2018年02月18日

関越道北上中

 トンネルを抜けてないけれど、いつのまにか「雪国」でした。

P2180662 (440x330).jpg

 雪もちらついてきました・・・。 結構積もりそうです。

拙ブログにご訪問ありがとうございます。
ブログ・ランキング⤴にポチッと応援頂けたら嬉しく存じます。

人気ブログランキング


posted by 山桜 at 00:00| Comment(3) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミチノクフクジュソウ

 昨日の羽生選手の金メダルに因んで黄金色に輝く福寿草の話題です。

 日本に自生するフクジュソウの仲間は、
@フクジュソウ(福寿草)北海道、本州、四国
Aキタミフクジュソウ(北見福寿草)北海道
Bミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)本州、九州
Cシコクフクジュソウ(四国福寿草)四国、九州
4種類あって、その内キタミフクジュソウは北海道の一部、シコクフクジュソウは四国と九州の一部のみの自生、フクジュソウとミチノクフクジュソウの自生地は本州で重なっているので、この2つの内のどちらか調べる時は、萼片の長さを見るのだそうです。

P2110499ミチノクフクジュソウ (443x590).jpg
達人は花色を見れば分かるそうですが、凡人は上から見ただけでは分かりません。

P2110502ミチノクフクジュソウ (443x590).jpg
このように横から見て、萼片が花弁の長さの1/2より短いのがミチノクフクジュソウ。 殆ど同じかやや短いくらいなのがフクジュソウとのこと。 観察園ではミチノクフクジュソウしかみつかりませんでしたが、今年はフクジュソウを見たら、片端から横から覗いてみようと思います。

P2110504ミチノクフクジュソウ (210x280).jpgP2110503ミチノクフクジュソウ (210x280).jpg
あちらからもこちらからも、むくむくと蕾を持ち上げて来ています。

P2110500ミチノクフクジュソウ (210x280).jpgP2110501ミチノクフクジュソウ (210x280).jpg
このように花弁のうらが茶色っぽいのもミチノクフクジュソウの特徴らしいです。 萼片と紛らわしいですが、一番外側の短いものが萼片です。 一面咲きそろう日が待ち遠しいことです。 


人気ブログランキング
posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。