2019年05月20日

アケボノスミレ/曙菫



                      自然観察ランキング


 今年はなかなか花を見られずにいたアケボノスミレに、三ツ峠山でやっと出会うことが出来ました。 前日の父の月命日に合わせてお墓参りしたお礼に、Kさんからの月命日プレゼントかな

<2019-05-19 三ツ峠山>
P5191340アケボノスミレ (440x660).jpg
アケボノスミレ/曙菫 
Viola rossii(植物採集家ロッシーの名に因む)

 この澄んだやや透明感のある淡い赤紫色の花から「アケボノ」夜明けの空の名を頂いた美しいスミレです。 花はスミレの仲間の中では大きい方で、花弁に丸みがあるので、ちょっと園芸種のビオラ・パンジーにも似ています。

P5191240アケボノスミレ (440x660).jpg
 
 花は、葉が開ききる前に咲き出すので、ピンク色のエイザンスミレの花と見間違えて見逃されるようで、前を行く誰も気づかず通り過ぎてしまい、呼び止めて知らせたい衝動に駆られます。

P5191152エイザンスミレ (440x660).jpg
 こちらが直ぐそばに咲いていたピンク系のエイザンスミレ。 葉は切れ込みがあるので直ぐに見分けがつきますが、花だけ見たら、ちょっと似て見えるかもしれません。

P5191232アケボノスミレ (440x660).jpg
とは言え、やはりこの淡い赤紫色は独特の個性を放っています。

P5191251アケボノスミレ (440x660).jpg
 後ろに見えるタチツボスミレの青紫色の花と比べてみてください。

P5191168アケボノスミレ (440x293).jpg
 全体の草姿。 スミレサイシンの仲間の柔らかさ嫋やかさを感じます。

P5191332アケボノスミレ (207x310).jpg P5191166アケボノスミレ (207x310).jpg
 蕾の内は赤紫色が更に濃いので、見間違うことは無い代わりに、目立たず見つけづらいかもしれません。
スミレの特徴である、萼の後ろに突き出た距の部分は、太平洋側山地に多い(よって山桜が良く目にする)ナガバノスミレサイシンと同じで丸いお団子状です。

P5191250アケボノスミレ (440x293).jpg
 展開前の葉の様子。 蕾はありませんでした。

P5305176アケボノスミレ (440x660).jpg
 展開しきった葉の様子。 綺麗な心形で表裏に微毛あり。 このように葉が展開しきってしまった株は、残念ながら、もう今年の開花はありません。


posted by 山桜 at 17:28| Comment(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。