2010年04月16日

桃と巳

10-04 017.jpg
10-04 038.jpg

 今年の4月16日は旧暦の三月三日「上巳の節句=雛祭=桃の節句」です。 新暦3月3日「雛祭」の月遅れとなる、4月3日に咲き始めた桃の花が今もまだ綺麗に咲いています。 

 季節は先取りを良しとするというものの、新暦の3月3日では、桃はおろか桜の花さえ咲いていません。 梅雨の最中の七夕・星祭と並んで季節に合わなくなっているお節句です。 我が家では折角の可愛らしい庭の桃の花の咲く頃、月遅れか旧暦か丁度いい頃にお祝いすることにしています。

 上巳とは、三月の上旬の「巳」の日、の意味で、元々は三月の上巳の日に行われた川での禊祓いの行事でした。 (後に中国で重三の節句として三日に固定。) 日本では、まだ寒い時期だからでしょうか、実際に人間が川に入って禊祓いをするのではなく、川に人形代(ひとかたしろ)を流して厄を祓う行事となりました。

 さて、「桃」と「巳=蛇」と揃った所で、もう一つの大物主神の正体が知られる物語をご紹介します。


 崇神天皇の姑(おば)である倭迹迹日百襲姫(やまとととび(ひ)ももそひめ)は、聡明な方で神懸りとなり物事を予知されることもあり、やがて大物主神の妻となった。

 けれども大神は昼は来ず夜になるとやって来るので姫は、

 「貴方はいつも昼はおいでにならず、お顔を拝見できません。
  どうかもう暫く留まって下さい。
  朝になればその麗しいお姿を拝見できるでしょうから…」

と願ったので、大神は答えて仰った。

 「もっともなことである。 
  明日の朝、貴女の櫛函に入っていよう。
  どうか私の姿を見ても驚かないように。」

 姫は妙なことと思いつつ、朝になり櫛函を開けてみると、真に麗しい小蛇(こおろち)が入っていた。 その長さは衣紐ほどであった。

 姫は大神と約束していたのに、小蛇の姿に驚き叫び声をあげた。
すると大神は恥じて忽ち人の形となり、

 「おまえは我慢できずに、私に恥をかかせた。
  今度は私がお前に恥かしいめをさせよう。」

といい大空を踏んで御諸山(三輪山)に登ってしまわれた。

 やまと・ととび・ももそ姫が三輪山を仰ぎ見て悔い、どすんとその場に座り込んだその時、箸でホト(陰部)を撞いて死んでしまわれた。 それで太市に葬った。 その墓を名づけて「箸墓」という。

 その墓は、昼は人が造り、夜は神が造った。

 大坂山の石を運んで造った。 山から墓に至るまで、人民が連なって手渡しにして運んだ。 ときの人は歌っていった。

 オオサカニ ツギノボレル イシムラヲ 
              タゴシニコサバ コシガテムカモ 

日本書紀 巻第五 
崇神(しうじん/すじん)天皇 
御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらみこと)」
より


 いかがでしょうか…。 不思議がいっぱいつまったお話で、あれやこれやと想像が膨らみますね〜♪ 「名前こそが最初の呪=祈りである」といいますが、もうお名前からして謎がいっぱい! 最後の「箸でホトを撞いて…」の段がなければ、もっと広く親しまれるお話になったのかもしれませんが、なんといっても、そこが肝ですから無くす訳には参りません。 そして「箸墓古墳」は今もそこであろうという古墳がちゃんと残っているのです。 太古のロマンは今も続いています。

 因みにこの倭迹迹日百襲姫のお話には弟(兄?)の吉備津彦命の武勇伝が絡みます。 ご存知の方も多いと思いますが、この吉備津彦命は「桃太郎」のモデルとされています。「桃」や「キビ団子」などキーワードが繋がりますね。 

           

 上: 我が家の枝垂桃(照手水蜜)
 下: ご近所の濃い八重咲きの花桃
  


posted by 山桜 at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 祖先からの伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

「桃と巳」って、改めてその姿を念頭に置くとなんとも艶かしく…(。。;)
タイトルを付けた時は、そんなこと何も考えずに書いてしまって…。

 まぁ、生命の営みの根源ということで、お許し下さいませ。
物語的にも、そのイメージは正解なのかもしれませんし…。
何を言っているやら〜
Posted by 山桜 at 2010年04月20日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。