2012年10月17日

桂花露香

DVC00818.jpg
 「桂花は露も香(かん)ばし」

 桂は「香出ら」で、香りの良い木が語源と言われます。 
中国では「桂」の字は、日本でいう桂の木ではなく木犀、または肉桂(シナモン)のことを指しますが、露が降りる頃の桂といえば、やはりモクセイのことでしょう。

 こちらでは、例年より3週間程も遅れて、やっと15日頃に金木犀の花が咲き始め、17日の神嘗祭に懐かしい香りを添えてくれました。 最も「懐かしい」と感じる世代と「トイレの芳香剤」と感じる世代の間のギャップがあるようで、「くさ〜い」と言って鼻をつまむ小学生には何と言葉をかければ…気の毒としか言いようがありません。 

 以前も書きましたけれど(「モクセイ」のタグをクリックすると出てきます)、木犀にはよく知られている金木犀の他に銀木犀、薄黄木犀、柊木犀などの種類があります。 それぞれに微妙に香りが異なり、咲く時期も前後します。 雌雄異株で日本には鑑賞目的で導入されたので、花が沢山咲く雄木ばかりで実を見ることは殆どありませんが、薄黄木犀だけは小さなオリーブのような実をつけます。 初めて見た時は新発見かと興奮しましたが、注意深く観察すると、街路樹の中などでも結構実っているのをみつけることができます。

 こんなに愛らしい小星の手毬のような花と甘い香りという特徴があるのに、「木の犀」などという無粋な
文字が当てられているのは、樹肌が(サイ)の皮膚に似ているからだとか。 まぁ、確かにねぇ…。 犀ってそんなに身近な動物とは思えないですが、その角が漢方薬としては重要なので薬学の目利き=植物学者の着目に引っかかったのでしょうか。 
 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 私の庭(園芸) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

百舌鳥鳴きて椿開く

 キィチィーキチキチキチキチ…
雨上がりの澄んだ青空を切り裂くように
屋根のてっぺんで百舌鳥が高らかに秋を告げ
秋一番の椿「炉開き」が初めての花をほころばせました。
DVC00812.jpg

 お茶の花を淡い桃色に染めたような小さな愛らしい椿です。
慈しみ育てたお花を分けて下さり、ありがとうございました。
優しい笑顔を思い浮かべながら大切にいたしますね。
タグ:モズ 椿
posted by 山桜 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

お彼岸過ぎの彼岸花

 今年はお彼岸の間に彼岸花が間に合いませんでした。 多少の前後はあったとしても、お彼岸中に彼岸花が咲かなかったのは、私の記憶の中では今年が初めてです。  その代り、お花の勢いがとても良いようで、出番を待って待って一気にポンポン!と弾けてしまったかのようです。

 試に同じ場所で撮影した3年前のヒガンバナと今年の花を比べてみました。

<2009年9月17日のヒガンバナ> 
09-09 003.jpg

<2012年10月4日のヒガンバナ>
121005_124608_ed.jpg

 3年経って分球し花数も増えていますが、何よりやっと咲けた〜!という花の勢いを感じます。 09年よりも花茎が少し短いのは、花芽が顔を出してから開花までの日数が短かったからかもしれません。 お彼岸から1週間以上も過ぎてしまって、お花も早く早くと気が急いたのかもしれませんね。 
タグ:ヒガンバナ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする