2019年03月31日

アマナ/甘菜



                      自然観察ランキング


 日本在来種のチューリップの仲間で、球根(鱗茎)に甘みがあり食用となりますが、今はそんな贅沢が許される程の群生は、東京では滅多に見られません。 

P3310728アマナ (440x660).jpg
アマナ/甘菜 ユリ科アマナ属(APGIIIではまたチューリップ属に?)

P3310724アマナ (440x660).jpg
横から見た姿は、正にミニ・チューリップのようです。
花の下の2枚の小さな葉は、苞葉で下に細長い葉があります。
花の右上を横切っているのがその細長い葉です。
(園芸種のチューリップでも、よく観察すればこの苞葉が見られるものもあります。)

P3310726アマナ (440x660).jpg
ジャノヒゲの葉の中から生えていたので、葉の様子が撮れておらず残念。

P3310727アマナ (440x660).jpg
花被片の外側には赤紫色の条があります。

P3310730アマナ (440x660).jpg
花の中の構造もチューリップそっくりです。


posted by 山桜 at 23:12| Comment(6) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シハイスミレ/紫背菫?



                      自然観察ランキング


 雨上がりの足元にピンク色の小さなスミレが見えて、最初は「ヒナスミレ?」と思いましたが、近づいてよく見ると花の形も葉の形も全然違いました。 葉裏が紫でこのようなピンク色の花、丸い花びら、横長の顔、シハイスミレだと思うのですが、手元の図鑑とは距の形が違うのが?です。 

<2019-03-31 >
P3310783シハイスミレ (440x660).jpg
シハイスミレ/紫背菫?

P3310784シハイスミレ (440x660).jpg

P3310671シハイスミレ (440x660).jpg

P3310669シハイスミレ (207x310).jpg P3310665シハイスミレ (207x310).jpg
横顔、萼片も紅色です。  葉裏の写真も撮っておいたのですが、見事にピンボケでした・・・。
posted by 山桜 at 21:38| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。