2010年03月06日

河津桜

   10-03.jpg

 昨日の初夏のような気温の中、散歩道の公園の河津桜が咲き出しました。 他の桜に先駆けて咲くこと、やや濃い桜色、ふっくらと大きい花で最近急速に人気を集め、各地に植栽が広まっています。

「寒緋桜(カンヒザクラ)」と「大島桜(オオシマザクラ)」の自然交配種と云われ、伊豆の河津町で原木が発見されました。 両親のイイトコ取りの美人さんですね。

 長らく染井吉野に偏ってきた日本の桜品種ですが、このところ急速に色々な品種が増え、その性質から交配親を遡って想像する楽しみも増えました♪ 早咲きで濃い目の花色の系統は、大体この河津桜の一方の交配親「寒緋桜」の性質を受け継いでいるようです。



「寒緋桜」
kanhi.JPG  沖縄に自生種あり。
 早咲きで沖縄・九州南部では1月に咲き、
 別名「元日桜」。
 花色は濃い紅〜白色まで幅があるが
 濃い紅色が名の由来。
 花が下向きに咲く特徴は人気交配種にも
 受け継がれている。
 緋寒桜(ヒカンザクラ)とも呼ばれるが、
 彼岸桜(ヒガンザクラ)と紛らわしいので、
 最近は寒緋桜の呼称が主流に。
 

「大島桜」
large_sp_oshima.jpg 伊豆諸島原産の野生種。
 カスミザクラの海岸型・島嶼型と云われる。
 大きな白花、潮風に負けぬ丈夫な性質。
 葉・花に芳香(クマリン)があり、葉の表面に
 細毛がなく滑らかで塩漬は桜餅などに利用
 される。


posted by 山桜 at 23:58| Comment(18) | TrackBack(0) | さくら・桜・櫻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
散歩道に寒桜、いいね〜
濃い目のピンクがかわいいね♪

いつもきれいな写真ありがとう
Posted by ☆そら☆彡 at 2010年03月07日 10:13
五日に上野公園を歩いていたら桜が咲いていました。
これもきっと河津桜ですね。
色も濃いめの艶やかさ。
一歩先に春と出会えたような気持ちになります。
Posted by キミ at 2010年03月07日 10:53
うちも河津桜を植えたんです。
温泉宿で苗を分けてもらったんです。
大きな鉢に入れて南側に置いいておいて
そうしたら・・・ある日、枯れていました。
土に大量の除草剤を入れられていました。
南側の家の親戚の方の仕業。

思い出しても腹が立つ。。。あ、失礼。

Posted by 爽子 at 2010年03月07日 15:52
◆そらっちへ
 公園が意欲的にリニューアルされ続けていて、いろんな桜の
品種も集めて植えてくれ、少しずつ咲いていくのを見るのが
楽しみなんだ〜♪ 枯れた染井吉野の後釜が新しい品種に
変わって行ってるのかもしれない。 桜の人気も世につれ…だね。
Posted by 山桜 at 2010年03月07日 16:27
◆キミさんへ
 一昔前は早咲きの桜といえば寒緋桜で、桜とは云うものの、
いわゆる桜の花とは違う釣鐘状で色もいかにも南国の鮮やかさ。
『あ〜桜の花が咲き出した…』という風情ではなく人気も
いまひとつでした。 

 河津桜は久々の桜界のアイドルですね☆
Posted by 山桜 at 2010年03月07日 16:33
◆爽子さんへ
 大量の除草剤って…酷いなぁ…犯罪行為ですよね(><)
それでもご近所さんだと事を荒立たせるのも面倒ですし、
ホント、ご近所さんは選べないので困ったものですね。

 桜は大きくなりますし、毛虫はつくし花も葉も実も大量に
散りますし、何かとトラブルメーカーなので私は庭には植えず
専ら借景で楽しんでいます^^;
Posted by 山桜 at 2010年03月07日 16:37
駅に行く途中、道路沿いのお家に見事な寒緋桜があります。
青空を背景に咲く枝の花々も楽しめますが、アスファルトの上に散った濃い緋色の絨毯の見事なこと・・毎年の楽しみです。
先日、その散った花を集めてお土産?に持って来てくれた小さな女の子がいました〜。
思わず手にしたくなる可愛い花ですよね。

河津桜はなるほど両親の、いいとこ取りなのですね〜。
Posted by きえ at 2010年03月07日 23:23
◆きえさんへ
 毎日中央線で通っていた頃、東小金井のホーム沿いで突然
真っ赤に咲く寒緋桜の鮮やかさに目を奪われました。 
「桜」というと少し趣が異なりますが、近くで見ると
紅花常盤万作のような色合いで小さな侘介椿のような
可愛らしいお花ですよね。 集めてお土産にしたい気持、
よく分かります♪ それを喜んでくれそうなきえさんを
思い浮かべながら…^^
Posted by 山桜 at 2010年03月08日 08:51
 遠目には、梅の花をも想わせる趣がありますね。 可愛らしい-☆
実は明日、鍋島邸の「寒緋桜」を見に行く予定ですが、盛はすっかり過ぎ、雨の
予報><; もし残念な結果でも、こちらで一足早いお花見♪をさせて頂きました。  
Posted by メダカの目 at 2010年03月08日 14:00
◆メダカの目さんへ
 丁度いい頃合の苗木が育ってきた頃なのか、新しく植栽された
桜並木には河津桜が多く、まだお花見には寒い気候ですのに
ピンク色の花弁がそこここで風に揺れています。

 こちらでは親の寒緋桜の方が少し開花が遅く、蕾が膨らんで
来たところですが、また冷え込んで縮みこんでしまったかも…

 雨続きの空が恨めしいですね…あ〜した天気になぁれ!
私も水曜がお茶会なので何とか晴れて欲しいと願っています☆
Posted by 山桜 at 2010年03月08日 20:38
さくらん、こんばんは〜o(⌒▽⌒)o
イイトコ取りの美人さん。。。
ほんと、そんな感じだねっ☆

花びらが繊細でサクラらしいな。。。
これから少し寒いみたいだけれど
お花たちはどう過ごすのだろう。。。
Posted by やゆよ at 2010年03月08日 22:30
◆やゆよんへ
 おはよ〜! 今日もなんだか肌寒いのよ〜(**)
一度初夏の陽気を味わってしまったせいだか、そんな中でも
半袖の子達がいてビックリ! あ〜でも小学生の頃は私も
一年中半袖で登校して、そのまま持久走。 体を温めてから
教室に入る約束になってたっけ…子供は風の子ってことかなぁ

 寒そうだけれどお花達は意外と強いから、却って長く咲いて
くれて私達は楽しめるかな〜ただ雨ばかりだと受粉できずに
折角咲いた甲斐がないよね…メジロやヒヨドリに頑張って貰おう!
Posted by 山桜 at 2010年03月09日 08:53
もうすぐ寒緋桜が咲くかと待っていたら,
急に冬に戻ってしまいました。
N盆地は雪は降らなかったのですが,
峠を越えた宇陀は雪が降っているようです。
Posted by 酒徒善人 at 2010年03月10日 18:38
◆酒徒善人さんへ
 一昨日から降り続いた湿り雪とみぞれで昨日のお茶会が
危ぶまれましたが、なんとか雨装備で固めて着物で行くことが
出来ました。 お茶会はとても楽しかったですが、ちょいと疲れ気味…。
鎌倉の大銀杏(黄金色のイメージ)が倒れてしまい、波乱含みの春、
気持を引き締めていかねばと思っています。
Posted by 山桜 at 2010年03月11日 09:04
日本では一年中を通して、何らかのサクラが何処
かで咲いていると聞きました。勿論 桜の花です。
何処かの“サクラ”ではありません。
ユックリと桜を愛でてみたい心境です。

なんかワサワサとするニュースばかりで、人も多く!
まぁ 我が儘です。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2010年03月11日 18:36
◆鎌倉とんぼさんへ
 鶴岡八幡宮の倒れてしまった大銀杏の階段を挟んで反対側の
斜め上の辺りににこの河津桜が咲いていたと思います。
きっと夜明け前、静かに倒れ行く大銀杏を、見守りお別れを
遂げたことでしょう…。 寂しいことですね。 あの銀杏の
聳えない鶴岡さんは想像ができません。
Posted by 山桜 at 2010年03月11日 21:33
ご無沙汰しております。

これからは、本格的な桜の季節ですが、
私的には、イチゴの花に
トマトとメロンの花を愛でる
日々が続きそうです(^-^)
Posted by ふじ(じゅんぺい) at 2010年03月14日 02:03
◆ふじさんへ
 ちょっと旅に出ておりまして、お返事遅くなり申し訳ありません。
行きも帰りも、新幹線の窓から美しい富士山のお姿拝みましたよ。

 美味しい実のなる花の愛しさはまた一入ですよね^^
愛でるついでにちょちょいと受粉のお手伝いもしてしまいます♪
Posted by 山桜 at 2010年03月17日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。