2018年01月07日

門松の雌雄(赤松・黒松)

 今日で松の内も終わりですが、門松は本来、
左(向かって右)黒松=雄松  右(向かって左)赤松=雌松
を用いて作られていたものだそうです。 陰陽で一対ということでしょうか。

 松は祀るにも通じ歳神様の依代として相応しいとされますが、一方で、東京の府中の大國魂神社の境内には一本の松もなく例え植えても枯れ、氏子さん方は門松に松を用いません。 これは大國様と八幡様が散歩をしていて日が暮れ、八幡様が宿を探しに行ってくると言ったまま戻って来られず(今の八幡町・武蔵国府八幡宮=府中八幡に先に鎮まられた為)、待ちぼうけとなってしまった大國様が、
 「待つ(松)は嫌いじゃ」
 「まつは憂いもの、つらいもの」
等と仰ったことからなのだそうです。 先に葉のついた長い竹だけが門に立てられている風景はなかなか清々しくて良いものです。 

 すみません、話がそれました。

 雌松・雄松といっても、アカマツ・クロマツは同じ種の雌雄ではなく別の種なのですが、見た目が優しいアカマツを雌松(めまつ)、雄々しいクロマツを雄松(おまつ)と呼び慣わして来たものです。 なかなか並べて見比べないとその違いが分かりにくいと思いますが、たまたま幼木が並んで生えていたので見比べてみました。

PC209602 (207x310)クロマツ.jpgPC209601 (207x310)アカマツ.jpg

PC209603 (207x310)クロマツ.jpgPC209604 (207x310)アカマツ.jpg

【クロマツ】         【アカマツ】
 葉が太く先が尖って痛い    葉が細く先は痛くない
 冬芽は白っぽく鱗片は     冬芽は赤く鱗片の
 殆ど反り返らない       反り返りが目立つ
 成木の樹皮は黒っぽい     成木の樹皮は赤い
                (特に上部の剥けた部分)

 幼木で樹肌で見比べることはできませんが、丈が低く葉と冬芽を近くで見て触れられたので違いが良く分かりました。 クロマツの葉は太く固いのでピンピンと針の如く張った感じ、赤松の葉は細く華奢で捩れがあり風にもそよぐ感じがしました。 何より、冬芽の色と鱗片の様子が全く違うので、区別しやすいですね。

 もし、未だ明日の朝、残っている門松があったら、赤松か黒松か観察してみてください。


人気ブログランキング
お楽しみ頂けましたら1クリック、ありがとうございます。 


posted by 山桜 at 22:15| Comment(8) | 祖先からの伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。