2018年02月10日

冬芽その4「やじろべえ」

 春、黄色の小花を少しずつ時期をずらせ競うように咲かせるクスノキ科クロモジ属の木々は、冬芽も良く似たヤジロベエ型のものが多いのですが、よく見るとちょっとずつ個性の違いがあります。

PC279774アブラチャン (207x310).jpgP2060463アブラチャン (210x158).jpg
【アブラチャン/油瀝青】クスノキ科クロモジ属
 アブラチャンの花芽は拳骨グー型です。
 花柄が長めで私にはボクサーに見えます。
 樹形は株立ち、赤茶色の明るい樹肌、
 沢沿いなど水気の多い所に良く生えています。

P2090487クロモジ (210x140).jpgP2090162クロモジ冬芽 (210x140).jpg
P2090163クロモジ冬芽 (210x140).jpg
【クロモジ/黒文字】クスノキ科クロモジ属
 アブラチャンより葉芽が細くスッキリしており、
 花芽の先が玉ねぎやキューピーさんの頭のように
 チョンと尖っています。 ちょっとヤジロベエ
 としては一番バランスが悪そうですね。
 若い枝は緑色に黒い模様が文字のように見えます。
 枝の香りは一番強いです。
 蕾の尖がりを和服の袖先と見做すと私には
 烏帽子をかぶった陰陽師にも見えて来ます。
 樹肌に文字が浮かぶところも呪文のようで。

P1280268シロモジ冬芽 (210x280).jpgPC028993シロモジ (210x280).jpg
PC028992シロモジ (210x280).jpg
【シロモジ/白文字】クスノキ科クロモジ属
 クロモジと良く似た冬芽(葉芽と花芽2つ)ですが、
 葉芽がクロモジよりずんぐりして短めです。
 その分、バランスは良さそうです。
 こちらはピエロっぽいような。

PC090486ダンコウバイ (207x310).jpg
【ダンコウバイ/壇香梅】クスノキ科クロモジ属
 同じクスノキ科クロモジ属で、
 シロモジと似た3裂葉を持ちながら、
 ヤジロベエ型にはならずに、
 花芽に殆ど柄がなく枝に直接ついて見えます。

 この子たちがキラキラと咲きこぼれる春ももう直ぐ・・・

 ふりそそぐ光のごとく咲く春を共に見ゆるは叶わぬ望み
                      (山桜)


人気ブログランキング
ご訪問いただき、ありがとうございます。 
花よ咲けと、バナーを1クリック、
拙ブログにご投票いただけますれば幸いです。


posted by 山桜 at 21:05| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。