二荒山神社」の券も付いていますが、参拝は自由(無料)ですので回収されることもなく、手許にその一枚だけ残ります。 外人さんなどは不思議に思わないかしら…。 それとは別に神社の左手奥にある「二荒山神社 神苑」は有料で、修学旅行生が喜びそうな?ちょっと遊びを添えて、弘法大師お手植えの高野槙、化け灯篭、神輿舎、幾つもの末社、などを巡回できるようになっています。 

冷たい雨が降り続いていましたし、ケロも最早それらで遊んで喜ぶ歳でもなく、この日、なんだか心惹かれたのは、霊泉の水面に浮かんでは消える沢山の輪…それがそのままふわっと傍らの石にも波立つように伝わって、私の心にもその輪が広がってゆくようでした。
11-04 381.jpg
posted by 山桜 at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

日光H東照宮

 お天気が良ければ、去年の春に歩いた東照宮の裏山をぐるりと回わるハイキングコースを通り、役行者のお堂や白糸の滝や二荒神社の別院・滝尾神社をケロにも参拝させたかったのですが、流石に日光を訪れながら三度続けて「東照宮・輪王寺」をはずすというのは天が許さなかったようで…山歩きには激しすぎる雨ですし、ケロの靴は既にグズグズですしね…(苦笑)

 それに、ずっと
 「拝観料1300円って高〜い!」
と思っていたのですが、二社一寺共通券ですと、輪王寺(宝物殿・逍遥園含む)・東照宮(眠り猫・奥院除く)・二荒神社の神苑(神社は元々参拝自由)・大猷院などを含めてのお値段でした。 今までは、各々で1300円くらいが必要なのかと思っていたので…(勝手な思い込みですみません!)。 しかし、このようなセット券ではなくて個別でも参拝出来るのでしょうか…。 その辺り、今回も確認を忘れてしまいました。

<追記>
 先程ネット検索で調べた限りでは、何だか実際に入手した券と
 異なり、二社一寺共通券が輪王寺宝物殿/逍遥園や二荒神社
 神苑は別料金で ¥1000 となっていました。 

 もう手許に券は残ってない(拝観時に切り取られて回収)ので
 確かめようも無いのですが、実際に宝物殿などを券で回って
 いるので、私たちが入手出来たのは、それらが含まれての共通
 券だったのは間違いないと思います。

 そして、東照宮だけで眠り猫や奥院も含まれて¥1300
 という券も存在していて、以前に思っていた通り、単独で
 ¥1300も間違いではなかったのです。

 どちらにしても、それぞれで個別に納めるよりは共通券は
 確かにお得な設定には違いないので、回りたい所をよく確かめて
 から券を入手することをお薦めします。



 さて、日光・東照宮。 徳川三代将軍家光が祖父初代家康を祀る為に創建。
余りにも知られた名所旧跡なので、へそ曲がり視点で眺めて参りました。

「見ざる・聞かざる・言わざる」の「三猿」の「隣の猿」たち…
「少しは、僕たちのことも見てよ〜」「こっちから見てやろう」って?
11-04 365.jpg

 巻き毛がむくむくの狛犬さん。 
甘えたような表情は、まるで寵愛を受けてそだったかのように穏やか。
11-04 369.jpg

 日本的好みの「空間の美」とはかけ離れた「埋め尽くし」の装飾。 柱や壁までもびっしりと隅々まで彫刻や蒔絵や画彩が施されてされています。
11-04 372.jpg

 華やかな彫刻群の中には、割りに普通な?人々の姿も。
11-04 375.jpg

 「お母さ〜ん! 餌ちょうだ〜い!!」って雛鳥も居たんですね〜
11-04 376.jpg

 ケロは靴も靴下も濡れていたので、どこにも上がらず(修学旅行で拝観したと)、建物の外回りや彫刻群や灯篭などをよくよく鑑賞できたそうで、私もそうすればよかったなぁ…。 久しぶりに聞きたかった「鳴龍」の共鳴も記憶の中のものと何だか違っていて、ガッカリ。 こういうものは、やはり適した気候ってあるのでしょうね。 湿っぽい時は一番ダメなのかもしれませんね。

 なんだか東照宮を巡りながら、悪霊から身を守る為に全身を経文で埋め尽くした(耳だけ忘れたけれど…)「耳なし芳一」や、キリスト纏わる全ての物語を未来をも含めて?表現し続けているバルセロナの「サグラダファミリア」を思い出していました。

 長い戦国時代を潜り抜け、やっとつかんだ徳川の世の平安な日々を、お爺様ならびに神仏に何とかして守護して戴こうという家光の切なるな願いが込められているのでしょうか。 お蔭で「三代目のジンクス」を打ち破った家光さん。 果たして、当時も「三代目は身上をつぶす」と、言われてたのかしら??

 日光山の神さま仏さま、関八州守護のみならず、また東日本のみならず、日本全土を、この未曾有の自然災害の危機から、どうかお守りくださいませ。
 
posted by 山桜 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

日光G輪王寺・逍遥園

 多楽さんが、日光の並び(化け)地蔵様達に会いにいらしたと伺い、日光の旅日記が(毎度のことながら)途中だったことを思い出しました。 梅雨風邪もようやく一段落したところで、そろりそろりと続けます。

 あの梅雨冷えは何処へ? 急に真夏日がやって来て、草木も人もぐったりですね。 せめて春まだ浅き日光の爽やかな冷気をお届けしましょう。

 日光山輪王寺・宝物殿の「逍遥園」を一人で心行くまで巡りました。 男体山など付近の山々を借景として作られた池泉回遊式庭園です。 江戸時代、門主として京都から来た皇族出身の僧・輪王寺宮法親王を慰さめるために作られたのだそうです。

 この日は朝からかなりの雨降りで、同行のケロは水溜りに嵌ってしまい靴も靴下もビショビショ、寒さも相俟ってすっかりテンションが下がってしまい、宝物殿で休憩中です…。

 八汐つつじや水芭蕉に彩られた池面には、雨の雫が点々と波紋を広げていました。
11-04 323.jpg

 お茶室にもなりそうなお休処。 (何も説明がないので何とも…)
11-04 324.jpg

 人が歩かない処は、殆ど見事な苔に覆われています。
11-04 329.jpg

 振り返ると先ほど小さな建物が池端に静かに佇んで見えました。
11-04 331.jpg

 龍のように伸び上がる古木もすっかり苔に覆い尽くされて…
11-04 332.jpg

11-04 341.jpg
池は細長く中ノ島を持ち、池岸は入り組んでいて、少し歩くだけで全く異なる表情を見せてくれます。 向こうの山を借景に、低い常緑樹の中から背の高い落葉樹が伸びて高原のような味わいも。
11-04 355.jpg
日本中の多種の紅葉を集めた秋の美しさが有名で近年はライトアップもされています。 また、東日本のサツキの発祥地ということで、私の大好きな品種「晃山」「日光」もこちらが故郷だということを始めて知りました。 サツキともみじの頃は、大賑わいなのでしょうね〜 静かな季節に歩けて幸いでした。

 元々は小堀遠州作と伝わるお庭ですが、繰り返し改修が行われたようで当時の面影が偲ばれるものは少なそうです。 写真(下中)の石橋の長平石の形は若しかしたらそうでしょうか…? 写真左・自然石をくり抜いて造られたような塔 写真右・枝跡の残る樹の柱が用いられている門 小さなお休み処の中の襖絵(こういう装飾がある所は都風というか侘びたお茶室とは少し違う風情を感じます)何故か由来も説明も何も無いので、どういったものなのか皆目分からないのが残念です。)
11-04 362.jpg11-04 346.jpg11-04 354.jpg11-04 326.jpg 
(1クリックで写真は拡大されます。)

「宝物殿」の展示は、東京国立博物館の「大徳川展」でお目に掛かっていたことと、宝物保存の為に仕方ないのでしょうけれど(それとも節電?)、とても薄暗くて何だか…。

「輪王寺」の「三仏殿」「護摩堂」は改修中で足場や幕に覆われており、狭い通路を流れ作業のような説明を浴びながら通り過ぎ、一番熱の入った弁がお守りや護符やストラップやらのお薦めで…改修には先立つものが必要なのでしょうけれど、もう少し静かにゆったりと参拝したかったです。

posted by 山桜 at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

何か、おかしい…

 ここ数年、五月の晴れ晴れとした日が減り、梅雨入りが早く期間が長く雨の降り様が激しくなっているように感じますが、それにも増して、今年は異常さが目に留まります。 

 個人的には、震災前、各地の温泉の泉質が急に変わったというニュースを見た時、
 「いい泉質になって、よく温まるようになってよかった〜」
とうような嬉しそうなコメントを聞きながら、
 「いやいや、そんな明るいニュースでは無いのでは…!?」
と、言い知れぬ不安を覚えたことを思い出しました。

 後年、何かの参考になるかもしれないので、忘れない内に、その他にも覚えているものだけでも書き留めておくことにします。 また思い出したら随時追記していきます。

・震災前後、各地の温泉で泉質や湯量が変化したり、突然停止したり噴出したりした。

 <泉質変化>
  北海道(釧路)山花温泉 透明⇒茶色 強アルカリ性⇒酸性
  茨城 袋田温泉     透明⇒白
  香川 美霞洞温泉    透明⇒白 硫黄臭強まる
  佐賀 武雄温泉     黒くなった
  大分 別府温泉     透明⇒乳白色

 <湯量変化>
  山形 天童温泉  湯量減
  福井 九頭竜温泉 湯量×1.5
  岐阜 割石温泉  湯量増
  徳島 松屋川温泉 湯量減 濁り

 <噴出>
  福島 いわき アパートの土台から(震災後)
  山梨 甲府  廃井戸から(震災後)

 <停止>
  山形 柳川温泉 (震災後)
  新潟 観音寺温泉(震災後)
   

・染井吉野の開花(4月2日)が、去年(3月24日)より1週間ほど遅れた。
 更に満開までに10日近くかかった。

・果実類の実つきが非常に多い。(家の庭調べ)
 (植物、虫たちが何かを感じて種の繁殖に励んだ?)

・蛙の卵、オタマジャクシの数が多い。」

・ウグイスが減り、ガビチョウが増えた。

・ホトトギスが、例年より1週間ほど早く、5月20日に飛来した。

・ウリ科、朝顔など、発芽に高温が必要な植物が発芽しない。
 (例年はこぼれ種より5月中には、自然に多数発芽している。)

・メダカの産卵が止まった。(一度気温が上昇した頃産卵したきり)

・メダカが多数死んだ。 
 (泳いでいる姿のままで、腹もみせずに事切れていたものもあり。)

・ユリの背丈が伸びない。(低い背丈のまま着蕾)

・6月14日 石川県 金沢市 浅野川 鮎・大量死

・6月15日 谷戸の草むらでコオロギが鳴いていた。

・6 16 三陸沖 鯛・異例の大豊漁
posted by 山桜 at 08:34| Comment(23) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

Spirited away−何故ここに?

 環水平アークを初めて見た後、思いもかけない異空間へと迷い込みました。 ただ、開門時間内であれば湖への近道を抜けられるというので、地図を片手にお寺(この山域全体は「狭山不動尊」と呼ばれている)の中へ入っていくと…

 いきなり迎えてくれたのが、「日光東照宮!?」というようなこの門です。

11-05 016.jpg
【勅額門】元、東京芝・増上寺の徳川家台徳院一品大相国公(二代将軍秀忠公)の御廟に、寛永九年(1632年)三代将軍家光公が建立したもの。 勅額は後水尾天皇の筆。 国指定重要文化財。

 なるほど、家光公の建立であれば東照宮に似ているのも道理ですね。

 続いてまたもや、この豪華さときたら…!

11-05 018.jpg
【御成門】やはり同じ芝・増上寺の秀忠公の御廟に、その子家光公が同年に建立したもの。 格子天井の中央に丸い鏡天井が設けられているのが珍しい特徴とのこと。
 
 金色の飛天像…の下には「葵の御紋」?

11-05 021.jpg

 鏡天井の中には天女が… あ、ここにも「三葉葵」の御紋が見えます。

11-05 020.jpg

 こちらは離れて見るとこんな風に囲われていて、中をくぐることは出来ません。

11-05 090.jpg

 この右手奥には、秀忠公のご正室、今年の大河ドラマの主役「江姫(崇源院)」の御廟(芝・増上寺)から移設した【丁子門】などもあるのですが、東日本大震災により危険な箇所が生じたそうで、残念ながら「立入禁止」となっていました。 折も折、脚光を浴びるという滅多にない年に、そんなことになってしまうとは…案外お江さんは、あんまり騒がれたくないのかもしれないですね。

 打って変わってすっきり堂々、武骨さがいかにも武家らしい門です。

11-05 085.jpg
【不動寺総門】 元、長州藩主・毛利家の江戸屋敷門。 総ケヤキ造。

 狭山不動さんの本堂は元は京都・東本願寺から移築した七間堂でしたが、平成13年に不審火で焼失。 今は味気ないコンクリの建物で、なにやら人の出入が多いのもあって、写真を撮るのを忘れてしまいました。

11-05 027.jpg

【第一多宝塔】
 桃山時代(1555年)大阪府高槻市梶原にある畠山神社(もと梶原寺)に美濃国林丹波守が建立したもの。

11-05 032.jpg

【第二多宝塔】
 室町時代中期、永宝七年(1435年)兵庫県東條町天神の椅鹿寺に播磨国守護赤松満男教康が建立したもの。

 なんという優美な曲線の集まりでしょう

11-05 077.jpg

11-05 078.jpg11-05 079.jpg
 
第二多宝塔の前の灯篭。 前側には「鷺」・裏側には「濡」の文字が。
どんな意味があるのでしょう。

11-05 028.jpg

【弁天堂】

11-05 081.jpg

【康信寺】 ユネスコ村にあった時は「孔子廟」とされていたらしいです。
 そして、なんと、その中に祀られているのは、台湾の文武廟にある孔子廟に祀られていた孔子・孟子・子思の本家像で、台湾に今ある方がレプリカなのだとか…。 どういう経緯か分かりませんが、恐らくこれも堤氏が黄金時代に入手されたものなのでしょう。 ご自分の名前の字を寺名に入れてらっしゃるのですね。

11-05 033.jpg

【大黒天】もと奈良・極楽寺、柿本人麻呂の歌塚堂 もう、何故ここに?

11-05 029.jpg
11-05 034.jpg

無造作に立ち並べられた夥しい数の灯篭の群れ、それぞれに誰の為に誰が寄進したか記されているのに、何でこんな所に・・・ 増上寺境内にホテルを建てる時、こちらに運んだきりなのでしょうか・・・

11-05 036.jpg
11-05 073.jpg
11-05 040.jpg
【奈良十津川 桜井寺山門】
こちらもまたマニアが見たらビックリものですよね・・・何故、ここに!?

 ジブリ映画「千と千尋の神隠し」を見た時、「テーマパークの跡地」というキーワードから、『もしかして「ユネスコ村」?』と思い浮かべ、そういえば、あの丘陵の住宅地、向こうの世界へ行く前にくぐった門や石仏、遊園地の駅の待合い? 湖の底のように広がる風景もどこかで見たことがあるような気がしていました。
(つづく)
posted by 山桜 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

瓔珞筒アナナス

瓔珞筒(ヨウラクツツ)アナナス
 パイナップル(アナナス)科ツツアナナス属
 学名 Billbergia nutans、英名 Queen's-Tears、 漢名 垂花鳳梨
 南米原産 昭和初期に日本へ渡来
11-05 006.jpg
(注:残念ながら写っている葉は殆ど水仙のものです。ごめんなさい。)

 もう何年前になるでしょう…チャチャさんの所で「この花の名は…?」と問われ、初めて見る不思議な花でしたが、葉っぱの様子(両側から抱き込むように重なる・やや肉厚で細く尖った葉・付根にノコギリ状の縁取り)と花の形や付き方から「アナナスの仲間かな?」と目星を付けて調べてみたのが最初でした。
 
(瓔珞というのは、貴金属や貴石を紐に通して繋いだ装飾品で、元はインドの貴人が用いていました。 今では、仏像の首飾や宝冠、天蓋の装飾、仏前の荘厳(飾り)などに見られます。 筒とつくのは、花がピンク色の細長い筒丈の鞘?からこぼれ出すように咲く様子からかと思います。)

 今は亡きお母様の思い出のお花ということで、名前が判明した時には、とても喜んで戴けたのが嬉しく深く印象に残りました。 それから暫くして、チャチャさんはなんとそんな貴重な苗を届けてくださり、我が家に根付くこと3年目の春、あの虹の光を集めて滴らせたかのように見事に花をつけてくれたのです。 これこそ正に瑞兆に間違いなし^^♪ 雨上がりの露の中で花が咲いているのを見つけ、我を忘れ思わず喜びの声を発し跳ね上がってしまいました!(さかなクン?)

<栽培環境>
 (お問い合わせがありましたので、追記いたします。)
 東京多摩北部、地植えです。 
 降霜、氷結ありでしたが元気に越冬しました。 
 南米原産植物の割りに寒さに強いようです。
 尤も南米も寒暖の差が大きいので適応力があるのかもしれません。 
 建物の東南・プラムの樹下・冬季は水仙の葉に囲まれていたことで、
 寒さから護られたこともあるかもしれません。

 原産地では、着生植物として暮らしているとのことですので、
 根元に向けて抱き合わせになった葉の間に溜まる水で十分です。
 水の遣り過ぎだけは、根腐れを招くので避けてください。

 
posted by 山桜 at 23:03| Comment(10) | TrackBack(0) | 私の庭(園芸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする