2017年09月05日

センニンソウ と ボタンヅル

 今年はどこに行っても草木の上を真っ白に覆うセンニンソウ(仙人草)の花をよく見かけた。 センニンソウは、センニンソウ(クレマチス)属の基本種で、風車状に集まってつく果実の先に残り羽毛状に伸びた花柱を仙人の白髭に見立てた命名という。 センニンソウ属の果実は、花の形は様々でもこの特徴的な羽毛を持つ。 果実の写真を探したがみつからず…この秋、探して撮っておきます。 

 殆ど同じような時期に同じような場所でみられるセンニンソウとボタンヅルは、しばしば混同されがちだが、よく見ると違いが分かる。 花期は、場所にもよるが総じてセンニンソウの方がやや遅い。

P9016308 (440x293).jpg
P9056872 (440x293).jpg
P9056873 (440x293).jpg
【センニンソウ/仙人草】キンポウゲ科センニンソウ属
 ・蕾の先が尖る
 ・花弁に見える萼片は、花芯よりも長く細く、白色
 ・花径は2.5p程
 ・三出〜奇数羽状複葉で小葉はふつう全縁、時に浅い切れ込みあり
 ・成葉はほぼ無毛(幼葉には毛が散生したり斑入も)
 ・葉柄、小葉柄で他のものに絡み付くので、一見羽状複葉に見えない
 ・果実の先の羽毛は3pほど

P8170159 (440x293).jpgP9056878 (440x293).jpg
P9056883 (440x293).jpg
P8170158 (440x293).jpg
P9056881 (440x293).jpg
【ボタンヅル/牡丹蔓】キンポウゲ科センニンソウ属
 ・蕾の先は丸い
 ・花弁に見える萼片は、花芯とほぼ同じ長さ、やや黄色味あり
 ・花径は1.5pほど
 ・3出複葉で小葉に鋸歯、表裏に短毛あり
 ・果実の先の羽毛は1pほど

ボタンヅルの変種のコボタンヅルは2回3出複葉で、ボタンヅルより小さめ。 高尾山域では、コボタンヅルが多い。

 
自然観察ランキング

posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の百名山・三ツ峠山ハイク(3) 

三ツ峠ハイクの末篇(3)は、三ツ峠山から天上山公園ロープウェイで河口湖に下るコース沿いの観察記録です。

P9056795 (373x560).jpg
P9056828 (373x560).jpg
【レイジンソウ/伶人草】キンポウゲ科トリカブト属

P9056797 (373x560).jpg
P9056799 (207x310).jpgP9056798 (207x310).jpg
【シモバシラ/霜柱】シソ科シモバシラ属

P9056805 (207x310).jpgP9056812 (207x310).jpg

P9056527 (440x293).jpg
【ススキ/薄】イネ科ススキ属

P9056808 (373x560).jpg
【クサボタン/草牡丹】キンポウゲ科センニンソウ属

P9056811 (440x293).jpg
【キハギ/木萩】マメ科ハギ属

P9056821 (207x310).jpgP9056822 (207x310).jpg
P9056640 (440x293).jpg
左【ヒヨドリバナ/鵯花】キク科フジバカマ属
右・下【ナンテンハギ/南天萩】マメ科ソラマメ属 別名:フタバハギ

P9056813 (373x560).jpg
【タムラソウ/田村草】キク科タムラソウ属

P9056824 (207x310).jpgP9056891 (207x310).jpg
【キバナカワラマツバ/黄花河原松葉】アカネ科ヤエムグラ属

P9056825 (207x310).jpgP9056898 (207x310).jpg
左【マルバハギ/丸葉萩】マメ科ハギ属
右・下【ツルフジバカマ】マメ科ソラマメ属 クサフジの小葉9~12対に対し、5~8対と少なく葉巾も広い
P9056897 (440x293).jpg

P9056826 (373x560).jpg
【タマアジサイ/玉紫陽花】アジサイ科アジサイ属

P9056830 (207x310).jpgP9056801 (207x310).jpg
【タマゴタケ/卵茸】

P9056831 (207x310).jpgP9056832 (207x310).jpg


P9056835 (373x560).jpg
【ママコナ/飯子菜】ゴマノハグサ科ママコナ属 ミヤマママコナは花の内部の隆起が黄色で、苞に鋸歯がない。

P9056839 (373x560).jpg
P9056882 (373x560).jpg
【ミヤマウズラ/深山鶉】ラン科 葉の模様を鶉に見立てた命名 (拡大した花についている黒いものは虫)  雲取山では見つけられずにいたので、ここで出会えて嬉しかった。 シカの餌にならずに生き延びていって欲しい。

P9056845 (207x310).jpgP9056846 (207x310).jpg

P9056847 (207x310).jpgP9056852 (207x310).jpg

P9056848 (210x140).jpgP9056849 (210x140).jpg

P9056851 (440x293).jpg
【イヌセンボンタケ?】

P9056854 (373x560).jpg
【根元が露わになった巨樹】

P9056861 (440x293).jpg

P9056857 (207x310).jpgP9056858 (207x310).jpg

P9056860 (373x560).jpg
小御嶽神社からの眺め、富士スバルラインが登って行くのが見えた

P9056869 (440x293).jpg
【ヤブマメ】マメ科ヤブマメ属

P9056870 (440x293).jpg
【キヌタソウ】アカネ科ヤエムグラ属

P9056872 (440x293).jpg
【センニンソウ】キンポウゲ科センニンソウ属 センニンソウ属=クレマチス属の基本種 日本はクレマチス属の原種の宝庫

P9056878 (440x293).jpg
【ボタンヅル】キンポウゲ科センニンソウ属 センニンソウと良く似ているが、花はやや小さく、葉の形が全く違う。 もっとよく似たコボタンヅルなどとの見分け方については別記の予定。

 天上山公園カチカチ山ロープウェイは、昔話に題をとり創作した太宰治版の「かちかち山」の舞台になっていることから名づけられているのだそうだが、ウサギとタヌキのキャラクターの看板やらハート形の鐘やら、太宰が最も嫌いそうな何とも俗っぽい施設が造られており、通り過ぎるだけでも気恥ずかしい。 それでも観光客は名前に釣られてか訪れるようで、外国人の方々も多くて、日本人としてもその趣味の悪さに身が縮む思いがする。 見晴らしはご覧のように素晴らしいので、もう少し落ち着いた風情の施設になってくれることを願うばかり。

 P9056876 (373x560).jpg
P9056877 (373x560).jpg
【ロープウェイ駅から河口湖を望む】


何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 



posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の百名山・三ツ峠山ハイク(2) 

 三ツ峠ハイク中篇(2)です。 

 北斎と娘のお栄の足跡を辿る番組で、北斎の「赤富士・凱風快晴」が三ツ峠から見た富士山の姿であることを、「三ツ峠山荘」のご主人が語ってらっしゃいました。

P5305113 (440x293).jpg
 「三ツ峠山荘」のテラス・ベンチ前で5月の下見時に撮ったものですが、遮るものなく聳える富士山の裾野の広がりを見ると、確かに場所から「赤富士」を描いたのだ、かつて北斎も同じ場所まで登って来ていたのかと、「画狂人」の一念の強さに感動します。

P9056657 (373x560).jpg
【サラシナショウマ/晒菜升麻】キンポウゲ科サラシナショウマ属
【ノハラアザミ/野原薊】キク科アザミ属
 山頂に近づくにつれ、ダイナミックなお花畑の気配が出てきました。 (以前の姿を知る人からすると、寂しい限りとのことですが、それでもまだまだ数多くの花々に会うことができます。)

P9056633 (373x560).jpg
【ハナイカリ】リンドウ科ハナイカリ属

P9056647 (373x560).jpg
【タチコゴメグサ/立小米草】ゴマノハグサ科コゴメグサ属

P9056659 (207x310).jpgP9056607 (207x310).jpg
左【クサボケ・果実】バラ科ボケ属 別名:シドミ、地梨 生薬名:和木瓜(わぼっか)
右【ウスユキソウ】キク科ウスユキソウ属

P9056660 (373x560).jpg
P9056755 (373x560).jpg
【ホソバノヤマハハコ】キク科ヤマハハコ属 雌雄異株
 上:雌株(雌花) 下:雄株(雄花)
 ヤマハハコと思いましたが、葉の表にも銀色の毛が生えていて葉の幅も細いことからホソバノヤマハハコではないかと思いましたが、どうでしょう。 後で葉が短く幅がもっと広い個体もあり、同じものなのか迷っています。

P9056663 (373x560).jpg
【オヤマボクチ/雄山火口】キク科ヤマボクチ属

P9056665 (207x310).jpgP9056903 (207x310).jpg
【イヌゴマ/犬胡麻】シソ科イヌゴマ属

P9056677 (373x560).jpg
P9056776 (207x310).jpgP9056775 (207x310).jpg
【マツムシソウ】マツムシソウ科マツムシソウ属

P9056685 (207x310).jpgP9056731 (207x310).jpg
左【オオマツヨイグサ】アカバナ科マツヨイグサ属 太宰治の「富士には月見草がよく似合う」の言葉にある月見草(ツキミグサ)はこのオオマツヨイグサではないかとされている。 本来のツキミソウは江戸時代に渡来した白い花で、開花は日暮〜未明の月明かりの下でしか見られず、富士山を背景にしてに見ることは難しい。 
右【?】キク科

P9056686 (440x293).jpg
P9056669 (440x293).jpg
P9056740 (440x293).jpg
【?】セリ科

P9056750 (440x293).jpg
【?】セリ科

P9056701 (373x560).jpg
【ウメバチソウ/梅鉢草】ニシキギ科(前ユキノシタ科)ウメバチソウ属

P9056687 (440x293).jpg
【コウゾリナ/剃刀菜、髪剃菜】キク科コウゾリナ属 茎葉に手が切れそうな固いザラツキ

P9056692 (373x560).jpg
P9056693 (207x310).jpgP9056736 (207x310).jpg
【フジアザミ】キク科アザミ属 富士山周辺に多い 草丈1mにもなる大型のアザミ 総苞片や葉に鋭いトゲ

P9056696 (440x293).jpg

P9056739 (373x560).jpg
【タムラソウ】キク科タムラソウ属 アザミに似ているがトゲがない

P9056706 (373x560).jpg
【ホツツジ】ツツジ科ホツツジ属 ミヤマホツツジの雌しべはくるりと巻いて上を向く

P9056710 (440x293).jpg
【シロバナフウリンツツジの果実】ツツジ科ドウダンツツジ属 サラサドウダンの純白花

P9056644 (440x293).jpg
P9056732 (440x293).jpg
P9056733 (440x293).jpg
【崩れた登山道に浮島のように残ったお花畑】

P9056714 (440x293).jpg
【三ツ峠山の碑】

P9056726 (440x293).jpg
【イワキンバイ/岩金梅】バラ科キジムシロ属 ミヤマキンバイと迷ったが、茎にも葉をつけていることから同定

P9056729 (207x310).jpgP9056730 (210x140).jpg
【ズミ/酢実?】バラ科リンゴ属 不分裂葉と分裂葉が混在する 

P9056742 (207x310).jpgP9056602 (207x310).jpg
左【メタカラコウ/雌宝香】キク科メタカラコウ属 舌状花が1〜3コしかない
右【トリカブト/鳥兜】キンポウゲカトリカブト属 生薬名:附子(ぶし、ぶす)

P9056543 (207x310).jpgP9056743 (207x310).jpg
左【オトコヨモギ/男蓬】キク科ヨモギ属
右【ノリウツギ/糊空木】アジサイ科アジサイ属

P9056746 (440x293).jpg
【サンショウバラ/山椒茨】バラ科バラ属

P9056666 (207x310).jpgP9056757 (207x310).jpg
【ワレモコウ/吾亦紅】バラ科ワレモコウ属

P9056763 (207x310).jpgP9056782 (207x310).jpg
【ツリガネニンジン/釣鐘人参】キキョウ科ツリガネニンジン属

P9056734 (373x560).jpg
【ソバナ/岨菜】キキョウ科ツリガネニンジン属

P9056766 (207x310).jpgP9056767 (207x310).jpg【ウツボグサ/靫草】シソ科ウツボグサ属

P9056771 (440x293).jpg
【テンナンショウ/天南星の仲間の群落・果実】サトイモ科テンナンショウ属

P9056774 (440x293).jpg
【轟音響かせ何度も旋回する自衛隊ヘリ】

P9056784 (207x310).jpgP9056803 (207x310).jpg
左【コウリンカ/紅輪花】キク科キオン属 オレンジ色の細い舌状花は、最初水平、のち下垂する
右【シラヤマギク/白山菊】キク科シオン属 下部の葉はハート形で翼付の長い葉柄、上部へ行くほど小さい葉

P9056786 (440x293).jpg
【龍の顔の浮かぶ倒木】

その(3)へ続く・・・


何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の百名山・三ツ峠山ハイク(1)

 「三ツ峠(山)」は、開運山(1,785m)、御巣鷹山(1,775m)、木無山(1,732m)の3つの頂上の総称。 流石に「花の百名山」の一つ、写真に残しただけでもざっと100種類、とても全部は掲載できませんが、代表的な花々をご紹介します。

<2017-09-05 撮影>
P9056609 (373x560).jpg
【テンニンソウ/天人草】

P9056505 (207x310).jpgP9056514 (207x310).jpg
【ツリフネソウ/釣舟草】     【ハナタデ/花蓼】

P9056516 (440x293).jpg
【クサボタン/草牡丹】

P9056519 (440x293).jpg
【イタドリ/虎杖】

P9056520 (207x310).jpgP9056521 (210x140).jpg
【ユウガギク/柚香菊】

P9056524 (207x310).jpgP9056528 (207x310).jpg
【ヤマムグラ/山葎】       【イヌトウバナ/犬塔花】

P9056525 (207x310).jpgP9056536 (207x310).jpg
【ホソエノアザミ?/細柄の薊】  【オオバアサガラ/大葉麻殻】

P9056532 (210x140).jpgP9056533 (210x140).jpg
【タニソバ/谷蕎麦】         【バライチゴ/茨苺】

P9056535 (210x140).jpgP9056544 (210x140).jpg
【ツノハシバミ/角榛】         【カジカエデ/梶楓】

P9056538 (207x310).jpgP9056541 (207x310).jpg
【キブシ/木五倍子】          【アブラチャン/油瀝青】

P9056545 (207x310).jpgP9056546 (207x310).jpg
【ノリウツギ/糊空木】  【ツルニンジン/蔓人参】別名:ジイソブ

P9056580 (373x560).jpg
【コウシンヤマハッカ/甲信山薄荷】

P9056566 (440x293).jpg
【アサノハカエデ/麻葉楓】

P9056570 (207x310).jpgP9056572 (207x310).jpg
【ハンカイシオガマ/樊かい塩竈】

P9056650 (440x293).jpg
【トモエシオガマ/巴塩竈】

P9056576 (207x310).jpgP9056577 (207x310).jpg
P9056587 (207x310).jpgP9056620 (207x310).jpg
【ソバナ/岨菜】花、草姿、果実    【メタカラコウ/雌宝香】

P9056582 (440x293).jpg
【オクモミジハグマ/奥紅葉白熊】

P9056583 (207x310).jpgP9056589 (207x310).jpg
【オクモミジハグマの葉】    【?】セリ科? ウコギ科?

P9056605 (207x310).jpgP9056627 (207x310).jpg
【テンナンショウの仲間】果実       【クロイチゴ/黒苺】

P9056588 (210x140).jpgP9056592 (210x140).jpg
【トウゴクミツバツツジ/東国三葉躑躅】【クジャクシダ/孔雀羊歯】

P9056590 (207x310).jpgP9056591 (207x310).jpg
【タカオヒゴタイ/高尾平子帯】

P9056598 (373x560).jpg
【カイフウロ/甲斐風露】

P9056599 (207x310).jpgP9056600 (207x310).jpg
【コウモリソウ/蝙蝠草】       【キバナアキギリ/黄花秋桐】

P9056615 (373x560).jpg
【ミヤマシャジン?/深山沙参】 ソバナより一回り大きくふっくらした花

P9056610 (207x310).jpgP9056626 (207x310).jpg
【キヌタソウ/砧草】

P9056611 (207x310).jpgP9056558 (207x310).jpg
【ミヤマタニタデ/深山谷蓼】      【タニタデ/谷蓼】

P9056628 (207x310).jpgP9056635 (207x310).jpg
【ノハラアザミ/野原薊】        【ヤマホタルブクロ/山蛍袋】

P9056633 (373x560).jpg
【ハナイカリ/花碇】

P9056629 (440x293).jpg
【シモツケソウ/下野草】草本 モミジ型の葉

P9056654 (440x293).jpg
【シモツケ/下野】木本 ユキヤナギ似の葉

P9056638 (373x560).jpg
【タムラソウ/田村草】

P9056652 (373x560).jpg
【レンゲショウマ/蓮華升麻】

沢山ありすぎて、画像から選んで名前を付けるだけでも朦朧として来ました・・・間違っていたり抜けていたりするかもしれませんが、今日はここまで〜💤 (つづく)


何かお役に立てましたら、1クリック応援、よろしくお願いいたします 


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする