2018年07月30日

キカラスウリ

                    
                      自然観察ランキング 
カラスウリの花は、夕刻に咲いて朝には萎んでしまうのですが、こちらキカラスウリの方は花弁の質も厚めで翌朝まで綺麗な白い花を開いたままでした。 カラスウリの繊細なヴェールには敵いませんが、夏の日差しにも負けない力強さがあります。

 P7274688キカラスウリ♀ (393x590).jpg

P7274689キカラスウリ♀ (393x590).jpg

P7296042キカラスウリ♀ (393x590).jpg
【キカラスウリ/黄烏瓜】 ウリ科

P7274691キカラスウリ♀ (187x280).jpg P7296043キカラスウリ♀ (187x280).jpg

P7296041キカラスウリ♀ (187x280).jpg P7296044キカラスウリ♀ (187x280).jpg

 横から見れば、花の下の子房の膨らみが雌花であることを教えてくれます。 ここの花は全部雌花ばかりでしたので、蔓をたどれば一本の株なのかもしれません。 キカラスウリもカラスウリも雌雄異株です。

 葉の質も、やはりカラスウリに比べると厚めで照りがあり、力強い感じです。  

 烏瓜が朱色の実を付けるのに対して、キカラスウリは名前の通り、黄色くて烏瓜の4倍程ある大きな実を付けます。 

 一番似ているようで似ていないのは中のタネの形で、カラスウリのタネは「打ち出の小槌」「玉梓」「バターロール」「カマキリの頭」などと様々に形容される変わった形をしていることは、古くからの拙ブログ仲間はよくご存じの事と思います。

 地中の塊根からとれるデンプンをかつては「天花粉」といって、汗疹止めなどにはたいて使っていたそうです。 祖母は未だ、シッカロール(和光堂ベビーパウダーの商品名)のことを天花粉と呼んでいたのを覚えています。

 しかし3年ほどこの道を通って観察していますが、一度も実がなったことがありません。 近くに雄花が咲いていないのでしょう。 どこかで実をみつけたら、タネを採って近くに播いてみようかなぁ…


posted by 山桜 at 23:20| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。