2017年12月03日

ホシゴイとゴイサギ

 井の頭恩賜公園で行われる観察会の下見に訪れた井の頭池・七井橋の畔で、抜き足差し足の怪しい影が揺れたと思うと、日向ですくっと足を留めました。

PC039057 (443x590).jpg

おおっ、ゴイサギの幼鳥です。 親鳥とは似ても似つかない茶色に白い斑模様から「ホシゴイ」とも呼ばれています。 葦の茂みなどで成長するうちは、目立たないように保護色をまとっているのでしょう。

PC039066 (443x590).jpg

大きな黄色い脚で、のっそりのっそり歩きにくそうな杭の上を歩きだしました。

PC039067 (440x330).jpg

お、何か見つけたか?

PC039069 (440x330).jpg

狙いを定めて突撃!

PC039071 (443x590).jpg

う〜ん、残念、空振り…いいとこ見せようとしてたのに失敗し、ちょっとバツが悪そうにも見えます。

PC039064 (443x590).jpg

そんな我が子の様子を見ているのか見ていないのか、少し上の木の枝の間に親鳥のぷっくりとしたお腹が見えました。 あ、でもよく見ると目がこっちを見てますね。

PC039063 (443x590).jpg

毛づくろいをしている素振りでこちらをそれとなく監視しているようで…目が合ってドッキリ。

PC039058 (440x330).jpg

あらら、危なくない奴だと思ったのか、ふっと視線を外されてしまいました。

PC039059 (443x590).jpg

オオバンもス〜っと去ってしまい、池の畔には元の静寂が戻りました。


人気ブログランキング 1クリックで読んでるよ〜の応援、ありがとうございます


posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。