2011年05月15日

日光B「田母沢御用邸記念公園・一」

 Aで書き忘れていましたが、ケロは「玉座セット」の他に「プレミアム・ソフトクリーム」の美味しそうな名前の誘惑に負けて…。 なんでこんな寒い日にねぇ…案の定、お腹が冷えてしまい、温かいお白湯を分けていただいたのでした。 ありがとうございます。 日光の方は皆さんお優しいです。

【日光田母沢(たもざわ)御用邸】
 1899年(明治32)、大正天皇(皇太子時代)のご静養のために造営され、1947年(昭和22)まで三代に渡る天皇陛下・皇太子殿下がご利用。 明治時代造営の御用邸中、最大規模の木造建築であり本邸が現存する唯一の建物。 江戸(紀州徳川家江戸屋敷)・明治(銀行家・小林年保家別邸)・大正(増改築)の三時代の建築様式の集合建築群(合計106室)でありながら、あたかも当初からそのように存在したかのように建てられている処が大きな特徴。 国指定重要文化財・日本の歴史公園100選。
公式Web siteはこちら http://www.park-tochigi.com/tamozawa/


 さて、お車寄せ前には重々しい制服に身を包まれた警護の方らしき方。 若しや身辺チェックでもされるのかと緊張(&写真も撮れず)しましたが、とっても優しい方であれこれと気遣ってくださり、
 「靴は左手の下足室にどうぞ、(ブーツは)上にも置けますから…」
 「見学路はかなり長いですよ…」
と、受付横で荷物も預かって戴き(荷物置場入口も往時のままの?板戸。中にコイン返却式ロッカー)身も心も軽くなれました。

 他にも、冷える足元を温める靴下カバーやビデオ鑑賞時の膝掛け、休憩所、授乳・おむつ交換所など、随所にきめ細かいお心遣いがありました。

 最初の展示は…
11-04 167.jpg
11-04 168.jpg
 ガラスに顔を寄せ、つくづくと観察しても「若しかして本物?」と思うほどの素晴らしい出来栄えに釘付けになり、まだコースも序の口というのに何度も見返してこの場から動けなくなりました。 気がつけば、周りには何方もおらず、ケロは縁側に腰を下ろして待っていて…(苦笑)。 

 恐らく当初よりは色が褪めてしまったのでしょうが、それでも夫々の花の咲く季節に展示してあり、鉢の土に水気でもあれば本物と疑われないでしょう。 「模型」と呼ぶには失礼なような、立体写実主義作品でした。

 この植物模型の製作者・西尾惣次郎氏は、模型・ジオラマ・食玩等の先駆者であり、島津製作所勤務の頃より永く理科教育用植物等の模型製作に従事、改良工夫につとめた事により、昭和42年11月11日 黄綬褒章を賜り、後に西尾製作所を創立されました。 私たちも知らず恩恵に浴して来たのですね。
西尾製作所・製品紹介 http://www4.ocn.ne.jp/~nishio/gallery/index.html

11-04 166.jpg
ケロが腰をおろしていた縁側(植物模型展示所横)

11-04 169.jpg
庭師さんの出入口? どうも生活感のある箇所に興味が。 残雪も…。(廊下の窓より)

11-04 172.jpg
 「お玉突き所」

11-04 178.jpg
 「謁見所」
11-04 179.jpg

11-04 185.jpg
11-04 191.jpg
 「御学問所」 
11-04 189.jpg
 丸窓から望む八汐つつじと枝垂桜が満開の頃となれば、梅の間の壁から続く薄紅色の霞の中に、暫し御学問の手を止められ、うっとりと包まれていらしたことでしょう…なんて、私たちは満開までには少し日が足りませんでしたけれど、実際に見てしまうよりも想像するのもまた楽しです。
11-04 187.jpg
 全ての壁に梅の絵が描かれており「梅の間」とも。
 梅は「好文木」で「ご学問所」に相応しいのですね。

(実は、この可愛らしいお部屋の様子から、私はこちらが皇后様の御学問所と勘違いしておりましたが、帰宅して調べると、何とこちらは天皇陛下の御学問所! 膨らませた想像とは異なっていたのでありました…。 つづく。)



posted by 山桜 at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御学問所・・・ですねえ。先生も一流どころやろし・・・厳しい帝王学も学ばれたんでしょうか。今の両陛下。本当におえらいです。
Posted by 山口ももり at 2011年05月17日 10:24
◆ももりさんへ
 こちらの御用邸は主に大正天皇のご静養に用いられたそうですが、
今上天皇陛下は、昭和19年7月から約一年間(初等科5〜6年生)厳しい疎開生活を送られたそうです。(先程、遊びにいらしてたと書きましたが、誤りでしたので訂正いたしました。大変失礼致しました。)

 用いられている資材の質や技術は最上を尽くしているので
しょうけれど、実に上品な質素さが清々しく心洗われました。

 内なる鍛錬は如何に厳しくとも、表は常に穏やかに微笑んで
国民を温かに包んでいてくださる…ありがたいことです。
Posted by 山桜 at 2011年05月17日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。