2010年02月25日

ゲレンデ独り占め

10-02 025.jpg
10-02 024.jpg 
 
 稜線に日が沈みかける頃、リフト運行が次々と終わり
 急速に気温も下がってくると、スキーヤーの姿も雪山の
 影に吸い込まれるようにいつの間にか消えてゆき、広い
 広いゲレンデを独り占めの贅沢な時間が訪れます。

 誰も居ないゲレンデを自分的にはギリギリの速さに挑戦
 しながら滑り降りる高揚感は、ちょっと癖になります。
 勿論、傍目にはどうってことないスピードなんですけど、気分だけ
 なんちゃってアルペン・スキーヤーるんるん 命がけのコースに果敢に
 挑戦していく選手の気持がホンノ少し分かるような気がします。

 色々な国の人とゴンドラやリフトで一緒になるので、オリンピックの
 話題はちょっと気をつかいます。 どこの国の選手でも、4年毎の
 祭典に照準を合わせ厳しい練習を重ねてきた選手たちが、全力を
 発揮して悔いの無い晴れやかな笑顔を沢山見せてくれますよう、
 その為にもフェアなジャッジがされますよう祈るばかりです。
 
  


ラベル:スキー
posted by 山桜 at 21:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゲレンデ独り占めで滑降できるほどのスポーツウーマンなのですね。
本当に運動神経がおありになるのですね。羨ましい、ゲレンデに一人になったらおいてけぼりかもと恐くなるものとは大違いです。
今冬はたくさん楽しまれたのでしょうか?
Posted by 蜆子 at 2010年02月26日 09:34
◆蜆子さんへ
 このスキー場は殆どホテルのプライベートゲレンデのような所で
元々空いていますし、一刻も惜しんでガンガン滑るようなスキーヤーも
殆ど居ないので、ちょっと待てば独占です^^;

 その昔、初めてのスキー場でゲレンデ上に1人取り残され、体が冷え
泣きそうな所に現れたのが今の主人です。 どうも王子様に見えて
しまったんですね。 運命でしょうか…(苦笑)

 若い時は毎週のように出かけたこともありましたが、今は年一度、
白銀の斜面を堪能する至福の時です。
Posted by 山桜 at 2010年02月26日 15:23
わあo(⌒▽⌒)oきれいね。。。
寒さを忘れちゃいそうだね。

スキーからお帰りなさい(*^^*)
コメントのお返事まで気を使ってくれてありがとう。
そうね〜スポーツはビジネスというか利権と
関わっていると思っているので一線引いて見る事にしているよ。

でも、まおちゃんのあの根性はいいね。大好きなタイプ。
歴史更新には必ずライバルがいるっていうけど
そういう二人なんだと思います♪♪
Posted by やゆよ at 2010年02月26日 16:24
◆やゆよんへ
 ただいま〜 慌しく出掛けてしまってごめんなさいね。

 スポーツは形を変えた国威発揚擬似戦争という側面も
忘れてはいけないんだろうね。 一緒になって熱くなるべきか
少し引いて冷静に見るべきなのか…。 国民が元気になって
経済に活気も出る為には前者だろうし、外交や同じ経済でも
状況を分析して先を読み行動する為には後者なのかな。

 本当に、純粋に真央とヨナのライバルが同じ土俵で公正に
勝負出来たらどんなに良かったろうと思うと大人の駆け引きに
翻弄されて哀しいよ…。
Posted by 山桜 at 2010年02月26日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。