2018年01月24日

雪の長淵丘陵・低山はいかい

 22日に降った大雪を二日間堪能した翌日、青梅駅から日向和田(ひなただわ)駅まで、ほぼ全コースに雪の残る長淵丘陵をFITの「低山はいかい倶楽部」の皆さんと歩いてきました。

 青梅は名の通り、関東でも有数な梅の郷として有名でした。 市内の「吉野梅郷」で2009年4月、プラムポックスウイルスの感染が確認され、大胆な伐採など手を尽くしていましたが、最終的に2014年4月4日〜5月30日、閉園の上園内の梅1,266本を全て伐採、その後3年を経て、付近を含め新たな感染が無いことから新しく梅の木々が植えられ、元の美しい梅林復活を目指しています。

P1240096 (210x280).jpgP1240099藍染め (210x158).jpg
今や貴重な白梅の巨木     工房の藍染めが白雪に映える

P1240100 (210x280).jpgP1240101 (210x280).jpg
長淵の村社「天祖神社」鳥居と石碑

P1240102 (210x158).jpgP1240103 (210x158).jpg
古風な狛犬さんたち

P1240109 (210x158).jpgP1240110 (210x158).jpg
(左)天照皇大神・豊受比売大神を祀る社の拝殿(右)十社相殿と八坂神社

P1240115 (440x330).jpg
まるで古代ローマのコロッセオのような市営墓地の雪景色

P1240116 (210x158).jpgP1240117 (210x158).jpg
爪痕や肉球痕も生々しいツキノワグマの足跡が・・・いつ通ったのでしょうか・・・一同しばし凍りつくも、行き先のコースの方に足跡が無いことを確認し、慎重に前に進みました。

P1240126 (210x280).jpgP1240127 (210x280).jpg
「旧二つ塚峠」で暫し休憩。 リーダーお手製のマドレーヌの差し入れが! バターの香り豊かなプロの味に思わず頬も緩みとろけました〜ごちそうさまです♪

P1240132 (210x158).jpgP1240133 (210x158).jpg
(左)「二ツ塚処分場」が真っ白な谷の中、カリオストロの城のように静かに佇んでいましたが、その全容は雑木林やフェンスやネットに遮られて良く見えません。 大きな反対運動を受けた末の稼働ですので、仕方のないことなのでしょう。
(右)「馬引沢分岐」の道標。 馬引沢が指し示す方角は処分場フェンスの中、沢もまた私たちの出したごみを処分したもので埋め立てられてしまったのでしょうか。

P1240134 (210x158).jpgP1240137 (210x210).jpg
(左)四角いのぞき窓のような穴から手を伸ばして処分場を撮ってみましたが、やはり木々に阻まれていました。 先日の「夢の島」といい、期せずして続けてごみ処分施設を訪ねることになったのには、何か使命でも帯びたかと、ちょっとドキドキ。
(右)美味しいマドレーヌで元気回復、明るく開けた「赤ぼっこ」へ向かう道

P1240149 (440x440).jpg
P1240186 (440x440).jpg

「赤ぼっこ」到着 素晴らしい景色が広がり見とれてしまいましたが、スキー場の天辺のような強風がビュービューと吹きぬけていてみるみる体感温度が下がります。

P1240146 (440x440).jpg
大岳山、日の出山、御岳山などの奥多摩の山々

P1240189 (210x210).jpgP1240188 (210x210).jpg
雪をかぶった町・狭山丘陵の森・西武ドーム(右)スカイツリー

P1240144 (440x440).jpg
向こうに見える赤い橋を目指して下山します。

P1240151 (210x210).jpgP1240150 (210x210).jpg

寒風吹きすさぶ一本ヒノキの下ではとても昼食がとれないと、南斜面に避難する面々・・・新雪がふかふかに吹き溜まっていて思わず足を取られ、立ち上がってはまた転んで笑い声・・・雪の感触を味わっているようでした。

P1240157 (440x440).jpgP1240159 (440x440).jpg

この新雪の中のモフモフ感、たまりません! などと浮かれていたら、思い思いに風をよけて休息中の先輩方が木の陰雪の窪みに潜んでいらして、熊かとドキドキ(失礼!)

P1240155 (210x210).jpgP1240156 (210x210).jpg
何の足跡でしょう?    サルトリイバラの冬芽

P1240185 (440x440).jpg
コウヤボウキの綿毛が風に震えて

P1240165 (210x210).jpgP1240168 (210x210).jpg
テンの糞?   カモシカの足跡

P1240179 (440x440).jpg
「赤ぼっこ」から見えた「赤い橋」に辿りつき、見下ろした多摩川の川原にも白い雪。 (因みに渡っている時は、橋が赤い=橋脚の部分は見えません。 無理に見ようとすればマッサカサマです・・・)

P1240180 (440x440).jpg

先程とは反対に赤い橋上から見上げた「赤ぼっこ」
白い雪のお蔭で一本檜もはっきり見えています

P1240183 (440x440).jpg

紅梅苑(吉川英治夫人の開いた和菓子屋さん)の近くの道では紅梅の花が咲き始めていました。


人気ブログランキング
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 
バナーを1クリック、
拙ブログにご投票いただけましたら幸いです。


posted by 山桜 at 23:55| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。