2008年10月16日

祝「きのこ」の日

 昨日、10月15日は「きのこの日」だったことを酒徒善人さんのブログで教えて戴き、急遽、H先生のご協力を得ても写真だけでは名前が全判明しないまま、諦め放置していたキノコ写真を広げてみる事にしました。

 ハッチ先生のレンジャーガイドウォークと一人散歩中に集めた写真です。
(2008年 9〜10月)

gs08-09 042.jpggs08-09 031.jpg
        gs08-09 006.jpg
 フクロツルタケ (上左・卵型の壺の断面 上右・幼菌 下・成菌)

gs08-09 041.jpggs08-09 040.jpg
  ベニヒダタケ?        ヒイロダケ 
          gs08-09 030.jpg
             カレバキツネタケ?   

   gs08-09 035.jpggs08-09 036.jpg
      フクロツチガキ? (左・幼菌 右・老菌/真中欠損)

   gs08-09 034.jpggs08-09 033.jpg
      シラタマタケ (右・断面 ゼリー状の粘液が見られる)

   gs08-09 039.jpggs08-09 038.jpg
                    アマタケ

   gs08-09 032.jpg
                 キニガイグチ(黄苦猪口)

   gs08-09 029.jpggs08-09 028.jpg
                  ヒメカバイロタケ

   gs08-09 026.jpggs08-09 027.jpg
             ?

gs08-09 001.jpggs08-09 004.jpggs08-09 005.jpg
 コガネキヌカラカサタケ     ?        ?
(ぼうっとそこだけ金色に光ったような…)

   gs08-09 002.jpg
           ↑↓ シロハツモドキ(老菌)
   gs08-09 003.jpg

   gs08-09 016.jpg
             カワラタケ(瓦茸)

gs08-09 009.jpggs08-09 010.jpggs08-09 011.jpg
       ?             ?               ?

   gs08-09 012.jpg
     ドクベニタケ(辛い) or ベニタケモドキ(辛くない)

gs08-09 013.jpggs08-09 017.jpggs08-09 018.jpg
       ?            ?                  ?

   gs08-09 014.jpggs08-09 015.jpg
                 ?

   gs08-09 019.jpggs08-09 020.jpg
           キツネタケ
       gs08-09 022.jpg
                ?
       

   gs08-09 021.jpggs08-09 037.jpg
          アイゾメクロイグチ(藍染黒猪口)
    (手で触れた所から、どんどん色が変わっていきます。)

   gs08-09 024.jpggs08-09 025.jpg
      ツネノチャダイゴケ       ハタケチャダイゴケ
(小さなツボツボが開くと中から白い碁石(左)と黒い碁石(右)が!)

   08-10 007.jpg08-10 008.jpg
         アラゲキクラゲ(荒毛木耳)
    (干して売られている国産品は大抵この木耳です)

 そして…
 25年に一度ほどしか発見されない幻のきのこ(ハッチ先生談)を大発見!
       08-10 018.jpg
           カキノミタケ(柿の実茸)
       (タヌキのタメ糞の中の柿の種に発生していました。)

 動物や鳥の糞の中には面白い情報が盛りだくさんなので、思わずしゃがみ込んで夢中で観察してしまいますハートたち(複数ハート)

 たっぷりと雨が降り続いた後、お天気が良くて気温が上がったらお近くの野山に出かけてみて下さい。 面白いきのこ達にあえますよ!


banner_04.gif ←ポチッとクリックの応援、ありがとうございますぴかぴか(新しい)


ラベル:菌類 きのこ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(20) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さまざまあるのですね〜。
キノコ狩りにでかけえらい大きなキノコを見つけ、何かわからぬまま毒キノコではないだろうと調理、どうもシロタケというものらしかったです。全然おいしくなかった。
山桜さんこの記事の載せられた時間、0・00とありました。意識なさって?
キノコと一緒ぐらい驚きました。
Posted by 蜆子 at 2008年10月16日 22:00
こんばんは
キノコ好きなわたしです。
毒茸は可愛いのと光るのが特徴だそうですね。
ふふふふふ、光っておるのがありますね〜〜
それにしても森の中と言うのは面白いところですね。

木耳ですけど、はたち頃、「生き・くらげ」というものをかいました。水につけても黒いまま。
へんやなーなんで透明にならへんの、とアタマに???が飛び交っていたのですが、帰宅した母にそのことを言いますと、めちゃくちゃ笑われました。わたし、てっきり「イキ・くらげ」だと思っていたのですが、これ「ナマきくらげ」だったのです。・はただの印刷の汚れでした。
いややな〜〜ニホン語は〜〜
Posted by 遊行七恵 at 2008年10月16日 22:02
すんません!
キノコを見ずに手相が気になってしまいました。
Posted by 酒徒善人 at 2008年10月16日 23:50
スゴイ資料ですね。

キノコ・・・奥が深そうで、、、でも判りません。
滅多に触るな、口に入れるな、と言われたことが
今でも響いています。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2008年10月17日 07:54
◆蜆子さん、おはようございます
 
>えらい大きな(白い)キノコ

 というと、オニシロタケ辺りでしょうか…
毒キノコでも食キノコでも無い、でも見た目ド迫力いっぱいで、
とても魅力的、見つけると嬉しくなるキノコの一つです♪
大きくて、傘が開く前はまるで太鼓のバチみたいですよね。

 投稿時刻設定を無しにしていると、全部0:00になるのですが、
何か、今日と云う日にその事に触れて下さったことが不思議です^^
Posted by 山桜 at 2008年10月17日 10:34
◆遊行七恵さん、おはようございます
 キノコ好きな方にご覧いただけてキノコも喜んでるようです^^

>毒茸は可愛いのと光るのが特徴だそうですね。

 これはキノコと通じ合える人だけに送られる秘密のサインかも?
キノコ語が分からない人は、どうかこの特徴は用いないように〜

 「生き・くらげ」は八百屋さんでは売ってないかと〜(笑)
(中点が絶妙に「生き」てますなぁ!)
いやいや「シー・モンキー」の類もありますから、アナガチ??

 乾燥木耳では『なんで、木の耳?』の状態ですが、こうして
生で木に生えている状態なら納得ですよね。
この産毛の生えた感じがまた何ともリアルで、
 「モシモシ〜」
って耳元に囁きたくなります。
Posted by 山桜 at 2008年10月17日 10:45
◆酒徒善人さん、おはようございます
 「きのこの日」教えて戴きありがとうございました!

 手タレは同行した子供さんとH先生でございますが…
天下でもとりそうな相が出てましたか!?
Posted by 山桜 at 2008年10月17日 10:49
◆鎌倉とんぼさん、おはようございます
 うろ覚えな数字ですけれど(最近ホント記憶力が…)日本には
約4,000種のキノコがあり、その内名前がついているのは約2,000種程で、
残り半分は、本当に新種なのかどうか判別されぬまま名前も貰えずに
いるのだそうです。

 それでは私が図鑑をひっくり返して名前が分からなくても
仕方ないですよね…(逃げ^^;)

 H先生によると、触っただけで危険なキノコは日本では一種、以前中毒で
有名になった、真っ赤な「カエンタケ」だけそうですが、アレルギーや
虫さされの危険性もあるにはありますから、過敏な方は用心するに
越した事は無いです。

 食欲を刺激するような、い〜い香りのキノコもあるので、ふらふらと
誘われますけれど、やはり生半可な知識で食べる勇気はありません(><)
Posted by 山桜 at 2008年10月17日 11:00
      
 やっぱり森の中は、どこまでも遊園地♪ 見ているだけで楽しいです-☆
キャンディーの様に可愛らしいのから、毒っぽい?^^;ゞものまで・・・
本当に凄い! 珍しいものばかり@@ 名前の付け方も面白く、殆ど初耳です。

 こんなに真剣に観察していると、キノコ菌に感染(しない^^)しちゃいそう!
そのうち新種を発見して、「山桜カラスウリ茸」な〜んて命名されるかも?▽^;
Posted by メダカの目 at 2008年10月17日 17:40
 こんばんは キノコの日あるんですね。
私は昨秋、初めてキクラゲを見て感激しました。木に生えていたのですもの。そして、今年春先には、ツバキノキンカクチャワンダケという椿の花に生える小さな茶碗の形をしたキノコを見ました。たまたま、私もH先生に教えてもらいました。山桜さんと同じ先生かしら?
Posted by 虫こぶ at 2008年10月17日 19:31
これだけ キノコが並ぶと
壮観ですよね。
本当に 凄い〜!!!
Posted by 青い流れ星 at 2008年10月17日 22:47
◆虫こぶさん、こんばんは
 あらっ「椿菌核茶碗茸」、私も今年? あれ去年かな…
春の里山自然観察会で教えて戴きましたよ! このキノコの
生えている土壌には、必ず椿の花が長年堆積してるんでしたね。
掘り起こしたら、ちゃんと椿の花に繋がってましたっけ。

 その時に、あ〜何の木だったか…珍しい虫こぶも教えて戴き…
普段入れない場所でカタクリやアマナの花を見たり、アケビの結実を
よくする為には、クローンじゃない別個体が近くにないと…
なんて話で盛り上がったんですけれど…。 

 虫こぶさん、若しかして、同じ観察会に参加してらしたのでは??
虫こぶさんにはお会いした事があるような気がしてならないのです^^
Posted by 山桜 at 2008年10月18日 18:32
◆青い流れ星さん、こんばんは
 実は〜これでも、まだまだ半分も出してないんですよ〜
あんまり多すぎても皆さんゲンナリかな〜と思いまして…^^;

 小一時間で回れるような範囲だけでも、これだけの種類の
キノコが生えているのですから、日本の野山はまだまだ
本当に豊かです。 この環境を保持して下さっている方々に
大感謝です!
Posted by 山桜 at 2008年10月18日 18:36
自分の人生最大のきのこでの驚きと出会いはノウタケです。
なんか事件でもあったのかと(笑)
Posted by ひらりん at 2008年10月20日 11:13
◆ひらりん、おはよう
 私が最初に見た「ノウタケ」は、もう、皺皺で本当に
小動物の脳味噌そのもの! 知らずにあれを見たら、

「何!? 事件!!」 (゚Д゚;ノリ

って思うよねっ

 それが最近、どうもふっくらのっぺりした脳茸しか見ないの。
日が経っても皺が寄らずに段々溶けてなくなっちゃうし…
ナンデダロウ??
Posted by 山桜 at 2008年10月20日 11:21
  
 ずっと見ていると、海の中に居るような不思議な錯覚になります^^。
 
Posted by メダカの目 at 2008年10月20日 20:10
ノウタケの新たな進化系でしょうか。

北海道の友人にベニテングを送ってもらいました。
今年は豊作だそうで。
毒抜きして食べて…生きてます、友人。
怖いことします('A`)
ブログに小太郎とベニテングの写真を載せました。
Posted by ひらりん at 2008年11月01日 06:32
◆メダカの目さん!
 うわ〜っ、こんな嬉しい素敵なコメントにお返事しないままに
なってしまっていて、本当に申し訳ございません!<( _ _ )>

 茸や菌類を集めて眺めていると、あのナウシカの研究・実験室を
思い出します。 ポニョのカンブリア紀の海の世界ともダブりますね〜
Posted by 山桜 at 2008年11月04日 10:05
◆メダカの目さん!!
 あああっ、今、見直して気付きました〜( ̄口 ̄;)ガーン!

 私、その前のコメントにも、次のコメントにもお返事書いた
記憶があるのですが、こちらに反映されていないのですね!
嗚呼、それで以前、メダカの目さんがコメント内容を気に
していらしたことに、ようやく合点がいきました。

 大変失礼致しました。 心よりお詫び申し上げます。
どうも頭ふわふわしていて、ダメですね…しっかりしなくては!

 キノコは、判別・同定が難しいこと、毒○○茸モドキ・
○○茸ダマシ・ニセ○○茸…なんて命名をみてもその悩み?を
想像して、思わず苦笑してしまいます。 

 「山桜カラスウリ茸」って、魅惑的な名前ですね〜
どんなキノコかと想像するだけでも、暫し陶酔の世界に
浸れます…゚・*:.。(*´∀`)゚・*:.。.・*
Posted by 山桜 at 2008年11月04日 10:16
◆ひらりん、おはよう
 お返事遅くなり、申し訳ございません! <( _ _ )>

 ベニテングダケ、いいよね〜♪ 初めてあれをこの目で
見た時は、ディズニーの森の白雪姫になって、両手を胸で組み
 "Oh,it's adorable! So cute!"
と踊り出しそうになったよ〜(笑)

 ベニテングは見た目ほどには強い毒ではないようよ。
今、身震いするほど怖くて見てみたいのは、真っ白な
「死の天使」ドクツルタケ(猛毒)。。。 あ〜ダメダメ!
ひらりん、取り寄せたりしないでよ〜 いらないからね〜(><)
Posted by 山桜 at 2008年11月04日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。