2021年10月12日

ルリタテハの羽化

 今頃、ホトトギスやサルトリイバラの葉の裏を覗くと、黒とオレンジのボディに白い分岐したトゲトゲという派手な出で立ちの幼虫をみつけることがあります。これがあの瑠璃色に光るルリタテハになるのですから、昆虫の変身はミラクルです。

 武蔵野自然観察園には、在来種のホトトギスと繁殖力の強い台湾ホトトギスが生えていますので、ルリタテハが良く産卵に来ます。見学者が観察しやすいように飼育ケースの中で幼虫を育てていますが、私の当番の日、丁度羽化したてのルリタテハに会えてラッキーでした。

 欲を言えば、蛹から出てくるところを見たかったけれど、残念、間に合いませんでした。

ルリタテハ タテハチョウ科 2021.10.11 武蔵野自然観察園
ルリタテハPA113894.JPG
 飼育ケースの中で羽化し蛹の抜け殻に止まって一息。未だ、翅が濡れていて伸びきらずに皺が寄っています。飛ばない内に外の大ケージに食草のホトトギスの枝ごとそっと運ぶ途中、シャワーのようにオシッコを勢いよく放出しました。蛹の中にいた間中、体内に溜まっていた分ですね。大変身を遂げた細胞の老廃物と思うと神聖な気持になりました。

ルリタテハPA113910.JPG
大ケージの低木に枝ごと移すと、お日様を浴びて気持ちよさそうに翅を乾かしています。

ルリタテハPA113919.JPG
まだ飛ばないのをいいことに、そっと正面から失礼・・・『大人の眼になって初めて見る人間、怖くないでしょ』なんて、片手で枝を持っている私の方がビビってピントが甘いです(。。;)

ルリタテハPA113923.JPG
羽ばたきをする度にぐっと翅に力が入り、皺もグンと伸びていくようです。樹液などを好む蝶なので、翅裏は樹皮に似た模様ですが、表は美しい瑠璃色のラインが目立ちます。 
ルリタテハPA113922.JPG

ルリタテハPA113925.JPG
飛んでいるときは、雄雌がお互いを見つけやすい色合いで、且つ、上から見る天敵の鳥などには見つけづらい配色なのかもしれません。

ルリタテハPA113905.JPG

ルリタテハPA113926.JPG

ルリタテハPA113927.JPG

ルリタテハ 終齢幼虫
ルリタテハPA113896.JPG
室内だったのでリングライトをあてて模様はハッキリ見えますが、
ルリタテハPA113897.JPG
実際の色はこちらの方が近いです。

 ホトトギス、サルトリイバラの他に、ユリの仲間の葉も食べますので、意外に気を付けて葉裏を探せば都会の庭などでも幼虫を見ることができます。家にそれらを植えられている方は、是非、探してみて下さい。


人気ブログランキング 
posted by 山桜 at 11:42| Comment(2) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする