2018年04月02日

やじろべえ達のその後

<2018-03-29 鶴脚山>
P3292010アブラチャン (443x590).jpg
【アブラチャン/油瀝青】クスノキ科クロモジ属
 ボクサー型やじろべえ達は、お花を咲かせても元気いっぱい、ポンポンをもったチアガールに変身! 葉っぱが開く前に花を咲かせますので、遠目には黄色一色に見えます。

P3292024アブラチャン (440x330).jpg

  枝枝をポンポンで飾り尽くして春の森を彩っていました。

P2060463アブラチャン (210x158).jpgP3021322アブラチャン (210x280).jpg
「ボクサー型やじろべえ」だったころのアブラチャン
 丸い蕾のグローブでパンチを決めてます。


<2018-03-29 鶴脚山>
P3292026クロモジ (443x590).jpg
P3292027クロモジ (443x590).jpg
【クロモジ/黒文字】クスノキ科クロモジ属

 上品な「陰陽師型やじろべえ」たちは、葉っぱと花が同時に開いてきます。 花を咲かせても、油瀝青より色合いも控えめで俯き加減、どことなく神秘的な雰囲気で「式神」を飛ばしているかのような・・・ 

P3021311クロモジ (210x280).jpgP2090487クロモジ (210x140).jpg
「陰陽師型やじろべえ」だったころのクロモジたち
 烏帽子をかぶって、蕾の先の尖りが着物の袖口のよう


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 22:36| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。