2017年02月17日

久し振りの散歩が・・・

投薬期間から休薬期間に入り、少し家人も元気が出てきたようで、春の気配に誘われて久しぶりに外に出てみました。 庭の花々も気づいてあげられぬ内に花を開いていました。
DVC00699 (420x315).jpg
サンシュユ(山茱萸)/ハルコガネバナ(春黄金花)

DVC00700 (420x315).jpg
常緑冬咲きクレマチス ホワイト・エンジェル

一足一足と元気なお年寄りに抜かれてしまう程の亀の歩み、それでも少し歩くだけで息切れを感じて休み休み、やっと辿り着いた陽だまりのベンチで空を見上げ、弱いながらも深呼吸し、
「やっぱり外は気持ちがいいな〜」

アトリの大群を教えると、
「あ、鳥!」
などとふざけるのは元気な時と変わりません。

表情も明るくなって、自然の力は大きいなぁ・・・と嬉しくなり、その後数日散歩に出たのですが、段々と歩ける距離が短くなり息苦しさが増し、一週間後に近くの病院を受診、即日入院しなければならないことになってしまいました。 気を付けていたのですが、高い熱が出なかったので気づくのが遅れてしまいました。 一番傍に居たのに、こんなことになり可哀想で責任を感じています。 少しばかり元気になったと言う時こそ、油断大敵です。
posted by 山桜 at 00:00| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする