2015年07月30日

裏高尾の幽谷・蛇滝コース

<7月28日下見  30日本番>
「真夏の花イワタバコを鑑賞し、蛇滝から高尾の幽谷を歩くハイキング」

コース:JR高尾駅北口より小仏行バス乗車〜駒木野バス停〜関所跡公園[開会式]〜小仏川遊歩道〜圏央道下の公園[WC]〜蛇滝[イワタバコ鑑賞]〜霞台園地(十一丁目)[WC]〜4号路〜高尾山頂[昼食休憩・WC]〜ケーブルカー高尾山駅[解散](本番は天候急変により、下山路を稲荷山コースから変更)

P7280070 (220x165).jpgP7280020 (210x158).jpg
黄ソケイ            屁糞蔓(早乙女花・灸花ヤイトバナ)

下界の酷暑から逃れ、小仏川のせせらぎの音に癒され木陰を涼風心地よく歩めば、水引、秋の田村草、葉黒草、盗人萩と、早くも秋を感じる草花の中、オレンジ色の小さなユリ型の花が鮮やかに顔を覗かせる。キツネノカミソリ! 同じ科の彼岸花が花の後に葉を出すのとは逆に、春に出た剃刀型の葉が消えた後、ひょっこり花茎を伸ばして咲く。その唐突に現れてぱっと咲く様子がいかにもキツネっぽくもあり、花の色形もキツネ似に思える。

P7280073 (440x330).jpg
狐の剃刀(キツネノカミソリ)

P7280074 (440x330).jpg
葉黒草(ハグロソウ)

P7280075 (420x560).jpg
秋の田村草(アキノタムラソウ)

2日前の下見で見たコバノカモメヅルやオケラを注意深く探したのに、本番では遂に見つからず、何だか狐に化かされた気持。 そういえば、今日のコースには稲荷神社がいくつか… 昔から人々が心を寄せる祈りの場では頭を垂れ手を合わせたい。 それが鎮守の森に足を踏み入れる時のご挨拶であり、帰路ではお守り下ったことへの御礼でもあると思う。

P7280010 (440x330).jpg
小葉の鴎蔓(コバノカモメヅル)

P7280076 (210x280).jpg P7280011 (210x280).jpg
キンミズヒキ             オニドコロ

P7280018 (210x280).jpgP7280078 (210x280).jpg秋の野芥子(アキノノゲシ)      山苦菜(ヤマニガナ)

P7280077 (220x165).jpg
朮(オケラ)の蕾

その名も妖しい蛇滝が近づくにつれ、幽谷の気配強まり冷気(霊気?)もいや増す。 濡れた階段の手すり下に最初のイワタバコの一株を発見! そんな可憐な一株に感激したのも束の間、階段を上がるごとに岩壁に長い艶やかな葉を垂れ、紫色の星型の花にオレンジの蕊という独特な色合いの小花をぶら下げて咲くイワタバコは
どんどんと増え、遂に間近に見られる大群落に対面し圧倒される。いつまでも守り続けたい美しい真夏の妖精たちだ。
P7280032 (420x560).jpg
P7280028 (440x330).jpg
P7280031 (440x330).jpg
この花の色合いは野菜の茄子の花に似ている。 大きな葉やナスに似た花から、水の滴る岩肌に生えるタバコ(ナス科)の名を付けられたが、ナス科ではなくイワタバコ科の植物である。

林の暗がりに真っ赤なウインナーが多数ぶら下がったような不思議なものは、ツチアケビの実。 アケビの実に似ているかな? 実は珍妙でも、ラン科らしい黄褐色の花を6~7月に多数つける。 葉緑素も葉も無い腐生蘭・無葉蘭で、ナラタケ菌糸と共生しているというが、一方的に栄養を得ているだけなのか何かナラタケ菌糸にお礼をしているのかは不明。
P7280033 (210x280).jpgP7280034 (220x165).jpg
土木通(ツチアケビ)の実       コミヤマ?スミレの実鞘

P7280036 (210x280).jpgP7280037 (210x280).jpg
ムラサキニガナ  ニガナ属ではなくアキノノゲシ属

P7280038 (210x280).jpgP7280046 (210x280).jpg
高尾ヒゴタイ           ヒメヤブラン

P7280039 (440x330).jpg
タマアジサイ

P7280040 (210x158).jpgP7280041 (210x158).jpg
マルバノホロシの若い実?       ゴンズイの若い実

P7280043 (440x330).jpg
山不如帰(ヤマホトトギス)

P7280050 (420x560).jpg
オオバギボウシ

P7280051 (158x210).jpgP7280052 (210x158).jpg
猪口(イグチ)の仲間のキノコ 傘裏がスポンジ状

P7280083 (440x330).jpg
鬼女蘭(キジョラン)の若い実

P7300062 (220x165).jpg
定家蔓(テイカカズラ)の実

P7300063 (440x330).jpg
山百合

P7300065 (440x330).jpgP7300067 (420x560).jpg
藪茗荷(ヤブミョウガ)ツユクサ科 の群生

文中登場以外で特に耳目を引いたもの: 
<住宅地にて> 黄ソケイ、初雪カズラ、ヒオウギ(檜扇)、ゴウダソウ(合田草)の丸く平たい種
=ルナリア/銀扇草/金のなる木とも、ノウゼンカズラ

木本: 油瀝青(実)、合歓木、小臭木、犬橅、橅、樅、榧、房桜、山椒、犬山椒、朴の木、深山樒(実)、万両(花・実)、藪柑子、赤芽柏、蔦漆、瓜の木(実)、水木、熊野水木、山紫陽花、玉紫陽花、烏山椒(花)など

草本: 大根草、藤甘草、藪蘭、姫藪蘭、狐の孫、鬼野老、葛、爺ソブ(蔓人参)、小葉の鴎蔓(下見)、朮・オケラ(下見)、武蔵鐙(葉と実)、野蕗(花)、藪茗荷(花)、姥百合、紫苦菜、高尾平江帯、大葉擬宝珠、山百合、蓮華升麻、節黒仙翁、定家蔓(実鞘)など

その他: カラスアゲハ、ジャコウアゲハ、アカボシゴマダラ、ヒグラシ、エナガの群れ、アオゲラの奇声
上昇気流に巻き上げられる黒雲、雨上がりに立ち込めた霧
posted by 山桜 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

7月のきのこ(裏高尾)

7月の裏高尾の森の中で出会ったきのこたちです。

タマゴタケ(卵茸)テングタケ科
CIMG7203 (420x560).jpg
DVC00435 (210x280).jpgDVC00434 (210x280).jpgDVC00436 (210x280).jpg
艶めく赤い傘は縁にいくにしたがって淡いオレンジ色に、そこに繊細に並ぶ放射状の美しい条腺、傘の下にはフリルのような鍔、淡い黄色柄にはオレンジ色の波模様、足元には可愛らしい白い卵のような壺、均整のとれたプロポーション、なんという完璧なまでに美しいきのこでしょう! 神様の意匠の素晴らしさに、茫然と言葉を失い見惚れてしまいます。 本当の美しさが拙写真では伝わらないのがもどかしいです。

ああ、その上、毒性を持つきのこの多いテングタケ科でありながら、美味しいとは何事でしょうか・・・美しすぎて勿体ないけれど、その味を試してみたい、いや畏れ多いか。 

DVC00437 (210x280).jpgDVC00441 (210x280).jpg
ヒメスッポンタケ?   クロノボリリュウタケ
DVC00439 (440x330).jpg
倒木からニョキニョキと生えてきた白いきのこ・・・もう少し大きくなるのを見守りましょう。

posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

7月のきのこ(狭山丘陵)

(編集途中・・・きのこ同定中・・・素人が図鑑頼みで調べたものです。 美味らしい等の記述があっても、くれぐれも食用になさらないようにお願いします。)

雨の後で傘が濡れている者が多く、タダ濡れているのかヌメリがあるのか写真だけでは難しく、今後は観察時に要記録です。

DVC00384 (210x158).jpgDVC00385 (210x158).jpg
ノウタケ(脳茸)幼菌        ホコリタケ(埃茸)幼菌

DVC00386 (210x280).jpgDVC00389 (210x280).jpg
ヘビキノコモドキ?       ?@

DVC00388 (210x280).jpgDVC00390 (210x280).jpg
テングタケ? 幼菌       ?A    

DVC00391 (440x330).jpg
DVC00431 (210x158).jpgムラサキヤマドリタケ? イグチ科 (色姿怪しく食欲が湧かないが、洋風料理向きで非常に美味らしい・・・この辺りでは人知れず朽ち果てている)

DVC00392 (210x280).jpgDVC00393 (210x280).jpg
クロハツ? 有毒

DVC00398 (210x280).jpgDVC00397 (210x280).jpg
シロハツ

DVC00394 (210x280).jpgDVC00395 (210x280).jpg
?B

DVC00399 (210x280).jpgDVC00400 (210x280).jpg
?C

DVC00401 (210x280).jpgDVC00402 (210x280).jpg
DVC00403 (210x158).jpgDVC00429 (210x158).jpg DVC00404 (210x280).jpg
?D

DVC00406 (440x330).jpg


DVC00407 (210x280).jpgDVC00408 (210x280).jpg
?E                  

DVC00405 (210x280).jpgDVC00430 (210x280).jpg
ヒイロタケ              ?G

DVC00409 (210x280).jpgDVC00410 (210x280).jpg
?H

DVC00411 (210x280).jpgDVC00412 (210x280).jpg
?I

DVC00414~1 (210x280).jpg
DVC00413 (210x280).jpgDVC00415 (210x280).jpg
?J

DVC00416 (210x280).jpgDVC00418 (210x280).jpgDVC00433 (210x280).jpg
クロノボリリュウタケ

DVC00419 (210x280).jpgDVC00421 (210x280).jpg
?L

DVC00424 (210x280).jpgDVC00425~1 (210x280).jpg
?M

DVC00426 (210x280).jpgDVC00427 (210x280).jpg
?N

DVC00422 (440x330).jpg
DVC00423 (210x280).jpg
?O枯葉に生える

DVC00396 (440x330).jpg
カレエダタケ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする