2010年04月19日

やまと(と)と(ひ)ももそひめのみこと

 前述「桃と巳」で登場した、箸墓古墳に眠る卑弥呼のモデルの一人とされる倭迹迹日百襲媛命。 この時代の名は読んで字の如くと分かりやすいものと、この媛命の名ように何を表しているのか、ピンと来ないものがある。

 古事記では、 夜麻登登母母曾毘売命(やまととももそ)ヒメノミコト
 日本書紀では、倭迹迹日百襲媛命  (やまとととひももそ)ヒメノミコト 

同じ名のようでいて、微妙に違う。

先ず、夜麻登=倭=やまと 母母曾=百襲=ももそ だとすると
真ん中に残る 「と」と「ととひ」は随分違う。

 
  

<参考>

古事記の表記  夜麻登登母母曾毘売命
日本書紀の表記 倭迹迹日百襲媛命

孝霊天皇の皇女。 

日本書紀では、母は倭国香媛(やまとのくにかひめ) 
同母兄弟には、倭迹迹稚屋姫命(やまとととわかやひめのみこと)
       彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと)
異母(皇后細媛命)兄弟には、孝元天皇(大日本根子彦国索天皇)
異母(はえ某弟) 兄弟には、彦狭島命(ひこさしまのみこと)
             稚武彦命(わかたけひこのみこと)    

古事記では、母は意富夜麻登玖邇阿礼比売命
        (おほやまとくにあれひめのみこと)
同母兄弟に、日子刺肩別命
      (ひこさしかたわけのみこと)
      比古伊佐勢理毘古命(大吉備津日子命)
      (ひこいさせりびこのみこと)
      倭飛羽矢若屋比売
      (やまととびはやわかやひめ)

異母(皇后細比売命)兄弟には、大倭根子日子国玖琉命
              (おおやまとねこひこくにくるのみこと)
異母(千々速真若比売)兄弟には、千々速比売命
異母(蠅伊呂木予)兄弟には、日子さめ間命
             若日子建吉備津日子命

      







posted by 山桜 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 祖先からの伝言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。