2006年04月14日

里山の春

 私の住む町は、丘陵〜湧き水〜谷戸〜小川と言う流れのある、
いわゆる水源地の一角だ。 最近は盛んに「里山」とも呼ばれ、
日本の懐かしい風景の代表の一つのように持ち上げられている。

 里山の風景を守る為には適度な人の手が入る必要がある。
ほったらかしにしておけば草木が生い茂るただの森になってしまう。
里山の木々は雑木林であっても「林」でなくてはいけない。

 「」はにんげんが「木をはやしている所」
 「」は自然に「木がもり上がって生えている所」

 人間が木の枝を払い下草を適度に刈ることによって、林に光が
差し込み、多様な植物が育つことの出来る環境が生まれる。

 そんな「里山の春」を見つけに歩いてきた。
himeringo.JPG nasi.JPG
     姫林檎・リンゴ             梨・ナシ
  akebi.JPG   kusaichigo.JPG
     木通・アケビ            草苺・クサイチゴ
     (1クリックで拡大)
  ichirinsou.JPG     murasakikeman.JPG 
   一輪草・イチリンソウ     紫華鬘・ムラサキケマン
    (1クリックで拡大)        (1クリックで拡大)
nojisumire.JPG kusanoou.JPG
   野路菫・ノジスミレ       草の黄/瘡の王・クサノオウ
hebiitigo.JPG kiransou.JPG
蛇苺・ヘビイチゴ、垣通し・カキドオシ 金瘡小草・キランソウ(地獄の釜のふた)

 意外なことに地味なアケビの花はうっとりするようないい香り、
反対に大きくて華やかな梨の花は、norikoさんの情報通り臭かった。
梨園の御曹司とか梨香(花)ちゃんなんて人気だけど、実物はあんまり
芳しいものではないのね。勉強しました、ありがとうnorikoさん!

      
 


posted by 山桜 at 19:43| Comment(17) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
はてなのゆりさんの所から来ました。
花たちがきれいです。特にりんご。
カメラのせいだけとは思えませぬ。どうやって撮るのでしょうか。ホントにきれいですね。
Posted by at 2006年04月14日 19:58
★いさん
 ようこそお越し下さいました!
お褒め戴いて嬉しいです。カメラは携帯電話付属のものなんですが、
小型なので却って地面すれすれの小さい花だとか枝の間の花だとか
近づいて撮れて都合がいいんですよ。
 大好きな花ばかりなので、綺麗に撮ってあげたい一心が伝わるのかも
しれません^^
Posted by 山桜 at 2006年04月14日 20:22
こんばんは。
ほほぅ、梨の花って臭いんですねぇ。
今年はヒサカキの臭さを堪能しました(^^;あれはくっさいくさい。
アケビはまだ食べたことがありません。
いいですね里山。憧れます^^
Posted by 006 at 2006年04月14日 20:48
植物名のカタカナ表示は優しさを表しているのでしょうか?やはり私は実のなる花に目が行ってしまいます。開花後の受粉から受精、さらには果実の生長と摘果、果皮色の変化、人が美味しいと感じる成分濃度、収穫時期、収穫方法と輸送・保存等・・・
私は一体何を考えてしまっているの?
Posted by 酒徒善人 at 2006年04月14日 20:50
★006さん
 梨の花の匂いは、私も今年norikoさんに伺うまで気付かなかったんです。
栗ほど強くないんですけれど、青臭いようなプラスチックを燃した時の
臭いような、あまり心地よくない臭いでした。

 ヒサカキは裏に生えているので、やっと散り果ててホッとした所です。
臭いんですけど、遠くから仄かに漂う時はインスタントラーメンの
スープの香りに思えたり、なんとも不思議なニオイですよね。
Posted by 山桜 at 2006年04月14日 21:29
★酒徒善人さん
 ご要望にお応えして漢字表記も入れました。なんて優しい、私♪

 実の成る木のことは酒徒善人さんに聞けばいいんですね、嬉しい!
桃の袋かけは大体いつ頃すればいいんですか?
どうもあまり早くかけると美味しくないように思えて・・でも油断してると、
カメムシや鳥にやられてしまい、満足に食べられたことがありません(ToT)
Posted by 山桜 at 2006年04月14日 21:37
3日ほど前にクサノオウを見かけたところ、黄色い花が鮮やかでした。
名前を知らなかったのでありがとうございます。
よくよく見回しながら歩いていると小さくて可憐な花が咲いていますね。
名前を知っているともっと興味がわきますね。
Posted by アンズ at 2006年04月14日 23:29
わぁ、綺麗な花たちだね〜(^_^)
自然がいっぱい、花いっぱいでいいなぁ。
Posted by そら at 2006年04月15日 00:01
★アンズさん
 クサノオウは、子供の頃は「草の王」だと思っていて、
「可愛い花だけど、王様って程じゃないのに何でだろう? 
金の冠をかぶってるみたいだからかな?」
な〜んて、勝手に想像していました。
思えばこの頃から名前に興味があったんですね、三つ子の魂か・・・(笑)

 私は、名も知らぬ人に憧れるよりも、好きな人の名前は知りたい!
どうもそういうタイプのようです(^▽^;)
Posted by 山桜 at 2006年04月15日 11:21
★そらっち
 自然以外特にな〜んにもない所だけど、遊びに来る?
って、言い続けて早○年・・・。 私の野外活動のせいでいい季節の日曜日の
スケジュールが一杯なのがいけないんだよね。今年こそ、機会がありますように♪
Posted by 山桜 at 2006年04月15日 11:27
こんにちは、山桜さん写真も上手(^^♪
毎日楽しくすごしてるねっ。。。

>好きな人の名前は知りたい!・・・タイプ・・

 私もだよ^^
 そして好きになるのはいつも同じ感じの顔の人
 なんちゃって(*^.^*)エヘッ 
Posted by noriko at 2006年04月15日 13:22
漢字も入った名札付け 春の花たち前になれ!
2列に上手に並んでいますね。
桃の袋掛け・・・大変難しい問題ですね。
見た目を選択するか虫や鳥との闘いを選ぶか・・・。
私なら・・・防鳥ネットに消毒は大変だ・・・
どうせ皮は剥くんだし・・・
美味しそう!に 見た目は何%含まれますか?
Posted by 酒徒善人 at 2006年04月15日 19:39
★norikoさん
 お蔭様で梨の花のニオイを確認することが出来ました♪
一度気付かずに梨畑を通り過ぎてった位仄かなニオイでしたが、
盛りを過ぎていたのでしょうか? 本当はもっと強烈?

 好きな人の顔…そういわれればどこか似てるかな??

 
Posted by 山桜 at 2006年04月15日 21:42
★酒徒善人さん
 「まぃへ〜ならえ!」懐かしい。。。今の子は回れ右も教えないとできません。

 桃は美味しく食べられさえすればいいんです。
見かけはどうでも…ここ数年は、いくらなっても殆どヒヨドリと
カブトムシの餌になってしまっていますo(´^`)o ウー
Posted by 山桜 at 2006年04月15日 21:47
さくらん、ステキなブログだね〜o(⌒▽⌒)o
帰宅したてだから、また後でゆっくり拝見いたします♪
Posted by やゆよ at 2006年04月15日 22:59
知らない名前が一杯。。。
見たことあっても、知らなかった。。。
イチリンソウ可愛いo(⌒▽⌒)o
Posted by やゆよ at 2006年04月16日 00:13
★やゆよん、お帰り〜! 
 ここに挙げたのは、イチリンソウ以外はこの辺りでの野山では
ごく普通に見られるものばかりだけど、名前までは分からない人が
多いかもしれないね。

 今日はイチリンソウが咲いていたので、後でUPしておくね〜♪
Posted by 山桜 at 2006年04月16日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。