2018年06月27日

権現山(山梨)(1)

大月駅からバスに乗り、浅川バス停で下車。 若葉の山がさわさわと揺れてお出迎え。

P5172013 (210x280).jpg P5172015 (207x310).jpg

若葉の中で白い花たちが映える季節・・・

P5172018マルバウツギ (443x590).jpg
P5172017マルバウツギ (393x590).jpg
【マルバウツギ/丸葉空木】
星形の花たち

ところが白い花も葉も丸坊主になってしまったミズキが・・・
P5172224ミズキ (440x330).jpg
ここ数年大発生しているキアシドクガ(毒はない)の幼虫の食害です。
P4270891キアシドクガ幼虫 (187x280).jpg P5161870キアシドクガ交尾 (187x280).jpg
【キアシドクガ 幼虫】     【キアシドクガ 成虫/♀♂】

P5172019マムシグサ (210x280).jpgP5172104マムシグサ (210x280).jpg
【マムシグサ/蝮草】
 恥ずかしがり屋さんで、7、8割方は後ろ向きな気がします。 こちらを向いていると嬉しくなってつい撮ってしまいます。

2種類のハート型の葉っぱが目立ちました。 花も実もなくてもよ〜く見れば分かります。
P5172022オニドコロ (210x280).jpgP5172026アケボノスミレ (210x280).jpg
【オニドコロ】          【アケボノスミレ】

P5172033 (210x158).jpg
「浅川」バス停の方から来て、「権現山」に登ります。 「扇山」は昨年にこにこハイキングで登って、雄大な富士山を眺めました♪

P5172227ハクウンボク (440x330).jpgP5172038ハクウンボク (207x310).jpgP5172032ハクウンボク (207x310).jpg
【ハクウンボク/白雲木】
 文字通り、下から仰ぎ見れば白い雲が棚引くように穂状に沢山の花を付けています。 花の形はエゴノキに似ていますが、エゴノキの花は並んでぶら下がっていますし、よく見るとハクウンボクはご覧のような「ラッパ型」、エゴノキはもっと「平たい星形」です。

P5172046カシワバハグマ (210x280).jpgP5172047オクモミジハグマ (210x280).jpg
【カシワバハグマ】        【オクモミジハグマ】

P5172048ツクバキンモンソウ (207x310).jpgP5172049ツクバキンモンソウ (207x310).jpg
【ツクバキンモンソウ】
 ジュウニヒトエの仲間です。 葉脈も葉裏も紫のことが多いです。

P5172050 (440x330).jpg

P5172051フタリシズカ (210x280).jpg
【フタリシズカ/二人静】

P5172054チゴユリ (207x310).jpgP5172089チゴユリ (207x310).jpg
【チゴユリ/稚児百合】

P5172058 (210x280).jpgP5172059 (210x280).jpg
同行の先輩方以外、だれにも出会いません。 山梨百名山の一つなのに、扇山・百蔵山の陰に隠れて山容が見えない、気の毒な山なのだとか。

P5172060食痕? (210x158).jpgP5172061ウラジロノキ (210x158).jpg
【ムササビの食痕?】      【ウラジロノキ】バラ科

P5172062ウリハダカエデ (210x280).jpgP5172063キクバドコロ (210x280).jpg
【ウリハダカエデ】     【キクバドコロ】

P5172064 (210x140).jpgP5172065 (210x158).jpg

P5172067ササバギンラン (210x280).jpgP5172068 (210x280).jpg
【ササバギンラン】     【新緑の道】

P5172069 (210x158).jpgP5172071 (210x280).jpg
山頂間近の斜面を登る

P5172085権現山 山頂 (210x280).jpg
【権現山(1,312m)】

P5172073富士山 権現山より (443x590).jpg
P5172081富士山 権現山より (440x330).jpg
権現山山頂からの富士山! 今日もお姿を拝むことができ、ありがたいことです。

P5172076眺望 権現山より (443x590).jpg
P5172077眺望 権現山より (440x330).jpg
P5172087 (440x330).jpg

P5172086ヤブウツギ? (440x330).jpg
【ヤブウツギ?】 真っ赤な花一色の空木です。

P5172091 (210x280).jpgP5172092 (210x280).jpg
石造りの階段を登ると(来た道を振り返った所) そこには日本武尊を祀るお社が・・・


P5172093 (443x590).jpg
【和見王勢龍神社奥社】
この堂々とした磐座自体が神宿る大岩なのでしょう。 そこにあしをかけて登ってしまい、畏れ多い気持ちです。

(つづく)

人気ブログランキング



posted by 山桜 at 00:00| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。