2011年09月06日

豪雨台風12号


 清里行の途中ながら、刻々と入るノロノロ豪雨台風12号による多大な被害状況…気持ちが旅記録の更新に向かいません。 年初にこの兎年は余りよくない事が生じるとは聞いていたけれど、これ程までに前代未聞の事態が続くとは、想像を遥かに越えていました。

 那智勝浦も新宮も3月に訪れる予定で宿やバスの予約もしていた所です。 熊野の那智大社にも土砂が流入。 程なく訪ねたいと思っていましたが暫くは叶わないかもしれません。 奈良の長谷寺や吉野の金峯山寺も被災。 懐かしい訪問地やネット友の縁の地の名をこうしたニュースで聞くのは辛いものです。 まだまだ被害状況さえ伝わって来ていない被災地もあるかもしれません。 どうかこれ以上の被害が広がりませんように…。

 結納の日に亡くなった娘さんとそのお母さん、二人を失いながら災害対策の陣頭指揮をとる父であり夫である町長さん、土砂にのまれる寸前に窓から息子を逃したお母さん…ほんの数日前まで、まさか我が身にそんなことが降りかかろうとは思いもしなかったことでしょうに。 

 この台風の中、北海道を旅してるケロは、今日もなんとか無事宿に着いたと連絡がありました。 何もかも順調な旅よりも、色々な困難に遭ってその都度判断しながら必要に応じて予定変更等もし、何とか乗り越えた旅の方が後々の糧となるもの。 思えば私もあちこち放浪しては、随分親に心配かけたもので、因果応報かな。 自分の育てた子を信じて待つより他ないですね。 


ラベル:台風
posted by 山桜 at 17:03| Comment(16) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無事であることが「ありがたい」とあらためて感謝の日々です。熊野那智大社の宮司が被害状況を広く知って欲しいとテレビカメラを奥まで入れさせていました。気持ちはわかりますが、マスコミ慣れしていると感じました。本来なれば祭儀をしてからですが・・・支援のほうに目が行ってしまったのでしょう。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2011年09月07日 13:10
◆鎌倉とんぼさんへ
 久し振りのすっきりした青空ですが、心は晴れませんね…

 川を土砂が堰きとめて出来たダムが最低でも9箇所も
あるだなんて、2次災害が恐ろしい…下流の方々はどんなに
落ち着かない心持でしょう。 

 これから紅葉のシーズンですし、早急な復興を望まれての
ことでしょうか…朝のニュースでは杖をつきながら廻られている
ご様子でした。  
Posted by 山桜 at 2011年09月07日 14:17
はじめて書き込みさせていただきます、明かり新聞のアカリと申します。この台風はすごかったですね。

明かり新聞では台風12号の災害ボランティア情報を紹介しています。
2011年9月8日現在、県外からの災害ボランティア募集が本格化しはじめました。
また、奈良県では奈良県民限定で、多数の災害ボランティアを募集しています。
災害ボランティアに興味がある人はぜひご覧ください。
↓↓↓
http://akari.in/?cat=41
Posted by アカリ at 2011年09月08日 00:38
あなたのご質問に充分答えられなくて申し訳ありません。もう、私の本は相当古く、新しい本について熟知しているという訳ではないもんですから。写真を送るより早いかと思い今日のブログに私の本をアップしました。ボロボロで表紙のない本もあります。貴女のところへ届いた本がどんな本なのか、私には判断できかねます。でも、どんな本でもいいとは思いますよ。徐々に必要に応じて充実させていくしかないでしょう。 
Posted by 山口ももり at 2011年09月08日 09:57
 本当になんという年周りでしょう?! 自然が豊かで美しいほど、
天災に遭う事も多いのでしょうか。。  当り前の様に過していた日常の生活が、
一瞬にして奪われ、かけがえのない多くのものを失っても残された方々は生きて
いかなければならない。
 それぞれの方々に立ちはだかる現実に、どうしてよいのか 言葉もありません。
どうかもうこれ以上、災害が広がりませんように。 あまりにも辛すぎますね。
Posted by メダカの目 at 2011年09月08日 19:23
◆アカリさんへ
 書き込みありがとうございます。

 「明かり新聞」拝見させていただいた範囲では、真剣に活動されているように思え、アカリさんを信じたいのですが、これだけの情報では、大変失礼ながら、連絡先が携帯電話の番号であるなど、全く問題なしと判断がつきかねます。 震災直後に多かったチェーン・メールに類似しているようにも…。 すっかり疑い深くなっており申し訳ありません。

 リンクは残しますが、リンク先へ飛ばれる方はその後の行動も含め、自己判断にてお願い致します。 
Posted by 山桜 at 2011年09月08日 20:23
◆ももりさんへ
 ありがとうございます! 先ほどお写真など拝見して参りました。 お手数おかけしてしまい申し訳ありません。

 私の所へ届いたものは、原版から学びやすい部分を抜粋して、学習法を纏めたものでした。 何だか高いと思ったらDVDまで付いていて驚きました。 私としては、原版が全て掲載されているものが欲しかったのですが…。 

 焦って検索して「あった!」と思ってしまったのが間違いでした。 やはりネット書店で選ぶには慎重さが必要ですね。 今度都心に出た時に古書店も覗いてみます。
Posted by 山桜 at 2011年09月08日 20:33
◆メダカの目さんへ
 他人事と思わず自分も用心しなくては…と思いつつも、心のどこかで自分のところは大丈夫と思ってしまうのが人間でしょうか。 上からの避難勧告より最後は自分の勘が肝かもしれません。

 今住んでいる場所に起こりうる危険性を最大限に、「想定外」という枠を超えて想定しておかねばなりませんね。

 「こうなった時にはこうする」というイメージ訓練も大切ですし、瞬時の判断力も磨かなくてはなりません。 起きてしまった後の対処も勿論大切です。 私も団の子供達と一緒に「そなえよつねに」で頑張ります!
Posted by 山桜 at 2011年09月08日 20:45
奈良地方は未だ土砂崩れダムが決壊する恐れがあるようで
今後も注意深く生活しないといけないね。
お嬢様の旅がご無事でありますように!!
Posted by やゆよ at 2011年09月08日 21:28
◆やゆよんへ
 また次の大雨が来そうで土砂ダム、本当に心配…。

 北海道は台風も地震もあって心配したけど(おまけにレンタカーの運転も…(><))、無事羽田に着いて家に向かっていると連絡があってホッと一息だよ〜 ありがとう!
Posted by 山桜 at 2011年09月08日 22:27
古典と出会ったら、後はもう、根競べです。昔の人が一生通じて浄瑠璃を習い続けたように、一生うまずたゆまず臨書することです。ご一緒に学びましょう。貴女は「遠いから、毎週来ている人の様には出来ないんじゃないか」って言いましたけど、結局、我が家へ来る人には自分の知っている範囲で説明して閉って、相手は聞くだけ。一度や2度聞いたって、まあ・・・ダメね。そこへいくとあなたは、自分で出典を調べ、ある意味、独学です。でも、その独学こそが本当の学びなんだと思います。さあ・・・いよいよ書道を始めましょう。
Posted by 山口ももり at 2011年09月09日 08:42
ご無事に羽田に到着されたのね、o(⌒▽⌒)oほっ♪

よかった、よかった♪♪

ほんと、雨も地震も、被害のない程度で
ありますように。。。

Posted by やゆよ at 2011年09月09日 19:31
◆桃里先生へ
 昔昔、受験生の頃に中国の歴史は勉強した筈なのに、忘却の彼方…。 解説文にも読めない漢字が多くて飛ばし飛ばし読んでいると訳が分からなくなります(><) 年表や年代別の地図を引っ張り出して見比べながら読んでいます。

 皇帝や時代の気質によって、その好みにあった書家が登用され、文字の風格も変わっていくのが興味深いです。 

 その後ご覧になったか分かりませんが、BS時代劇「テンペスト」の中で、主人公の孫寧温と生真面目な秀才の同期生・朝薫の筆跡が、いかにもその人らしい文字で表現されていて、隅々までよく気配りされているものと思いました。

 入門前の手習いの最後の課題、やっと出来上がりました!
Posted by 山桜 at 2011年09月10日 17:06
◆やゆよんへ
 ありがと〜〜! 
 もうね〜帰ってきて色々話を聞くたびに、
よくぞ無事で戻ってこられたものと…(゜―Å)

 ず〜っとお祈りして護っていただいていた
神様仏様ご先祖様に感謝感謝です…(−人−)
Posted by 山桜 at 2011年09月10日 17:11
今にして思えば・・・大学時代、一人で、山を歩いていました。白馬、後立山、大山、比良・・・親は心配していたでしょうねえ。今でも去年の二上山なんか、ちょっと一人では???いけない山だったみたい。何しろ発作的に行くもんですから、家の者も私が行った先を知らないんです。普段から「私がいいひんようになっても探さんかてええでぇ。そのうちに、どこか、とんでもない所から出てくるやろから」とは言ってるんですけど。一人も気楽で好きなんです。
Posted by 山口ももり at 2011年09月15日 10:23
◆ももりさんへ
 山は一人で滑落したら殆どアウトですし、女子は人間にも気をつけねばなりませんし、さぞ心配されたことでしょう…。 それでも若い時は冒険したいんですよねぇ あ、ももりさんは今でもですね! 私も時には一人で出奔しようかなぁ♪ スケッチするなら、そりゃぁ一人がいいですよね〜
Posted by 山桜 at 2011年09月15日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。