2009年04月10日

イチリンソウ開花

            090408_170318_Ed_M.JPG
              4月8日の蕾

 それから2日後、
小さかった花弁もさらに大きくなって…イチリンソウのお目覚めです。
     090416_085525_Ed_M.JPG090416_085600_Ed_M.JPG

 イチリンソウはお日様を感知するレーダーのようで、光が差すと
花を開き、少しでも曇ってくると花を閉じてうな垂れてしまいます。
また、お日様を追っているのか、花の向きも刻々と変えています。
      090410_122705_M.JPG
      090410_123019_M.JPG

 スプリング・エフェメラル… 春のほんの一時だけ姿を表して
跡形も無く地上からは消えてしまう春の幻のような花ですけれど、
その短い日々を有効に生かす為に、実に巧妙な技を備えている
ようです。


posted by 山桜 at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気品のある花ですよね〜
ここんとこ慌ただしくしていて・・・まだ見ていないようなf(^^;)
どんな技をそなえているんだろうか?
日々有効に生かすために、教えてほしいもんだ(笑)

Posted by とく at 2009年04月18日 01:00
◆とくさん
 本当に楚々として可憐で品があってウットリしてしまいます。
 英語ではこのアネモネの仲間のことを「ウインド・フラワー」
と呼びますが、僅かな風にも揺らぐその姿は正にその雰囲気ですね。

 一番好きな季節だけ短気集中で葉を広げ養分を取り込み、
花を咲かせて子孫を残し、ちょっと暑いな…と感じると、もう
あっという間に跡形も無く撤収! 残りの月日は地中深く潜って
深い眠りに落ちる…春しか知らない人生。とくさん、こんな暮らし
お好きですか^^;
Posted by 山桜 at 2009年04月18日 19:40
清楚な花ですねえ。桜もやっぱり一重かなあ。それに山桜。山桜が一番気品がありますね。あなたも・・・お習字は、どうぞお気軽に・・・
Posted by 山口ももり at 2009年04月19日 06:59
か わ ゆ い♪♪
o(⌒0⌒)o

今年も咲いたのね、イチリンソウ。。。

o(⌒▽⌒)oいやされるう〜♪♪
わ〜い♪♪
Posted by やゆよ at 2009年04月19日 16:26
◆ももりさん
 桜もクス玉ぼんぼん飾りのような八重桜の季節になりましたね。
今日の自然観察会であれも桜だと教えると、子供はビックリ
していました。 全然違う花だと思っていたようです^^;

 お習字、とってもわくわく楽しみにしているのに〜(゜―Å)
次々にやらなくてはならないことが持ち上がって先延ばしに
なってしまっています。 こういう性格の私にはやはり
決まった曜日・時間という枠が必要のようで…
どうか呆れず見捨てずにご指導お願い致します〜<( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2009年04月19日 18:45
◆やゆよん
 今日も自然観察会から戻って庭のイチリンソウが揺れるのを
ぼんやりと見て、一日の疲れを癒して貰ったよ〜

 半袖で湖の風に当たりすぎて、ちょっと風邪っぽいかなぁ…(*。*)
Posted by 山桜 at 2009年04月19日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。