2018年02月06日

景信山雪深し

 ハイキングの下見で訪れた景信山への道を行けば、
P2060388雪木立 (440x330).jpg
真っ白な丘から真っ青な空に向かって伸びゆく木々の枝先は、ほんのり色づいて春の気配。

P2060399霜柱 (443x590).jpg
かと思えば、足元の霜柱はまだまだキラキラと健在で、

P2060402雪道 (210x280).jpgP2060403雪道 (210x280).jpg
山道は雪、また、雪の白銀の世界のまま

P2060404 (440x330).jpg
景信山から臨む奥多摩の山々も雪化粧

P2060408富士山 (440x330).jpg
富士山は静かに聳えるも、吹き付ける強風が雪煙を巻き上げる

P2060413スカイツリー (440x330).jpg
遥かに広がる関東平野にはスカイツリーが浮かぶ
ここで流石に安全の為、軽アイゼンを装着

P2060414雪道 (210x280).jpgP2060416雪道 (210x280).jpg
P2060419雪道 (210x280).jpgP2060420雪道 (210x280).jpg
更に雪深くなる道、気温も下がり、足音はザクザクからギュッギュッに

P2060421雪木立 (443x590).jpg
葉を落としたカジカエデの樹形に、こんなだったかと驚く

P2060422雪道 (440x330).jpg
スノーボーダーだったら飛び込んでいきたいようなふわっふわの雪 
いやいやダメダメ、飛び込んでは行けません!
そういう人がいるからかな、ロープ張りが増えていました。

P2060427 (210x280).jpgP2060431 (210x280).jpg
P2060433 (210x280).jpgP2060442 (210x280).jpg
真新しい「堂所山」の標     元は雪だるま?

P2060443明王峠雪 (440x330).jpg
雪に埋もれる明王峠の小屋

P2060446富士山 (440x330).jpg
明王峠からの富士山 

P2060473 (210x158).jpgP2060469ウグイスカグラ (210x280).jpg
ベンチで昼食も寒くて15分で出発  蕾膨らむウグイスカグラ

P2060465雪道 (443x590).jpg
底沢峠に戻って陣馬高原下へ下る

P2060456雪道 (210x280).jpgP2060466雪道 (210x280).jpg
この斜面は更に雪が深く

P2060479 (443x590).jpg
アイゼンを外して滑り降りたい衝動にかられる

楽しかった雪道も林道が近づくにつれ土や石が表れだし、林道に残る雪は踏まれて溶けてまた凍ってツルツル、既に軽アイゼンは外していましたので今日一番緊張した難所はこの林道でした。 やがて陣馬高原下バス停手前のお蕎麦屋さんが見えて来ましたが・・・

P2060462蕎麦屋山下屋 (210x158).jpgP2060464アブラチャン (210x158).jpg
「山下屋」さん    アブラチャンに花芽がいっぱい!

下山後の楽しみ、「山下屋」でバス待ちの一杯は、臨時休業中で残念ながらできませんでしたが、ザラメ雪からふわふわの新雪さながらの雪まで、色々な雪の感触を心行くまで味わえた山歩きでした。 本番までいい雪が残り、雪道歩きの楽しさをお伝えできますように・・・。


人気ブログランキング
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。 
楽しんでいただけましたら、バナーを1クリック、
拙ブログにご投票賜れば幸いです。


posted by 山桜 at 22:01| Comment(10) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。