2010年06月27日

野花菖蒲

10-06 002.jpg

6月16日、旧暦五月五日の端午の節句の日、我が家の野花菖蒲が、苗を育てて3年目、ようやく初めての花を咲かせました。 園芸改良種のような大輪の華やかさ、色合いの多様性はありませんが、気高い紫色にほんの少し黄色の差し色が効いています。 鋭い剣のように延びた葉の上に姿勢良くすくっと花開く。 正に神様の意匠、上品そのものです。

(写真は光の加減で色合いが薄く見えますが、実際はやや赤みを帯びた深い紫色。 やや厚手の質感は表千家流の男性の袱紗にも似て。)

 上から見た姿、この3・3・3と広がる幾何学的配置の美…。

100617_125936_ed_ed_ed.JPG

 横からと上から見た花と、同じ花とは思えない程の神秘的な形。
神様はきっと何事か、この花に秘め事を隠されたに違いない。
そんな妄想にうっとりと浸らせてくれる野花菖蒲です。

 <追記 2010.06.30>
アヤメ・カキツバタ・ハナショウブの見分け方については、以前書いたこちらの記事にありますので、ご興味のある方はどうぞ…

「花菖蒲・文目・杜若」 2007.06.09記
「野花菖蒲・笹百合」 2006.06.19記

 月日の過ぎるのはあっという間、写真だけは辛うじて撮ってみるものの、ブログの更新ままなりません。 慌しく過ごしてはおりますが、いたって元気にしております。わーい(嬉しい顔)


posted by 山桜 at 18:42| Comment(14) | TrackBack(0) | 園芸・庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気品があります
美しいですね
どうも
園芸種が
花菖蒲に限らず苦手で
きりっとした固有種に
どこかしら心惹かれます
ああ
また縄文杜若を
見に行こうかなぁ
Posted by 幽黙 at 2010年06月27日 20:03
よかった、お元気とのことで。
Posted by 多聞 at 2010年06月28日 12:33
更新してたのね〜o(⌒▽⌒)o
昨夜、このお花のことばかり考えて眠ってたので
ちょっとばかりびっくらこ(@@)

やっぱりお花が咲くまで時間がかかるんだね。
でも、その分本当に美しいですo(⌒▽⌒)o
Posted by やゆよ at 2010年06月28日 15:35
とても気品がありますね。
杜若かと思いましたが、菖蒲なのですね。
杜若はもっと色が濃紺で花びらが細いのかな?
三年もかかって咲かせたのですね。
花芽が出て花が咲くまで、毎日ドキドキものだったでしょうね♪^^
Posted by キミ at 2010年06月29日 18:31
◆幽黙さんへ
 「改良?」と疑問符アリアリの園芸種、出目金やら獅子頭やら奇異な
姿にされた金魚の姿にも重なります。(金魚愛好家の方ごめんなさい)
折角の素の美しさを消してしまう厚化粧か不自然な整形のような…。

 杜若は、八橋と描かれるように水面に映る美しさがありますね。
Posted by 山桜 at 2010年06月30日 08:29
◆多聞さんへ
 ご心配お掛けしてすみません(。。;)
 多聞さんも、ブログ復活されたのですね^^ 良かった♪
Posted by 山桜 at 2010年06月30日 08:31
◆やゆよんへ
 "Fleur-de-lis"はずっと「ユリの紋章」と訳されてきたので
私も「どこがユリ?」と形に納得しないものの、やゆよんに
「アイリス」説を教えて貰うまでユリなのだと思ってたよ。

 ユリにしろアイリスにしろ、3・3・3のパターンと
剣のような葉は相似なので三位一体などの「3」や守護に
纏わる神秘性は同じなのかもしれないね。

 スカウト運動も「3つの誓い」などの象徴としてこの紋章を
シンボルとして使っているよ。 ガールの方は剣をしまって?
三つ葉のクローバーになってるけど、クローバーも形の中に十字架を
持っていて元の考え方は恐らく同じかな^^
Posted by 山桜 at 2010年06月30日 08:47
◆キミさんへ
 最初に戴いた苗は株分された小さな芽でしたので、株が充実して
花芽を持つまで3年かかったようです。 それだけに愛しさ倍増!

 クローズアップ撮影ですと花の大きさが分かり難いですが、
垂れた花びらが丁度侘介椿の葉と同じ位の大きさで子供の頭程も
あるような豪華な花菖蒲を見慣れた方は小さくて驚かれるかも…

 杜若の花期は丁度一ヶ月程前ですので、新暦の端午の節句に
外で咲いているのは、実はアヤメかカキツバタになります。
まぁ、みんな広くは同じ仲間ですから野暮なことは…^^;
Posted by 山桜 at 2010年06月30日 08:56
そうなんんだ〜o(⌒0⌒)o
確かにこの紋章は人の原風景に訴えかけるなにかが
あるのだろうね。

アイリスの根をオリスといって
お化粧とかにエジプトでは使用してたんだったかな。。。

根がオリス
花はイリス

まるでオシリスとイシス

なんだよねo(⌒▽⌒)o
Posted by やゆよ at 2010年06月30日 16:54
◆やゆよんへ
 オリスは、ジャーマン・アイリスの一種の和名「ニオイアヤメ」のことで、
その根がオリス・ルートと呼ばれ、ハーブとして利用されているんだね。

 そして、どうやら現在一般的に「イチハツ」と呼ばれて広く栽培されて
いるのが実はオリス(ニオイアヤメ)で、昔ながらの日本イチハツ(一初)は
茅葺屋根の衰退と共に殆ど栽培されなくなったとか…。
ただアヤメの仲間の中で一番最初に咲く「一初」と同じ頃花が咲き
栽培が容易で急速に広まったので混同されてしまったみたいね。

 ニオイアヤメは花も香るということなので、来春は私が今まで
イチハツと思っていた花の香りを確かめてみるよ〜♪

 「イ」は「天」「虹」で、
 「オ」は「地」「根」って何かありそう♪ 楽しいね〜!
Posted by 山桜 at 2010年07月01日 22:47
わわっ、さすがさくらん!o(⌒0⌒)o
教えてくれてありがとう♪
来春まで待ってる!!←ホント??

今のイチハツってニオイアヤメなんだ〜(@@)
うちにも少しあるんだけれど、じゃあこれが
オリスなのかな。凄い発見!!

Posted by やゆよ at 2010年07月02日 16:29
◆やゆよんへ
 実際に確かめてないので、あやふやな情報でごめんね(。。;)
根を堀上げ乾燥し3年位保存して「スミレの香り」になれば本物?
気の長い話し〜(笑)でもさ、日本人には「スミレの香り」って
ピンと来ないよね。 オリス・ルートって、確か「ボンベイ・サファイア」
っていう綺麗な薄青い角瓶のジンにも入っていたような…
(ほらほら横道に逸れて行く〜)

 ギリシア文字はアルファベットの元で、少なくともこの場合、
「イ」と「オ」じゃなくて、

「I (イオタ、ヨタ)」
「O(オミクロン)」とすべきかな。

 アルファベットも今は表音文字としか扱われないけれど、
元々は何らかの形からイメージされているだろうし、若しかして
原初の象徴的意味が残っているのかも…調べたら面白しいかな〜♪
(結局、こうやって横道迷路へ嵌まり込んで迷子に〜♪)
Posted by 山桜 at 2010年07月02日 18:06
自然の造形は 本当に見事ですね。

出目金・・・好きにはなれません。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2010年07月03日 08:26
◆鎌倉とんぼさんへ
 自然そのまま、神様の作って下さった姿は美しいですね。

 金魚も尾びれがヒラヒラしている位は可愛いですけれど、
人間の勝手で行き過ぎた品種開発(改良といいたくありません)を
続けるのは、どうかと…。 需要があるから不思議です。
人と違う珍しいものを所有したい強欲の権化のようです。
Posted by 山桜 at 2010年07月03日 11:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。