2012年07月17日

ご神体に畏れを知らぬ登攀者

 折しも日本列島に大災害が渦巻き、何とか荒ぶる神々にお鎮まり戴こうと人々が真心を込めて祈りを捧げている最中、那智熊野大社のご神体である一の滝にカムを打ち土足で攀じ登って穢す者が現れた。 何と愚かしい所業であることか。

 ご神体を穢したのは、登山界のアカデミー賞とも評される「ピオレ・ドール(金のピッケル)賞」を日本人で初めて受賞した世界的クライマーの一人という。 それ程の人物が、大自然に対して己が力で挑戦してきた経験の中で、人智を超えた大自然の力への畏敬の心を育めなかったのだろうか? ご神域に近づく時、その畏れ多さに身が引き締まり、自然と頭を垂れ崇敬の心が湧き上がるような感覚を、持つことは出来なかったのだろうか?  人々が長い長い年月大切に守ってきた禁足を破ることに心の痛みを覚えなかったのだろうか?  彼には誰にも分かりやすいような天罰が下ることはないかもしれないが、神が彼を選んで与えた試練に立ち向かっていかねばならぬことだろう。

 神の力は人々の心映えによって良きにも悪しきにも傾くと私は思う。 人々の心が穢れ荒み、その澱みが溜まりに溜まればいつしか和魂を荒魂が凌駕する。 それは氏子の方々の日々の精進だけでは抑えきれぬ図りきれない大きなうねりとなり、自然の理によって力の噴出しやすい地域を襲う。 我々一人一人の穢れの積み重ねが遠き地の見ず知らずの多くの人々の命を奪うことになるやもしれぬのだ。 私たちの祖先は、生きている限り穢れは身に纏わりつき積もるものと知っていたが故に、祓い給え清め給えと祈り、心して清浄でありたいと努めてきたのだ。 現代、多くの日本人は、そのことを教えられず知らず過ごし、罪穢れを溜め込みすぎた。 今一度、清く正しく神に恥じない生き方というものを思い出したい。

 不慮の事故や災害により、この世の命が或る日突然の終焉を迎えてしまった方には、次の世での大切なお役目が近いのだと信じたい。 紙一重で生きながらえた方には、まだこの世で果たすべき役目があるのだろう。 どちらが幸せで不幸せかは分からない。 己次第でどちらにもなる可能性がある。 それぞれの世で生かされた命を精一杯生ききるだけだ
posted by 山桜 at 17:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする