2018年08月03日

ニホンカモシカ 耳をクルクル 

                    
                      自然観察ランキング 
 妙な日だった。
 奥多摩湖の周り、余所者人のあまり立ち寄らないようなお寺とお宮を廻ることになった。 それらの事はまた別に記すとして、先ずはこちらの話を書いておこう、感動が消えないうちに。

 視界が歪むほど白く火照った参道を一人登りゆく中、視線と気配を感じて立ち止まると、

P8034986 カモシカ(443x590).jpg 

 『カモシカ!』

 優しく落ち着き、木陰に座ったまま身動ぎもせずに、こちらを見ている。 こちらもふっと息を整え力を抜き、全身で危害を加えないことを見せながら、

 「こんにちは。ごめんなさい、ちょっと前を通らせてね」
 そう声をかけると、静かに立ち上がり悠然と全身を現してくれた。

P8034919カモシカ (443x590).jpg

 「わぁ素敵ね、写真を撮ってもいいかしら?」

 笑ってそう話しかけると、左耳をクルリと回して返事をしてくれた。(下2枚の写真を見比べると、左耳の向きが変わっている。 耳が前を向いている時の内側は真っ黒で、外側は毛色が薄い。) どうもこれがこのカモシカの気持ちの伝え方のように思える。

P8034992カモシカ (443x332).jpg
P8034993カモシカ (443x332).jpg

P8034990カモシカ (443x590).jpg

 最初の写真より緊張感が抜け、堂々としながらも優しい眼差しを向けてくれた。 懐かしい気持ちに包まれたのは、どこか主人に似ていたからか。 そういえば、秋田の家の庭にもカモシカが来ていたことがあった。

 「ありがとう、元気でね。 またね。」
 手を振り先に進むと、振り返り振り返り静かに去って行った。

 P8034928カモシカ (443x590).jpg

P8034927カモシカ (443x590).jpg

 参道を登りきって神社の階段下から来た道を眺めると、カモシカが小さく見えた。
 
P8034935カモシカ (443x590).jpg

 「お〜い!」
 声をかけ手を振ると、キョトンとした顔で振り返り、またあの左耳クルクルの挨拶をしてくれた。 


posted by 山桜 at 00:00| Comment(10) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。