2016年08月26日

オオトリノフンダマシ

長年自然観察が大好きで色々なものを見て来ましたが、こちらは、この日初めて遭遇した奇妙生物です。  まるでカマキリかカエルの頭のようなこれは、いったい何者? 
P8262536 (440x293).jpg

更に近づいて見てみると、顔のように見える所が腹でその上に頭、そして前の方に脚を伸ばして重ねているクモの仲間でした。 
P8263114 (373x560).jpg
オオトリノフンダマシ♀(コガネグモ科)10mm程 ♂2mm程

このジェル状にヌラッとした感じで鳥の糞に擬態しているとか。 鳥の糞に似ているかなぁ・・・どちらかと言えば、大きな目で威嚇しているタイプに見えます。 ケロロ軍曹に出てくるクルル曹長にも似てて(笑)あんまり怖く見えないのですけどね。 今度見かけたら、突っついて是非とも動いている所を見てみたいです。

やや粗目の横糸に大き目の粘球付きの円網を張って、蛾を専門に捕食するそうです。 粘度の高い球のついた横糸が経糸から外れやすい為、鱗粉のある蛾も一度捕まったらぐるぐる巻き! この粘球の威力を増すため、湿度の高い時に網を張り、その他の時はこの写真のように葉裏でひっそり休んでいます。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

東秩父 白石村 団キャンプ

今年は、東秩父 白石キャンプ村にて3泊4日の野営を張りました。 水清く澄みきった沢の畔、村の方々によって営まれている、静かな山の懐に抱かれたキャンプ場です。
P8192327 (440x293).jpg

P8192317 (210x140).jpgP8192318 (210x140).jpg

P8192314 (210x140).jpgP8192319 (210x140).jpg
コオニヤンマ?             セミヤドリガの幼虫
P8192331 (210x140).jpgP8202335 (210x140).jpg
夕食「ほうとう風うどん」        朝食「ロールサンド」

雨でハイキングは中止。 「和紙の里」の見学と体験に出掛けました。 先ずは家庭で紙隙をしていた頃の民家の見学。
P8202346 (207x310).jpgP8202353 (207x310).jpg

P8202338 (210x140).jpgP8202336 (210x140).jpg

P8202348 (207x310).jpg P8202354 (207x310).jpg

紙漉き体験コーナー 和紙の原料の木(コウゾ、ミツマタなど)を煮て柔らかに
P8202359 (210x140).jpgP8202360 (210x140).jpg

P8202361 (210x140).jpgP8202378 (210x140).jpg
                      ハガキ用に紙漉き
P8202387 (210x140).jpgP8202393 (210x140).jpg
摘んできた草花をデザインして          
P8202396 (210x140).jpgP8202368 (210x140).jpg
上からまた和紙の液を掛けて      全部重ねてプレスしてから干しあげる
P8202401 (207x310).jpgP8202413 (207x310) (2).jpg
アマガエル                 センチコガネ

P8202403 (207x310).jpgP8202404 (207x310).jpg
コバギボウシ(小葉擬宝珠) ユリ科

P8212423 (440x293).jpg
ウインクしている?空
P8212425 (440x293).jpg
山の朝の薄明                
P8212429 (207x310).jpgP8212437 (210x140).jpg
                    吊り橋の上で朝の祈りの時間
P8212493 (207x310).jpgP8212448 (207x310).jpg
センチコガネ       村の方がヤマメつかみ取りの準備中
P8212451 (210x140).jpgP8212466 (210x140).jpg
ヤマナシの木           さ〜て、捕まるか!?
P8212471 (210x140).jpgP8212473 (210x140).jpg
続々と捕まってバケツの中へ    ごめんね・・・串刺しになって塩を振られ
P8212478 (210x140).jpgP8212482 (207x310).jpg
熾火でじっくりと焼き上げて・・・美味しくいただきました。
P8212489 (210x140).jpg P8202418 (210x140).jpg
キャンプの食事の数々 
P8212446 (210x140).jpgP8212495 (210x140).jpg

P8212509 (207x310).jpgP8212497 (207x310).jpg
火の神と点火されたキャンプファイヤー
P8212512 (210x140).jpgP8212518 (210x140).jpg
熾火になったファイヤーでサモア・・・やがて☆型の灯火に
P8202358 (207x310).jpgP8212461 (207x310).jpg
ウメエダシャク?の交尾      朝露の中のコバギボウシ
P8212465 (210x140).jpgP8212458 (210x140).jpg
タマアジサイ(玉紫陽花)    道しるべ「終着」マークを桃の実で 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 青少年活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

天皇陛下お気持ちの表明


平成二十八年八月八日

象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉(全文)
  
 戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 
 国民の理解を得られることを、切に願っています。

         *          *          *
  
 テレビの中からとはいえ、天皇陛下の真正面で一人お言葉を拝聴していて、これほどまでに陛下に愛して戴ける日本国民であることのありがたさに胸がいっぱいになりました。 

 そして事ある毎に日本国民の節度ある姿勢が称えられることの多いこの頃ですが、陛下や皇室の方々のわたくしたちへの祈り、思いに恥ずかしくない生き方をしようとの気持が、知らず知らずわたくしたち一人一人の心の奥底に芽生え息づいているのではないかと思い至りました。 国民の象徴として、生き方のお手本として、皇室の方々を仰げる幸せは、何とありがたいことなのでしょう。

 天皇陛下のお務めは、表に出ることでは、国事行為や式典へのご参加、各地のご訪問慰問、伝統行事の継承、専門のご研究などがありますが、何と言ってもその本来のお姿は、神様との仲立ちをされる日本第一の神官であられることと伺いました。

 「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくこと」というお言葉の中に、人目及ばぬ宮中の奥で陛下が全身全霊をもって祈りを捧げていらっしゃるお姿が浮かびます。 お心の内を想像するなど畏れ多いことですが、近年の天変地異に苦しむ国民の姿に、ご自分の体力の衰えにより祈りの力が及ばなくなっているのではないかと苦しまれ、若い力の支えを強く希望されているように、わたくしには思えてなりません。

 一方、現実的見地からすれば、この時期にお気持ちを表明されたことは、4年後の東京五輪開催にご健康問題の影響が及ぶことをご心配されてのことがあるのかもしれません。 昭和天皇陛下御崩御の際、一切のお祝い事自粛の流れがあったことを考えれば、そのようなことは何としても避けねばならないとのお気持ちを抱かれるのは自然なことと思います。

 わたくしの想像などではなく、発表の日付まで末広がりの八揃いの日を選ばれ、日本国民の安寧を祈ってくださる、天皇陛下の本当のお気持ちに応えることのできますよう、関係各位のご努力を切にお願い申し上げます。

                      山桜 拝 
タグ:皇室
posted by 山桜 at 18:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

「そなえよつねに」

 「そなえよつねに」= "Be Prepared" は、ガール・スカウト(ボーイ・スカウト)のモットーです。
 
 小池百合子新東京都知事の座右の銘が「そなえよつねに」と伺い、中3までの少女時代にガールスカウトに所属されていたことを公には口にされなくとも、今もスカウト精神を心の中に抱き続けている証を見せて戴いたようで、嬉しくなりました。

 「女性活躍社会」などと打ち出されていても、女性が強く前に出てくると、それだけで拒否反応を見せる殿方がまだまだ多くいらっしゃいます。 そんな世の中を「政界渡り鳥」と揶揄されながらも、しなやかに風を読み良い風に乗って渡りながら力を蓄え、発揮できる時を待っていらしたのだと思います。

 ガールスカウトの約束の中にある、「人に役立つことを心がけ」の言葉も必ず小池さんの心の中に息づいていることと信じています。

 「ひとたび掟誓いしスカウトは、永久にスカウト」なのですから。

 *           *            *

 都知事選の期日前投票を済ませて、長年身の内に抱いて育てて来た正に「懐石?」を摘まみ出して戴く為、暫し籠の鳥になっており、出遅れた話題となりました。 8月は野外は殆どお休みを戴き、久しぶりにゆっくり過ごす予定です。 ブログも更新が追い付くかなぁ・・・ 
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする