2016年11月24日

11月観測史上初積雪(東京)

数日前から気象予報士の方々が、積雪の可能性を口にされていらしたものの、11月24日(木)朝6時に外を見た時には雨も降っておらず、その後1時間もせぬうちに雪が降り出して、まさかこれ程積もるとは思いませんでした。

東京では、観測史上初の11月の積雪となり、15時頃まで降り続いた多摩北部ではご覧のとおり8p程も積り、その後も寒い日が続き3日程は日影で溶けずに残っておりました。 張り切って森へ出かけて雪の中を歩きたいところですが、1℃という氷点下にならんとする余りの寒さに手が悴み、庭で写真を撮るだけで退散してしまいました。 それだけでも、主人は半ば呆れ顔・・・? いえいえ、元気だったら雪国育ちの血が騒ぎ、真っ先に雪の中に躍り出てザクザク歩いたに違いありません。 

DVC00687 (440x330).jpg
ニシキギ(錦木)の枝に積もる雪

DVC00693 (440x330).jpg
夏の残花ジンジャーの白い花に積もる更に白い雪

DVC00725 (440x330).jpg
ブルーベリーの紅葉に積もる雪

PB243279 (440x293).jpg
マンリョウ(万両)の赤い実に積もる雪

PB243281 (440x293).jpg
咲きだした小菊に積もる雪

山梨県の北杜市明野では、そもそも季節外れに咲いたヒマワリに雪が積っていてビックリ! もう今の季節が何なのか訳が分からなくなりそうな妙な日でした。

↓こちらのブログで明野のヒマワリに雪の風景が見られます。 
「信州諏訪発気まぐれ親父のブログ」
気まぐれ親父様のご承諾を得て、2017-07-18にリンクを貼らせて戴きました。 ありがとうございます。

posted by 山桜 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 気象・天文・暦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

紅葉の散歩道

小さなトンネルをくぐると
DVC00704 (420x560).jpg
DVC00700 (210x280).jpgDVC00705 (210x280).jpg
モミジバスズカケノキ、トウカエデ、トチノキの黄葉の林の中の道。 栃と鈴懸の木はもう殆ど落葉して林床にその色を留めています。 トウカエデは日当たりの良い場所では黄色ではなく赤く色づきます。

DVC00706 (420x560).jpg
丘の上では存分に枝を広げたムクノキエノキが鮮やな黄色に染まっていました。

DVC00680 (440x330).jpg
湖に色を映す木々の彩り

DVC00707 (210x158).jpgDVC00709 (210x280).jpg
日当たりのいい階段は虫たちが暖をとる憩いの場

DVC00714 (420x560).jpg
森の中から覗き見た湧水池も紅葉に縁どられていました。

DVC00703 (420x560).jpg
斜面をのぼり道の上から紅葉越しの池

DVC00712 (440x330).jpg
透過光で見るもみじ・・・水面のさざ波の光に心も浮き立ちます。

DVC00907 (440x330).jpg
公園一の紅葉撮影スポットには三脚を持った大勢のカメラマンが来ていましたので、そちらは避けつつ合間を縫ってパチリ

DVC00696 (210x280).jpgDVC00700 (210x280).jpg

DVC00718 (210x158).jpgDVC00719 (210x280).jpg
ネジキの紅葉

DVC00721 (210x158).jpgDVC00722 (210x158).jpg
ムラサキシキブ と ガマズミ の実
posted by 山桜 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

蟷螂の日向ぼこ

DVC00898 (233x310).jpg

 一桁の冬の気温から一気に20度越えの温かさになったこの日、障子に日向ぼこをするカマキリの影が見えた。 

 『もう産卵は済んだのかな?』 
 『それとも産卵の為の英気を養っているのかな?』

 若しかしたら、ただ温まっているだけでなく、ガラスの反射光に餌の虫が寄って来るのを待っているのかもしれない。 だとしたら餌を捉える姿を見たいものと、暫く私も障子越しの太陽でカマキリと一緒に日向ぼっこをしていたが・・・

 『動いた!』

DVC00902 (233x310).jpg

と思った瞬間、カマキリは鎌と脚をグーッと張り出して、気持ちよく背伸びしただけだった。

 明日は一先ずの退院だ。 籠の鳥だった家人が帰って来る。
ラベル:カマキリ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ヒラリー氏の敗北宣言 全文

一人一人の、特にこれからを担う若者・女性・少女たちの胸に語りかけるように、一言一言に気持ちの込められた素晴らしいスピーチに、胸がいっぱいになりました。 ここまでくる遠い遠い道のり、彼女は自分の信念を貫き通す為に、成功の陰でどれだけの努力と痛みと挫折を積み重ねて来たことか。 それでも、自由の国アメリカでも、ガラスの天井を突き破る夢は叶いませんでしたが、このスピーチによって癒され鎮められ、また新しい力がふつふつを湧いて来た多くの人々と共に、また彼女は「自分の信じる善」の為に歩み続ける事でしょう。 

和訳はあちこちに出ていますが、英語原文が消えてしまう前に保存しておきたくて、急いでネットニュースから探し出してきました。 沢山の英文を見るとたじろいでしまいそうになりますが、一つ一つの文章を追っていくと、誰にでも分かり易い平易な言葉、言い回しが用いられていることが分かります。 英語が母国語でない人も含め全ての人に伝えたい気持が溢れていて流石だと思います。 

          *          *          *

Hillary Clinton's concession speech in full:

Thank you, my friends. Thank you so very much for being here. And I love you all, too!

Last night I congratulated Donald Trump and offered to work with him on behalf of our country. I hope that he will be a successful president for all Americans. This is not the outcome we wanted or we worked so hard for, and I am sorry that we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.

But I feel pride and gratitude for this wonderful campaign that we built together, this vast, diverse, creative, unruly, energised campaign. You represent the best of America, and being your candidate has been one of the greatest honors of my life.

I know how disappointed you feel, because I feel it, too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be for a long time.

But I want you to remember this: Our campaign was never about one person or even one election. It was about the country we love and about building an America that's hopeful, inclusive and bighearted.

We have seen that our nation is more deeply divided than we thought, but I still believe in America, and I always will.

And if you do, then we must accept this result and then look to the future. Donald Trump is going to be our president. We owe him an open mind and the chance to lead.

Our constitutional democracy enshrines the peaceful transfer of power, and we don't just respect that, we cherish it. It also enshrines other things − the rule of law, the principle that we are all equal in rights and dignity, freedom of worship and expression. We respect and cherish these values, too, and we must defend them.

And let me add, our constitutional democracy demands our participation, not just every four years, but all the time.

So, let's do all we can to keep advancing the causes and values we all hold dear: Making our economy work for everyone, not just those at the top, protecting our country and protecting our planet, and breaking down all the barriers that hold any American back from achieving their dreams.

We've spent a year and a half bringing together millions of people from every corner of our country to say with one voice that we believe that the American dream is big enough for everyone, for people of all races and religions, for men and women, for immigrants, for LGBT people and people with disabilities, for everyone.

So, now our responsibility as citizens is to keep doing our part to build that better, stronger, fairer America we see, and I know you will. I am so grateful to stand with all of you.

I want to thank Tim Kaine and Anne Holton for being our partners on this journey. It has been a joy getting to know them better, and it gives me great hope and comfort to know that Tim will remain on the front lines of our democracy representing Virginia in the Senate.

To Barack and Michelle Obama, our country owes you an enormous debt of gratitude. We thank you for your graceful, determined leadership that has meant so much to so many Americans and people across the world.

And to Bill and Chelsea, Mark, Charlotte, Aiden, our brothers, and our entire family, my love for you means more than I can ever express. You criss-crossed this country on our behalf and lifted me up when I needed it most, even four-month-old Aiden, who traveled with his mum.

I will always be grateful to the creative, talented, dedicated men and women at our headquarters in Brooklyn and across our country. You poured your hearts into this campaign.

For some of you who are veterans, it was a campaign after you had done other campaigns. Some of you, it was your first. I want each of you to know that you were the best campaign anybody could have ever expected or wanted.

And to the millions of volunteers, community leaders, activists and union organisers who knocked on doors, talked to neighbours, posted on Facebook, even in secret, private Facebook sites, I want everybody coming out from behind that and make sure your voices are heard going forward.

To everyone who sent in contributions as small as $5 and kept us going, thank you. Thank you from all of us.

And to the young people in particular, I hope you will hear this. I have, as Tim said, spent my entire adult life fighting for what I believe in. I've had successes and I've had setbacks, sometimes really painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers.

You will have successes and setbacks, too. This loss hurts, but please, never stop believing that fighting for what's right is worth it. Nothing has made me prouder than to be your champion.

Now, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday, someone will, and hopefully sooner than we might think right now.

And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.

Finally, finally - I am so grateful for our country and for all it has given to me. I count my blessings every single day that I am an American, and I still believe as deeply as I ever have that if we stand together and work together with respect for our differences, strength in our convictions, and love for this nation, our best days are still ahead of us.

Because, you know I believe we are stronger together, and we will go forward together, and you should never ever regret fighting for that.

You know, Scripture tells us, "Let us not grow weary in doing good, for in due season we shall reap, if we do not lose heart."

So, my friends, let us have faith in each other. Let us not grow weary. Let us not lose heart. For, there are more seasons to come, and there is more work to do.

I am incredibly honored and grateful to have had this chance to represent all of you in this consequential election.

May God bless you, and may God bless the United States of America.

テレグラフ・ニュース(http://www.telegraph.co.uk/news/2016/11/09/hillary-clintons-speech-in-full/)より引用
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

「まさか」の・・・

 トランプ(切り札)と言う名前が良かったのか、登場時点ではただの話題作り候補かと思われた彼が、「まさか」の次期アメリカ合衆国大統領に当選してしまった。 ご本人にとっても「まさか」だったのではなかろうか・・・いやいや、こうなってしまった以上、そうでないこと=「本気」を祈るばかりだ。

 並べて比較するのは憚られるが、あの青島幸男氏が東京都知事に当選してしまった時、あの民主党が政権をとってしまった時、と同じ空気を感じた。 都民の、国民の、良識ある判断を信じていた私は、「まさか」の結末に唖然とした。 あの時の青島氏、菅氏も「まさか」の事態に、これからどうして行こうかと困惑しているように見えた。 

 イギリスのユーロ連合離脱の是非を問う国民投票の顛末に引き続き、世界の大きな体制を揺るがしかねない「まさか」がまた現実となってしまった。 結果が出た後、勝ち組に投票した人の中にも「まさか」が顔に浮かんでいたことも、みな共通している。 現政権への不満の表明、お灸をすえたい気持ちを込めた反対票が、本当に自分の乗っている船を転覆の危機にさらしてしまうとは思ってもいなかったのだろう。

 それにしても一体、今年は何と言う年なのだろう!?
今、自分が立っている、「まさか」の「足元が大きく揺らぐ」ようなことが次々と起こっている。

 熊本、エクアドル、イタリア・・・大きな被害を出した地震、また竜巻・洪水などの風水害などの天変地異と呼ばれるような酷い災害も続き、今なお平常な暮らしに戻れない方が大勢いらっしゃる。 

 一方、運転中のポケモンGOや、まるでキャンプファイヤーの点火装置のような「アート」の危険性に思いが及ばない感性の鈍り、気の緩みが大切な命を奪っていく人災。 博多駅前通りの道路が陥没していく実写は、先日見たばかりの「シン・ゴジラ」の中のシーンかと見紛うようで、とても日本で本当に起きたこととは思えなかった。 

 一つ間違えば、あっという間にこのような事態に陥るような社会基盤の上に暮らしているのかと思うと、空恐ろしい。 東京の地下もミルフィーユのように地下通路が重なっている上に、最下層は地下水で浮き上がっているとも聞くが、見えないことには人は鈍感だ。 「大地震の時、頑丈に作られている地下の方が安全だ」というのは、本当なのだろうか? 国家機密があるとか、また、徒に不安を煽ることを避けているのかもしれないが、CGで作成したものを見せ安全性を証明して貰えれば不安も解消されると思うが・・・。
 
 豊洲の地下空間ですら未だ靄が晴れない今、望むべくもないのだろうか。 
posted by 山桜 at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

御前山ハイキング

奥多摩三山のひとつ御前山に「秋の草花を楽しむ」ハイキングの下見(9月23日)、本番(30日)を合わせた記録です。 (順次編集続行中・・・)

コース:
武蔵五日市駅〜藤倉バス停〜小河内峠〜惣岳山〜御前山〜栃寄り森の家(ふりかえり)〜境橋バス停〜奥多摩駅(歩行距離約14km、歩行時間約6時間半)

藤倉バス停の奥、バスの折り返し場の辺りに落ちていたのは、ヘーゼルナッツ(西洋ハシバミ)の仲間の
P9303107 (440x293).jpg
ツノハシバミ(角榛)カバノキ科ハシバミ属

角付きの勾玉のような実が大体3つ(1〜4のこともあり)くっついている。 先日、この実を東御苑でみつけた時、珍しさについ素手で触れてしまい、棘のある剛細毛が洗ってもなかなかとれずチクチクして困ったので、今回は靴で踏んで中の実を取り出した。 小さな固いどんぐりのような実が入っていて、食べてみようと持ち帰ったが、未だ試していない。 

写真は濡れた状態だが、乾けば軟毛に覆われモフモフとした柔らかな手触りの葉は、
P9232718 (207x310).jpgP9232717 (210x140).jpg
メナモミ(雌菜揉)キク科メナモミ属
葉は対生で葉柄に翼がある。 花の周りのヘラ状の萼片に腺毛があり、ペタペタとくっつく。
似た仲間のコメナモミは、やや小型で殆ど毛がなく、葉に荒い鋸歯がある。

P9232721 (210x140).jpgP9232764 (207x310).jpg
ソバナ(岨菜)キキョウ科ツリガネニンジン属 花(葉は別種のもの)・実

P9030498 (207x310).jpgP9030501 (210x140).jpg
ミズタマソウ(水玉草)アカバナ科ミズタマソウ属 実・花
表面の細毛に朝露を帯びた実は、銀色に光って名の通り「水玉」が連なるよう。
白い小さな花も良く見ると、繊細な美しい意匠に驚かされる。
似た仲間のウシタキソウは葉柄基部が凹んだ細長いハート型、節に赤味を帯びない。
タニタデは全草殆ど無毛で、萼片が赤く花弁より長いので白い花も赤味を帯びて見える。

P9232726 (210x140).jpgP9232724 (210x140).jpg
ヒガンバナ(彼岸花)ヒガンバナ科 茶の木と並び、人の住んだ痕跡を示す花。
ツチガキ(土柿) ツチグリと似ているが、ツチグリの裂片は茶色で網目模様がある。

P9232722 (207x310).jpgP9232727 (207x310).jpg
きのこ
きのこ

P9232728 (207x310).jpgP9232729 (207x310).jpg
きのこ
きのこ

P9232732 (440x293).jpg
P9232734 (210x140).jpgP9232733 (210x140).jpg
きのこのフェアリーリング(菌輪) 西洋では妖精が輪になってダンスを踊る場所との伝説

P9232747 (207x310).jpgP9232755 (210x140).jpg
きのこ
きのこ

P9232736 (210x140).jpgP9232753 (207x310).jpg
左:リンドウ(竜胆)リンドウ科リンドウ属
右:センブリ(千振)リンドウ科センブリ属 苦い胃薬として有名 千回水の中で振り出しても苦い

P9232746 (373x560).jpg
アキノギンリョウソウ(秋の銀龍草)

P9232742 (440x293).jpg
コウヤボウギ(高野箒)キク科コウヤボウキ属

P9232737 (207x310).jpgP9232739 (207x310).jpg
カシワバハグマ(柏葉白熊)キク科コウヤボウキ属
上のコウヤボウキ(木本)と同属の草本で、花の付き方は違うが形は良く似ている。 

ハグマ(白熊)とは、仏具の払子に用いるヤクの毛のことで、花の形をなぞらえての命名とされる。 コウヤボウキの方も花が箒のようだからかと思うと、こちらはこの細い枝を束ねたものを高野山で昔は箒として用いられていたからと言う。
 
P9232762 (210x140).jpgP9232766 (207x310).jpg
オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)キク科モミジハグマ属
同じハグマが付いても、こちらはモミジハグマ属で花の形は少し異なる。
閉鎖花が多く、なかなか花をみられないキッコウハグマはモミジハグマ属で同じような細いリボン状の花弁。

P9232773 (207x310).jpgP9232779 (210x140).jpg
P9232780 (207x310).jpgP9232781 (207x310).jpg
タカオヒゴタイ(高尾平江帯)キク科トウヒレン属
東京の高尾山で発見されたことによる命名。 下部に付くバイオリンに似たくびれのある葉が特徴。
こちらでは花色の淡いものから濃いものまでバリエーションが楽しめた。

P9232751 (440x293).jpg
アズマヒキガエル(東蟇蛙)

P9232759 (207x310).jpgP9232793 (207x310).jpg
左:アキノキリンソウ(秋の麒麟草)キク科
右:カメバヒキオコシ(亀葉引起)シソ科

森の中の植物の様子が、おかしい。 去年まであれほど沢山の種類が見られた秋の花々が、探せど探せど殆ど見当たらない。 やっと葉だけをみつけると、上部が引きちぎられるように無くなっている。 ぬかるみには足跡が点々と・・・鹿だ! 去年、大菩薩嶺でお花畑が壊滅状態なのを見て落胆したが、奥多摩にも鹿の害があっという間に広がっていた。 あちこちにシカ避けネットが張り巡らされていた。

やっと見つけたお目当ての日本のサルビアとも言われる、
P9232760 (210x140).jpgP9303106 (210x140).jpg
キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科アキギリ属 サルビア・ニッポニカ
良く街で見かける外来園芸種の↓サルビア・グアラニティカ(誤用のメド―セージ名で流通)に花の形はソックリ。
s_guaranitica09.jpg
画像は「花と緑の図鑑」http://garden-vision.net/flower/sagyo/s_guaranitica.html より

P9232758 (210x140).jpg
ヨメナ?(嫁菜)キク科

P9232767 (207x310).jpg
P9232771 (210x140).jpg
きのこ
ヤマグリ

P9232775 (210x140).jpgP9232761 (207x310).jpg
セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子)シソ科

花は目立って美しくも、毒草のイメージから不気味な雰囲気を醸し出す
P9232794 (373x560).jpg
P9232783 (373x560).jpg
ヤマトリカブト(山鳥兜)キンポウゲ科
鹿もその猛毒を知り食べ残すので、春の毒草ハシリドコロと並び、目立って増えて来た。

P9232785 (207x310).jpgP9232789 (207x310).jpg
シュロソウ(棕櫚草)

P9232790 (207x310).jpgP9232791 (207x310).jpg
サラシナショウマ(晒菜升麻)花穂 葉

P9232797 (440x293).jpg
P9232798 (440x293).jpg
雲海に呑み込まれていく山々

P9232799 (440x293).jpgP9232799 (210x140).jpg
カノツメソウ(鹿爪草)セり科

P9232801 (210x140).jpg
ツリフネソウ(釣舟草)

P9232805 (440x293).jpg
ようやくガスが昇って晴れ間が見えそうに 

P9303046 (440x293).jpg
ヒノキの伐採木を積み込み運び出す作業に遭遇。 林業は危険も伴うがスケールの大きな仕事だ。

都民の森の中、休憩予定の東屋の手前、声を上げながら猿の親子の一群が逃げ去る途中、恐らく木の強い母親猿がキッとこちらを睨みつけて行った。 どうやらヤマボウシの実で食事中だったようで、邪魔されて気分を害したのだろう。 それにしても、一口かじってポイ捨てした実の多いこと。 未熟で不味かったのだろうか? 贅沢なことをするものだ。 何だか猿蟹合戦で青い渋柿を投げつけられたような蟹の気持になる。 
その後、下山路に投げ捨てられたアケビの皮が多数。 お猿も美味しいものは残さない。

やっとバス停が見えてきた辺りで、グレープフルーツのような柑橘系の香りに足元を見ると、踏み潰されたカヤ(榧)の実が沢山落ちていた。 これも食べられるので拾ってポケットへ。 あれれ、私も猿と大差ないな。

P9232802 (440x293).jpg
クジャクシダ

P9232804 (440x293).jpg
クサボタン(草牡丹)キンポウゲ科


【主な観察の記録】
木本:ブナ、ミズナラ、カツラ、メグスリノキ、スギ、ヒノキ、モミ、アカマツ
   <花>コウヤボウキ、
   <実>ツノハシバミ、サンショウ、ヤマボウシ、オニグルミ、コアジサイ、アブラチャン、アケビ、オトコヨウゾメ、ヤマグリ、トチノキ、カヤ

草本:フシグロセンノウ、ヒガンバナ、ミズタマソウ、メナモミ、ハナタデ、イヌタデ、イタドリ、アズマヤマアザミ、オクモミジハグマ、ツルリンドウ、リンドウ、カシワバハグマ、タカオヒゴタイ、センブリ、チヂミザサ、アキノキリンソウ、セキヤノアキチョウジ、キバナアキギリ、カメバヒキオコシ、トリカブト、サラシナショウマ、イヌショウマ、フタバアオイ、オヤマボクチ、ノダケ、シラネセンキュウ、ヤマゼリ、ウワバミソウ、ツルニンジン、クサボタン、ホトトギス


何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 


 
posted by 山桜 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

サクラソウの花びら一枚って?

 家人が好きな刑事ドラマ、普段は余り興味も無いので何となくぼんやりその場に一緒いてチャチャを入れる程度なのに、この日は事件のキーワードが「サクラソウ」で、天然記念物サクラソウの自生地・田島ヶ原の風景も写り込んだので、ついつい見入ってしまったら・・・

 ええっ、遺体にのこされた「サクラソウの花びらが一枚」って、どういうこと!?

 サクラソウは花の形がサクラに似ているのでその名前を頂いているものの、一枚ずつ花弁が離れている「離弁花」のサクラと違い、花弁くっついて一つの花になっている「合弁花」。 いわば朝顔のようなラッパ型の花の上の部分が5つに分かれている状態なので、花弁が自然に一枚散って残ったり、死の間際にわざわざ一枚だけを綺麗に切りとったりするとは思えない。
 
DVC00217 (440x330).jpg
我が家の庭に生えている日本在来種のサクラソウ 

 田島ヶ原の風景にも違和感。 緑一色の野原の(他の花が何も咲いていない)通路沿いにだけ綺麗に植え揃えたように一直線にピンク色のサクラソウが並んでいるっておかしいし、花の形、付き方、密度等からして日本在来種のサクラソウではないのでは? 

 流石にアップで写すのは憚られたのかピントを暈してはあったが、あれらはプリムラ・マラコイデスという外来種のようだった。 一番栽培が易しく出回っている品種だが、上の日本在来種のサクラソウとは風情が全く異なるのがお分かり頂けると思う。撮影時に田島ヶ原のサクラソウの開花が間に合わず、園芸店から仕入れて間に合わせたのだろうか?
img_cache_r_5236_c_1429614631_jpg.jpg 
プリムラ・マラコイデス (画像は「NHKみんなの趣味の園芸」ページより)
 
 またサクラソウで皮膚がかぶれるエピソードも出てきたが、アレルギーを起こすのは主にプリムラ・オブコニカや先に書いたマラコイデスなどの外来種のサクラソウで、在来種のサクラソウで皮膚炎を起こしたとは、稀にはあるのかもしれないが、私は聞いたことが無い。 
 
 折角、大好きな「サクラソウ」が取り上げられたのに、こんなに雑な扱いをされたことばかり気になってしまった。 この事例に限らず、ドラマや映画等での植物や生物の扱いは、造花が使われていたり季節が合わなかったり鳴声が違っていたり、いい加減なことが気にかかることが多い。 いくら造花のレベルが向上しても、それらが自然界に置かれれ、日の光を浴び風に吹かれれば、人工物だと直ぐに分かってしまう。 背景くらいなら目くじら立てることも無いのかもしれないが、せめてテーマとして取り上げる時くらいは、本物を使い、その無二の特性を大切にして欲しいと思う。
 
 自然と共に生き、四季の移ろいに親しんできた日本人の感性が失われつつあるようで寂しいことだ。
ラベル:サクラソウ
posted by 山桜 at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・ドラマ・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする