2011年09月28日

清里E花のペンション

 「美し森」からピクニック・バスで清里駅へ。 宿泊予定地「清里の森」へ向かうバスが来るまでの間、急速に冷え込んで来ましたので駅前の喫茶店でホットミルクをいただき暖をとりました。 大きなマグカップにたっぷりのミルク! 流石に清里のミルクは、温めてもまた美味しくてほんわか。 

 11-08 112.jpg11-08 241.jpg11-08 030.jpg この日のお宿は、数え切れない花々で囲まれた白いペンション。 前庭はイングリッシュ・ガーデン風に洋花も使われていますが、メインの大きなお庭には清里に元々咲いていた可憐な山野草だけが大切に護られています。 傾斜地とその中を通る小川という立地が生かされ、みなそれぞれの適所に植えられ、のびのびと嬉しそうに風に揺られていました。

 翌朝は一番のりで、お庭を独り占め。 心ゆくまで散策してきました。

11-08 227.jpg
【蓮華升麻(レンゲショウマ)キンポウゲ科 レンゲショウマ属】
11-08 229.jpg

11-08 099.jpg
【草牡丹(クサボタン)キンポウゲ科 センニンソウ属】
 ハイキング・コースで撮影した草牡丹と取り違えて載せていましたが、こちらで撮影したものでした。

11-08 114.jpg
【節黒仙翁(フシグロセンノウ)ナデシコ科 センノウ属】

11-08 245.jpg
【鵯花(ヒヨドリバナ)キク科 フジバカマ属】

11-08 101.jpg
【小葉擬宝珠(コバノギボウシ)ユリ科 ギボウシ属】

11-08 249.jpg
【山蛍袋(ヤマホタルブクロ)キキョウ科 ホタルブクロ科】
 ホタルブクロはガク片とガク片の間に小さな三角形の付属体が反り返って付いていますが、山ホタルブクロには付属体はなく、その部分がプックリと膨らんでいます。 もう少し色の濃いものが多いですが、こちらのヤマホタルブクロはホタルブクロと殆ど同じような淡い色合いでした。

11-08 236.jpg
【女郎花(オミナエシ)オミナエシ科】



人気ブログランキング 1クリック応援、ありがとうございます


posted by 山桜 at 18:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかしお詳しいですね!
個人的には蓮華升麻(レンゲショウマ)に惹かれます。かろうじて判るのはホタルブクロにオミナエシくらいです!!!
Posted by 鎌倉とんぼ at 2011年09月29日 10:50
◆鎌倉とんぼさんへ
 いつか実物に触れたいと思っていた憧れの蓮華升麻、
それもオーナーの母上のご丹精で庭中に元気一杯の群生!
縄で囲われてもおらず直ぐそばで心行くまで過ごせて、
本当に夢のようなひと時でした。

 平地のホタルブクロと山ホタルブクロの一味違う部分も、
はっきりと実物で確認でき、スッキリしました^^

 きちんと調べないと名前の判然としない植物も沢山で、
(ブログにも載せられず…)まだまだ勉強が足りません(。。;)
Posted by 山桜 at 2011年09月29日 16:57
秋なんですねえ。おみなえしくらいはわかります。草牡丹(クサボタン)キンポウゲ科 センニンソウ・・・・こんなの初めて見ました。
Posted by 山口ももり at 2011年09月30日 08:42
きょうたまたまピンクの秋明菊の特価の鉢を見つけて買って来ました。
蓮華升麻をみて蕾の感じやお花が似ているなと思ったら、同じキンポウゲ科なのですね。
更科升麻などとは花の感じはちがうのにと思いましたら、葉がよく似ているところからつけられた?とか、花の名前はいろいろ楽しいですね。
初めて知るお花も・・楽しく拝見です。
Posted by きえ at 2011年09月30日 21:35
◆ももりさんへ
昨日はまた暑さ振り返しの中、
団で蒸しまんじゅうの作り方を
教えて来ました。 痩せたかも???
すっかり秋もみじとなって欲しいです。
Posted by 山桜 at 2011年10月02日 13:05
◆きえさんへ
家でも去年、花が終わり処分品と
して購入したピンクの秋明菊が咲き
出しました。 蓮華升麻は咲いても
俯いたままで控え目、花びらが薄くて
透明感ありですけれど、蕾や草姿など
似た所も多いですね。

同じように〇〇升麻の名前でも、バラ科、キンポウゲ科、
ユキノシタ科などマチマチでややこしく
混乱のもと…名付け親には慎重にお願い
したいです。 かと言って味気ない名前も
寂しいですけれどふらふら
Posted by 山桜 at 2011年10月02日 13:24
さっきコメントしようとしたんだけれど
うまくいかずに再度チャレンジo(⌒▽⌒)o

。。。それにしても。。。
凄いルートだね☆憧れるけど自分には
ちょいとムリ。。。^^;

川に落っこちなくて何よりだよ〜><
日ごろの歩き鍛錬?の
成果でたって感じだよね(笑)
Posted by やゆよ at 2011年10月02日 20:00
◆やゆよんへ
 コメント上手く出来ない感じになってたのかな?ごめんね〜

 そんなに激しいコースな訳じゃないんだけど、雨の後で、新しい
トレッキング・シューズの底が何だか濡れている木道や苔の上で
滑るのが、怖くて疲れちゃった。。。昔の靴はそんなこと無かった
のに新素材の所為なのかなぁ 

 買って暫く履いた後、山用具の店員さんにも聞いたんだけど、
特に平らな所、マンホールや大理石の上などが滑るんなんだって。
(靴の説明書にも書いてあったけど、書いておけばいいのか!?)
山の道の方が滑らないとも言ってたけど、滑った経験からどうも
恐怖感が抜けず… そういう所でも滑らない為には、もっと
お値段の張る登山靴が必要とか…これでも私たちにとっては、
十分高い靴だったのに、未だに納得いかないよ。

 ただ、最後にこけたのは靴の所為ではなくて、膝のタメが
効かなくて「へにゃ〜」ってなったのが情けない(−−;)
Posted by 山桜 at 2011年10月03日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。