2009年04月26日

式と手打ちうどん

雨上がりに萌え上がる若葉に包まれた里山の谷戸にある集会所。 上手に鳴けるようになったウグイスの声が響く中、山桜所属団の入団(兼進級・修了)式が執り行なわれました。

    gs09-04 028.jpg
 

 幼稚園時の仮入団の日から12年余り、あの頃未だ低学年用の制服がブカブカだった幼くあどけない姿のケロロンが、今は最上級となって修了証書を授与されて…様々な思い出が走馬灯状態に甦り感慨無量でした。

 でも、そんな日のあんな日のケロロンの姿を思い出させてくれる子供達が、今も私の目の前には沢山いてくれます。 泣いてなんていられませ〜んぴかぴか(新しい)

 さぁ、式の後は地域伝統食のうどん打ちの始まりです。
今回は時間の都合で地粉・塩・水をあらかた纏める所までは保護者の方々に手伝って戴き、もう一度良く捏ね、それを米袋の中に入れたら、踏んで踏んで踏みまくって米袋いっぱいになるくらいに広げます。武蔵野うどんは水が少なく固いので、特に体重が軽い子供にとっては大変です。 お嫁さんが子供を背負って踏むくらいなのですから。

 袋から出したら、今度は麺棒に巻きつけては真中から外へ向って薄く広げていき、折りたたんで細く切っていきます。 茹でると1.5〜2倍ほどに膨らむので、薄すぎる?細すぎる?と思う程にしても丁度良い位です。 
   gs09-04 021.jpggs09-04 018.jpg
 細いの太いの縮れたの真っ直ぐ揃ったの柔らかいの固いの…それぞれに個性的な麺が打ちあがりました。
 さぁ、外では釜の湯がいい具合に沸騰してきたようです。

 ぐらぐらに湧いた湯の中にほぐした麺をさ〜っと投入! 強い薪の火力で湧き上がるこの激しい湯の対流が美味しくうどんを茹でる秘訣なのです。 今でも薪と釜で茹でているお店がありますよ。
    gs09-04 027.jpg
 うどんのいい香りが立ち上り、う〜ん、美味しそう〜〜!!

    gs09-04 026.jpg
 茹で野菜や精進揚げに薬味を添えて、糧うどんの出来上がり!
つけ汁は武蔵野名物「肉汁」(温かい豚バラ肉入りの汁)で〜す♪
(あらら、未だ運ばれてなくて写真には無し、ごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)


人気ブログランキングへ ↑現在120位。 応援クリック、ありがとうございます晴れ


posted by 山桜 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 青少年活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 う〜〜ん、なんて美味しそうなんでしょう♪
あの独特の香りが立ち、思わずゴックン!してしまいました^^¥

 お嬢さんもお母さんも感無量だったでしょうね。
愛おしくてたまらない、生涯の宝物の一つですね?!
 ガスコンロではない分、火加減が思うように調整出来ないから、
ここは差し水が必要ですよね?。? 武蔵野名物の肉汁も食べた〜い!^^
Posted by メダカの目 at 2009年04月28日 20:44
◆メダカの目さん
 そうなのです〜あの地粉特有の小麦の香りがタマラナイのです!
パンも真っ白なふわふわパンより、ちょっと地黒な小麦の味の
するパンが好きです^^♪

 はい、ケロロンは勿論、ずっと見守って来た、これからも
見守っていく団の子達も、私のそして日本の大切な宝物です!

 さすがお料理名人のメダカの目さん、よくお分かりです!
差し水もとり水も必要なので、お水部隊はボウルやお鍋に
水を汲んでいったりきたりです^^;

 「肉汁」は丁度「鴨つけ汁」の豚バラ版といった感じです。
豚の脂が麺に絡み、葱の香りと相まって…あ〜、夜中なのに
又お腹が…(><)
Posted by 山桜 at 2009年04月29日 02:17
山盛りのうどんと野菜ですね〜
美味しそう^^
この様な様々な経験が出来るのは
現代では貴重ですよね。
私も麺を切ったことがありますが
太さがめちゃめちゃで皆に大笑いされました><
性格が出ますわ〜
Posted by さかもっちゃん at 2009年04月29日 07:16
子供達が嬉々としてうどん作りをしている様子 写真から伝わってきます。 山桜様の団での活動からは体もお腹も頭も充実し 心まで温かくなる教えを頂いた事でしょう。
我が子たちも入団させたかったです。(手遅れ)
うどん 色々に楽しめ おいしそうです。(ゴックン)
Posted by チャチャ at 2009年04月29日 10:07
◆さかもっちゃんさん
 集会所のお皿の種類が限られているので、うどんが溢れそうに
なっていますが、この他にお代わり出来てお土産に持ち帰られる
程たくさ〜ん出来上がって満足(○^0^○)満腹でした♪♪

 この環境で多くの方々の協力を得て様々な体験が出来るのは、
本当に幸せなことと思います。 お掃除で臼と杵が出てきたから
今度はお餅搗きをしましょう!という申し出もあり楽しみです。

 小さな子でも、とても几帳面に冷麦?と思う程細く綺麗に
コツコツと切っていたり、大人でも指?(笑)みたいに切って
自分でも大笑いな人もいましたよ〜(*^▽^*)
別々に茹でるのは大変ですけれど、それぞれに美味しいのが
手作りの良さですね!
Posted by 山桜 at 2009年04月30日 09:18
◆チャチャさん
 ありがとうございます。 そんな風に言っていただけて
とても嬉しいです〜(゜―Å)

>我が子たちも入団させたかったです。(手遅れ)

 ケロロンが小学生の頃はポスター貼ったりチラシを配ったり
公民館に置いてみたり、私も色々広報活動をしていましたが、
この頃は団委員会にお任せのまま…最近、『どこでやってるの?』
『全然見かけないけど…』『知ってれば入れたかった』なんて
云われること多くて、凹んでいます。 
あまり効果が分からなくて停滞中の団のブログの更新もしっかり
頑張らなくっちゃいけませんね〜(><)
Posted by 山桜 at 2009年04月30日 09:51
美味しそうなうどんですね!
麺類大好きです。
「手打ち」という文字を見ただけで,
なぜかワクワクしてしまいます。
Posted by 酒徒善人 at 2009年05月02日 16:10
◆酒徒善人さん
 武蔵野うどんはうどん好きな人なら、きっと嵌ってしまう
美味しさだと思いますよ〜 ただ水分が少ないので柔らかに
伸ばせるまでに打つのはなかなか大変です(><)

 しかし市内にはへそ曲がり?なお店があって、最近、
讃岐うどん部門?である雑誌の「横綱」に選ばれたそうな。
その店のロケーションがまた鄙びた民家の庭先で里山を眺めながら
ツルツル〜が出来ていいのですよ〜♪ オマケに安い!!
ここいらは、うどん喰いには天国です^^
Posted by 山桜 at 2009年05月07日 19:30
手作りは、それを戴けば美味しさが分かるように思いがちですが、
本当の美味しさは手作りした本人達にしか分からないでしょうね。
そして、美味しいと感じたら、次に美味しい物を戴いた時に
作って下さった方の一所懸命が腑に落ちる。

本当の「いただきます」に「ごちそうさま」
ありがとうございました。
Posted by 天狗 at 2009年05月20日 21:49
◆天狗さん
 なんと言っても実際の経験は人を育てますね。
これはバーチャルでは決して得られないものだと思います。

 食前食後の祈りには、何種類もの歌があるのですが、この頃人気は、

 たなつもの もものきぐさもあまてらす ひのおほかみのめぐみえてこそ

 あさよいに ものくうごとにとようけの かみのめぐみをおもえよのひと

 なのですよ^^ 言霊に力がありますね。
Posted by 山桜 at 2009年05月21日 09:24
本居宣長さまですね。
Posted by 天狗 at 2009年05月21日 18:36
◆天狗さん
 はい、仰せの通りにございます^^♪
子供の柔らかな感性は、古めかしい言葉でも本質を受け取って
くれますね。
Posted by 山桜 at 2009年05月21日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。