2012年11月14日

お茶の花

 先日、「炉開き」という名の椿がお茶の花に似ていると書いたのですが、意外に目にはしていてもお茶の花と気付いてない方も多いようです。 茶畑では樹勢を保つために花を摘んでしまっても、こちらでは民家や畑の生垣などにも沢山のお茶の木が植えられており、そこではほのかな香りを放って咲き放題です。 福々しく実って三つに割れた莢から零れ落ちるお茶の実を集めて遊んだ記憶も懐かしいものです。

 「茶の花も口切ひらくつぼみ哉  回山」

121113_112406_ed.jpg
121113_112528_ed.jpg

 (新茶を詰めておいた茶壺の)口切の茶事の頃にお茶の花の蕾もまた開き始めるという自然の妙。 その蕾のころんとぶら下がる可愛らしさは椿には無い素朴さです。 五弁ある花びらの2弁が小さくてどこか不完全な様子も侘びていて、流石はお茶の花…なのですけれど、茶花には用いられているのを見ないように思います。 

 山茶花が茶花として入れられないのは、名に「茶」の字が入っているので重複しないよう遠慮するのだとか、「さざんか」という語感が「さんざん」を連想して喜ばしくないのだとかうかがいます。 お茶の花もやはり(表流では)侘び寂びの心から重なりや尽くしを避ける傾向があるので、用いられないのでしょうか。 それとも、大切なお茶の木の枝を切るのは畏れ多いという気持ちからでしょうか。

 チャの学名は「Camellia sinensis(中国の椿)」ですし、「素椿」とでも名付けてそっと仲間に入れてやりたい気持ちです。 (「素」の漢字には、染められていない白絹、白いという意味もあります。)

 そういえば、近頃「お茶の花」に含まれる「フローラテア・サポニン(茶花サポニン)」にダイエット効果があることが認められ、有名メーカーからも清涼飲料やサプリとして製品化されています。 余り人に気付かれることなく楚々として咲き続けていた白い小さな花は、俄かに注目が集まって嬉しいような恥ずかしいような気持ちでますます俯いてしまうかもしれませんね。

 お茶の花の花言葉:「追憶」「純愛」 

タグ:茶花 椿
posted by 山桜 at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする