2019年08月25日

白谷沢から棒ノ折



                      自然観察ランキング


 山の名前は、麓に住んでいる地域によって表記や呼び方が違うことがあります。 山の向こうとこっちで呼び方が違っていても、昔は何の問題もなかったでしょうし、それぞれの文化は尊重されるべきですし、国境問題や領土問題とは違って、至って緩やかなものです。(地域によって若しかして、根深い食い違いもあるのかもしれませんが…)

 東京都側からは「棒ノ折」と呼ばれる山は、埼玉県側では「棒ノ嶺」と呼ばれており、頂上は埼玉県なのでしょう「棒ノ嶺」の山頂標が立っています。 私は都民ですし、以前書きましたように百軒(本当は百間)茶屋の女将さんに名前の謂れを教わりましたし、昔から呼び慣れているので「棒ノ折」でいきますこと、お許しください。

 さて、降り続いた雨の後で増水してるだろうな・・・と思いつつ、白谷沢から入る棒ノ折の下見に行ってきました。 飯能から乗ったバスの車中、見下ろすと河原が全く無い程に増水した濁流。 名栗湖(有間ダム)こそ静穏な水面でしたが、何処からか流れ込む水の轟音が響いていました。

P8202847 (210x158).jpg P8202857 (210x158).jpg
有間ダム(名栗湖)

P8202938 (210x280).jpg P8202856 (210x280).jpg
ニガクサ            コボタンヅルの実

P8202939 (210x280).jpg P8202940 (210x280).jpg
アカメガシワの実        ヒメヤシャブシの実

 登山口から程なく現れたのは、
P8202864 (443x590).jpg
藤垂の滝?

P8202942 (443x590).jpg
岩肌を飲み込むように流れる沢の水

P8202867 (443x590).jpg
文字通り「ゴルジュ(喉)」に吸い込まれていく激流

P8202874 (443x590).jpg
真っ白に噴き出す天狗滝

P8202875 (443x590).jpg
足元に気を付け、慎重に沢を渡っていきます。

P8202257_2 (443x332).jpg
跳べる時はリズムよくタッタッタッと渡ってしまう方が楽なことも。
(I会長撮影)

P8202876 (210x158).jpg P8202883 (210x280).jpg
これで沢歩きともお別れ      権次入(ごんじり)峠

P8202885 (210x280).jpg P8202886 (210x280).jpg
ヤマジノホトトギス

P8202891 (210x280).jpg P8202892 (210x280).jpg
棒ノ折(棒ノ嶺)」山頂はガスの中 オオバヤシャブシの実

P8202890 (210x158).jpg P8202947 (210x158).jpg 
山頂広場            東屋で一服

4月に高水側から登った時は真っ白な雪で覆われていた山頂には、ススキが高く伸びていました。
P4111031棒ノ折山頂到達1401 (210x140).jpg
今年の4月11日の山頂

P8202898 (210x280).jpg P8202899 (210x280).jpg
マツカゼソウ         苔で覆い尽くされた倒木

P8202922 (443x590).jpg
反対側の沢の勢いは、やや大人しいながらも行く手を阻まれる

P8202902 (443x332).jpg
清東(せいとう)橋へ下る手前の山葵田に噴き出す滝

P8202911 (210x280).jpg P8202912 (210x158).jpg
キヨスミイトゴケ       ワサビ

P8202921 (210x280).jpg P8202951 (210x280).jpg
イワタバコ           フジウツギ


P8202934 (210x158).jpg P8202930 (210x158).jpg
「ちわき」外観         室内

P8202931 (210x158).jpg P8202932 (210x158).jpg
お蕎麦               鮎岩魚の釜飯

「あ〜っ!」
という間にI会長のおしゃもじが返り、鮎はご飯の中に消えてしまいました〜残念・・・
(お蕎麦や釜飯は、単品では頼めず、「〇〇膳」という形で供されます。)

 雰囲気良く、お食事も美味しい「ちわき」でゆっくり休憩も出来、後はバスに乗って帰るばかり…と、「ちわき」を出てバス停に向かう間に、突如、滝の様な雨が降り出し、さぁ大変! 

 P8202952 (443x332).jpg

 バス停にあるのは屋根のあるゴミ集積所だけ。 ザックをゴミ置き場に入れつつ、急いで傘を広げザックカバーを掛け、斜向かいのお家のガレージの軒を借りてバスを待ちましが、バス停にいないのでバスが気付かず通り過ぎてしまわないかと気が気ではありません。 幸い通り雨で、バスが来るころには殆どやみそうになり、バス停に行けたのでヤレヤレでした。

 どうもこのところ、最後の最後で雨に降られます。 まぁ、そういう時期ということなのでしょう。 こんな季節は、本当に油断大敵です。


人気ブログランキング


posted by 山桜 at 23:21| Comment(4) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。