2015年06月26日

浅間嶺(903m)

6月13日(下見)・ 6月26日(本番)

コース: JR武蔵五日市駅〜浅間嶺登山口バス停〜数馬(かずま)峠〜人里(へんぼり)峠〜浅間嶺(せんげんれい)903m〜「そば処みち子」〜時坂(とっさか)峠〜払沢(ほっさわ)の滝入口バス停〜JR武蔵五日市駅
コースタイム: 4時間40分 歩行距離:約10km 標高差:450m

先月の高尾山セッコク・ハイクに続き、奥多摩の浅間嶺に初夏の花々を訪ねて歩くハイクにアシスト参加しました。 この辺りは難読地名が多く、古い文化の有様が偲ばれます。 空気の澄んだ季節には富士山を望めることから浅間神社が祀られ、それが嶺の名前となったようです。

バス停から登山口に至る橋の途中から、緑滴る木々の茂りに目を向けると…
CIMG6905 (210x280).jpgCIMG6907 (220x165).jpg    サワグルミの花穂       サワグルミ・マタタビの葉

登山口から数馬峠までは登りが続きやや息が上がりそうになりますが、ゆっくりと道の両側を希少なクモキリソウを求めて舐めるように観察しながら進んでいると・・・クモキリソウを発見! 想像よりも小さく可憐なそしてとても繊細な意匠の花でした
CIMG7004 (210x280).jpgCIMG7160 (210x280).jpg クモキリソウ(蜘蛛切草) ラン科
薄暗い林内に風がそよぎ薄い翡翠色の小さく繊細な花の集まりになかなかピントが合いません。 その小さな花の姿は「蜘蛛」なのか「雲霧」なのか…? どちらにしても造化の神秘に魅入り飽きることがありません。

数馬峠から尾根道に入ると、ヤマオダマキが可憐な風鈴花を揺らして待っていてくれました。
DVC00299 (420x560).jpg
     キバナノヤマオダマキ(黄花山苧環) キンポウゲ科
こちらは上部の赤紫部分が薄く、全体がクリーム色に近いキバナノヤマオダマキといわれるタイプです。 後から赤紫色部分の濃い、ヤマオダマキの個体も見ることが出来ました。
DVC00308 (420x560).jpg
     ヤマオダマキ(山苧環) キンポウゲ科
CIMG7007 (210x158).jpgCIMG6910 (210x280).jpg
朴の木の果穂から直接の芽吹き    「猿の手形? 顔形?」

そして可愛らしいイチヤクソウが、あそこにもここにもと咲いていてくれ、中でも古木の幹元の分かれ目に楚々と咲いていた姿は、まるでメルヘンの世界が目の前に現れたようでウットリでした。
CIMG7008 (210x280).jpgDVC00311 (210x280).jpg   イチヤクソウ(一薬草) 

CIMG6909 (440x330).jpg
奥多摩は、山また山の重なりがどこまでも連なり懐が深い
CIMG7018 (440x330).jpg

まるでキノコのように見えますが、葉緑素を持たず木の根と共生する赤茸の仲間の菌根菌に寄生する植物の
CIMG6951 (440x330).jpg
      ギンリョウソウ(銀龍草) イチヤクソウ科
群生していましたが、まだ頭をもたげたばかりの状態で青い目は見えていませんでした。

CIMG6921 (210x280).jpg CIMG6920 (210x280).jpg
アカショウマ(赤升麻)     ミヤマタニソバの葉
CIMG6936 (210x280).jpgCIMG6934 (210x280).jpg
巻き付いた藤蔓     巻き付かれて枯れた木と巻き付いていた蔓の断面

CIMG6932 (210x280).jpgCIMG6945 (220x165).jpg
 マムシグサ           浅間神社?の祠

CIMG6927 (440x330).jpg
DVC00225 (440x330).jpg  薄紫色を帯びた朝霧のようなコアジサイの花

CIMG7157 (210x158).jpgCIMG7158 (210x158).jpg ヨツバヒヨドリの蕾       ヒヨドリバナの蕾

CIMG6926 (210x280).jpg CIMG6956 (210x280).jpg
馬の背のような尾根道        針葉樹林・広葉樹林

DVC00217 (200x150).jpg CIMG6968 (210x280).jpg
ミツバウツギの実はカボチャパンツ型   タケニグサ

CIMG6948 (210x280).jpg CIMG7041 (210x280).jpg オカトラノオの蕾           クサアジサイ

CIMG6962 (210x280).jpgCIMG6958 (210x158).jpg
        蕎麦処「みち子」にて

CIMG6960 (200x150).jpg CIMG6961 (200x150).jpg
クリンソウ(九輪草)薄いピンク 濃いピンク

DVC00226~1 (210x280).jpgDVC00231 (200x150).jpg
 黄色の蕾 何かな?       ウスキツバメエダシャク 

DVC00233 (210x280).jpg DVC00242 (210x158).jpg
  ナルコユリ           ヤマアジサイ

CIMG7039 (200x150).jpg CIMG7159 (200x150).jpg
       ギンバイソウの蕾と開きかけた花

CIMG6969 (440x330).jpg
       キブシの実

DVC00248 (400x300).jpg
       ユキノシタ(雪ノ下)
 
幸運にも、下見と本番の2回で、咲いていて欲しいと願った花々に殆ど全て出会うことが叶いました。 貴重な機会に新米の私を参加させてくださった先輩方に感謝です。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする