2017年11月06日

熾火でミニ・バウム・クーヘン

 親子で森の中の活動を楽しむイベントの中で、自然観察に出かけたお父さんと子供たちと離れ、お母さんたちだけの火のそばでの団欒をミニ・バウム・クーヘン(竹を芯に使うので別名:バンブー・クーヘン)を焼きながら過ごしました。

 クーヘンのタネはホットケーキミックス、砂糖、バター、卵、牛乳です。 砂糖ととかしバターをたっぷり加えること、タネをたれない固さにするのが美味しく焼くコツです。 

PA318152バウムクーヘン (207x310).jpgPA318153バウムクーヘン (207x310).jpg
少しずつ種を塗り付けて回転させながら焦げ目がつくまで焼き、また種を塗って焦げ目をつけて
・・・を、ひたすら繰り返していきます。

 PB058314バウムクーヘン (207x310).jpgPB058315バウムクーヘン (207x310).jpg
 だんだん年輪を重ねて太くなってきましたよ。 やっと2cmくらいの厚みになって出来上がりです。 もっともっと厚く焼いていけば大きなバウム・クーヘンになりますが、時間もかかり重さも増してなかなか大変なことです。

PA318158バウムクーヘン (440x293).jpg
 芯を抜いて輪切りにすれば、小さなバウム・クーヘンの出来上がり! これはリハーサルで山桜が焼いた分です。 半分の分量で焼きました。

PB058316バウムクーヘン (207x310).jpgPB058317バウムクーヘン (207x310).jpg
PB058318バウムクーヘン (207x310).jpgPB058320バウムクーヘン (207x310).jpg
 お母さんたちが森の静寂と火の温かさに包まれ、暫し青春の頃を思い出しながら焼き上げた様々なバウム・クーヘンたち。 どんな思いが焼きこまれていたのでしょうか・・・。 帰ってきた子供たちが、切り分けるのも待ちきれないハイエナのように群がって、あっという間に平らげてしまいました。 ごちそうさまでした!


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | 青少年活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。