2017年10月23日

青い実・ヤブミョウガ

P9257453ヤブミョウガ実 (373x560).jpg
<2017-09-25>
P9012620ヤブミョウガ (440x293).jpg
<2016-09-01>

 「ヤブミョウガの実は、まるでラピスラズリ・・・」
 毎年のようにこの青い実を眼にすると、ついそう口にしてしまいます。 先日の小学生の遠足の時につぶやくと、すかさず、
 「飛行石!」
と、言ってくれた子がいて、思わずハイタッチしてしまいました。 今の小学生も「ラピュタ」を知っていてくれるんですね〜嬉しいな🎵 この美しい青色が写真にうまく写せないのが残念です。

P9016328ヤブミョウガ (373x560).jpg
<2017-09-01>

 実は最初白く、段々緑色に、最後に熟すと、青紫色になります。
この熟した青い実の中に面白い形の種が入っているのですが、それはまた別の機会にご紹介しますね。

P7300065 (440x330)ヤブミョウガ.jpg
<2015-07-30>

 こちらは真っ白な花の頃、7月の末頃です。 似ているようで、よく見ると葉っぱの付き方も違いますし、その葉の手触りもザラザラしていて、滑らかな茗荷の葉とは異なります。

P7300067 (420x560)ヤブミョウガ.jpg
P7300068ヤブミョウガ (440x330).jpg
<2015-07-30>

 小さな蝶々が飛んでいるような可愛らしい花、花を見るとミョウガやショウガの仲間ではなく、ツユクサの仲間だというのが分かります。 雄花と雌花があって、長い雌蕊が目立つのが雌花、黄色い雄蕊の葯が目立つのが雄花です。 

 薄暗いところに生えていて、梅雨の頃に花が咲くので濡れていることが多く、私の腕では余りよく撮影できていないのが残念です。 来年こそ!


自然観察ランキング ポチっと応援、ありがとうございます


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。