2018年12月25日

小鳥が食べない赤い実、白い実



                      自然観察ランキング

PC258784 (440x660).jpg
ヒヨドリジョウゴ/鵯上戸 の 赤い実

PC258785 (440x248).jpg
センダン/栴檀 の 白い実

赤い鳥小鳥
 なぜなぜ赤い
 赤い実を食べた

 白い鳥小鳥
 なぜなぜ白い
 白い実を食べた

確かそんな童謡がありましたが・・・

 こちらの赤い実、白い実は、冬になっても誰にも食べて貰えず青空に揺れています。
 
 ヒヨドリジョウゴは、ヒヨドリが食べて酔っぱらったように騒ぐなどと言われての命名と聞きますが、ヒヨドリは何を食べてもいつも酔っぱらって騒いでいるような鳥です。 ジャガイモの芽にあるので有名なソラニンという毒を含んでいるので、あの大食漢のヒヨドリさえも特にこの実が好きではないようで、大体干し柿のようにしわしわになって残っています。

 白いセンダンの実は、黄色くなった葉っぱが全部落ちてしまうと、急に目立って、
「あれは何の実ですか?」
とよく聞かれます。 
 こちらもメリアトキシンという毒素を含んでいて、犬なら5〜6個、人間の子供でも6〜8個で死に至ると言いますので、くれぐれも拾って口に入れるようなことの無いようにご注意を! ひからびて寒風に吹かれて果柄から離れ落ちるまでず〜っと冬空にぶら下がっています。

 地面に落ちて転がった頃、たまにツグミが突いているのを見ますが、食べているのかは未確認です。 但し、我が家の庭にも生えてきたということは、何者かが食べて糞の落とし物をして行った筈なのです。 若しかしたら、果実の部分が干からびて、中のタネだけになったら食べられる鳥か何かがいるのかな? いえいえ、人間のあなたは決して食べないでくださいね!


posted by 山桜 at 18:10| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。