2017年01月23日

アトリのアタリ年

P1233531 (440x293).jpg
P1233532 (440x293).jpg

 家人と散歩に出て、陽だまりの広場のベンチから冬景色を眺めていたら、ザザ〜ッと羽音と共にものすごい数の小鳥が舞い降りました。 初めは雀の大群?思いつつ、どうも色合いも様子も違うのでそ〜っとギリギリまで近づき手持ちの携帯で撮影、図鑑で調べて「アトリ」と分かりました。 今年はアトリのアタリ年ということで、その後各地からも沢山の飛来情報が聞こえてきました。

 シベリア方面から最初の渡来地(東北の日本海側など)へ舞い降りる時は、なんと数万羽の大群のこともあるそうです。 そこから各地へ分団となって飛んで行きます。 当地でもざっと100羽程はいたでしょうか、カウンター等も持っておらず、適当な記憶ですみません。

 カスミ網猟が禁止される以前は、ツグミと共に冬の食用鳥として捕獲されていたので、「獦子鳥=猟子鳥」また、枯れ木に大群でとまった様子が花が咲いたようだからか、はたまた桜の花を啄むことからか、「花鶏」とも書いて「アトリ」と読ませています。

 アトリの名は、蘇我稲目の女の第三子が日本書紀では「朧嘴鳥皇子(あとりのみこ)」・古事記「足鳥王(あとりのみこ)」とあるのが初出の表記の記録とのことで、古い時代からの呼び名ですね。 

 大群をなして飛来することから「集鳥(あつとり)」が語源で、漢字は朧月の頃に飛来し、地面に降りて(足で歩いて)良く餌を啄むという意味や音を当て嵌めたものでしょう。 古くは「アットリ」とも呼ばれていたそうですが、今は「アトリ」で統一されています。

 次はいつ飛来するか分かりませんので、今年の内によ〜く観察しておきたいです。
posted by 山桜 at 16:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

初日の出・曙富士

 
 平成29年 2017年 あけましておめでとうございます。
 雲一つない快晴の夜明け、近くの湖の堤防に駆け上がり、心に染み入る様な眩しい初日の出を拝むことが出来ました。

P1013418 (440x293).jpg

P1013434 (440x293).jpg

  P1013453 (373x560).jpg

P1013452 (440x293).jpg

 ふりかえれば湖畔は朝日を受けて曙色に染まり、奥多摩の山々がくっきりと浮かびあがり、
P1013485 (440x293).jpg

 富士山も束の間のモルゲン・ロートに染まって・・・
P1013489 (440x293).jpg
 
 と思う内に忽ち青空に真白に聳える堂々たる富士の姿に
P1013492 (440x293).jpg

 東に天照大御神さま、西に木之花佐久夜姫さま、鎮守の氷川神社に素戔嗚大神さま を拝し、新しい歳の息吹を身体いっぱいに受け取り、新年の始まりです。

 昨年は、年頭から年末まで「驚き」と「人生の転機」の連続で、今まで生きてきた中で最も短く感じた一年でした。 特に11月以降は、クリスマスも年賀状のこともすっかり忘れてしまう程、一意専心に過ごした年末でした。 

 そんな「去る」歳も過ぎ去り、「とり」歳を迎えられました。 悪しきことは「取り去り」佳きことは「取り込み」のできる一年でありますようにと願っております。

 皆さまにとりましても、健やかで笑顔多き歳となりますよう、お祈り申し上げます。

P1013494 (440x293).jpg
初日の入り 夕日に浮かぶ影富士



人気ブログランキング 久しぶりに9月2日からランキングのバナーを入れてみました。(少しずつ遡っても貼ってます。 《クリック》応援、ありがとうございます
posted by 山桜 at 23:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする