2011年10月13日

上高地で天地に遊ぶ

DVC00124.JPG
                                 上高地・大正池

 今年は山桜家にとって大切な10年と20年の2つの節目であり、家族の原点ともいうべき上高地へと旅をして参りました。 上高地「神降地」は神々しいばかりに余りにも美しく、今思い出しただけでも涙があふれ、心身全てを奥底から洗い清められた思いです。 

 ここで一旦山桜は生活を新たに見直す為、「天地(あめつち)に遊ぶ」をお休みいたします。 今までのログも適切に管理が行き届かぬおそれがありますので、やむを得ず非公開と致しました。 これまで皆様から寄せていただきました有り難きご厚情に深く深く感謝申し上げます。 またお会いできる日が来る事を夢見つつ、皆様のお幸せを心よりお祈りしております。   山桜 拝

<写真追載 2011.10.17>
11-10 002.jpg
岳沢湿原と六百山

11-10 008.jpg
穂高連峰・朝 

11-10 009.jpg
穂高連峰・昼
(西穂高岳 間ノ岳 天狗岳 ジャンダルム 奥穂高岳 吊尾根 前穂高岳 明神岳)

11-10 021.jpg
穂高連峰・夜 山腹に点々と光るのは岳沢のテントの灯り(^^;)?

11-10 028.jpg
明神池

  11-10 027.jpg           DVC00004.JPG
10月8日は穂高神社奥宮例祭の御船神事・例祭の御神菓

11-10 025.jpg
穂高神社奥宮参道口(明神館前)から望む明神岳

  DVC00017.JPG            DVC00023.JPG
上高地食堂の茸蕎麦・おでん  白樺荘のジャンボ・モンブラン

11-10 029.jpg11-10 030.jpg 11-10 031.jpg
徳澤園のカレーうどん・ソフトクリーム 白樺荘(小梨)の山賊バーガー・茸蕎麦

11-10 012.jpg
花崗岩の白い河原を自由気ままに流れる梓川と化粧柳の群生

11-10 013.jpg
11-10 026.jpg
焼岳の噴火で梓川が堰止られて生じた大正池と穂高連峰
立ち枯れの木立の数が大分減ったようです…。

11-10 018.jpg
清流梓川と明神岳

11-10 019.jpg
穂高連峰と赤い小梨(ズミ)の実

皆様、どうぞお元気で!  See you again …



人気ブログランキング 1クリック応援、ありがとうございます


posted by 山桜 at 22:46| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時々拝見させていただいていましたがサイト削除とのこと残念です。
お元気でお過ごしください、、、
Posted by 旅の人 at 2011年10月14日 11:45
そうですか、、、寂しくなります、本当に。
近い将来に、また開いてください。

お元気でお過ごしください。
Posted by 鎌倉とんぼ at 2011年10月14日 13:09
しまった
しばらくご無沙汰しているあいだに…

残念ですが
ご縁は繋がっていると信じて…
Posted by 幽黙 at 2011年10月15日 01:08
そうなのですか・・・
寂しくなりますが、
またの再開を敷島の地よりずっと待っております。
Posted by 瓜亀仙人 at 2011年10月16日 16:08
◆旅の人さまへ
 時折お立ち寄り遊んでいって下さり、ありがとうございます。
サイトは削除ではなく非公開にして保存してありますので、
時が来て再開できましたら、またお運びくださると嬉しいです^^
Posted by 山桜 at 2011年10月17日 12:01
◆鎌倉とんぼさまへ
 闇の中を彷徨っておりました頃より、ずっとお優しく
お見守りいただき本当にありがとうございます。
お蔭さまで、こうして何とか新しく生きてゆく力も生まれました。
鎌倉とんぼ様のように、人の為に心を尽くせる人間になれるよう
精進して参ります。 きっとまたお会いできる日もあると信じて
励みにしてゆきます。 銀杏の季節、かぶれませんように…(−人−) 
Posted by 山桜 at 2011年10月17日 12:11
◆幽黙さまへ
 幽黙さまにはブログを止めないで下さいとお願いしながら
自分勝手で申し訳ありません…(。。;)
一旦休止してみれば、私の人生にとってどれ程の大切さかが
分かるかと思い決断しました。 ブログの再開はどうなるか
分かりませんが、これまでのご縁は切れぬものと信じております。
Posted by 山桜 at 2011年10月17日 12:17
◆瓜亀仙人さまへ
 ブログをお休みする分、敷島の地方面へ繰り出す機会は
増えるかも知れませぬ故、くれぐれもご用心召され…(笑)
身体も鍛え直し、くっきりと姿を見せてくださったアルプスの峰々へ
再登頂してみたいのです!
Posted by 山桜 at 2011年10月17日 12:21
全ての景色が始めてで、うーん、そうかあ〜って
意味もなく納得した気分でお写真を拝見しました。
どれも美しいね。。。

思うところはいろいろあるけれど
よい言葉も見つからず。。。

普段のさくらんの活動を尊敬しているので
それが続いているのだな〜って
九州から思いをはせることにします。

リアルで会う機会がありましたら
また宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
Posted by やゆよ at 2011年10月18日 23:10
素晴らしい写真ですねえ。色々考えて???残念ですねえ。ところで、書のほうは???余り突然難しくしすぎたかかな???気楽なのを送りなおしましょうか???
Posted by 山口ももり at 2011年10月19日 09:38
◆やゆよんへ
「天地へ遊ぶ」に遊びに来て下さった方々に、少しでも上高地の清らかな雰囲気の中でほっと一息していただけたら…と、写真を選んでみました。

家のこともきちんとしつつ、色々やりたいことを続けるには、ブログの優先順位はどうしても下げざるを得なくなりました。 のめり込む性質だから、一度にあれもこれも割り切っては上手くさばけなくて…。

リアルな世界でお会いしませう! これからもヨロシクねわーい(嬉しい顔)
Posted by 山桜 at 2011年10月21日 19:48
◆ももりさんへ
ブログをお休みにした分時間も心の余裕も出来て、お稽古しています! 漢字の3枚はなんとか仕上げたのですが、仮名に苦戦していますふらふらあせあせ(飛び散る汗) どうも散らし書きのセンスが無くて…もっと古えの世界に浸って磨きたいです。
Posted by 山桜 at 2011年10月21日 19:56
お・お・お・・・それはうれしい!!!お元気なんですね。とても楽しみにしています。余り深く考えないでくださいね。仮名はいたって気楽に書き散らしていますから
Posted by 山口ももり at 2011年10月22日 11:03
◆ももりさんへ
昨夕漸くポストへ出して来ましたあせあせ(飛び散る汗) 多分今日郵便局受付で翌々日の配達なので木曜日にはお手元に到着すると思いますラブレター。 こちらは久々にいいお天気で庭仕事日和です晴れ芽 ももりさんは大和めぐりでしょうか〜るんるん
Posted by 山桜 at 2011年10月25日 14:11
ご無沙汰をしてしております。
先ほど知りました。寂しくなりますね。
又の再開を期待しております。

私は 車での海岸沿い近畿一回りを始める予定です。時々 MIXで覗きに着てくださいませ。
ではお待ちしております。  お元気で。

Posted by 青い流れ星 at 2011年10月30日 12:12
◆青い流れ星さんへ
ブログは時々携帯からチェックしているのですが、お返事遅れてすみませんm(__)m

mixiも携帯から入れるように試しておけば良かったのですが、後の祭でなかなか伺えず申し訳ありません。生活のリズムがとれ余裕が生まれましたらきっと…揺れるハート
Posted by 山桜 at 2011年10月31日 17:43
今夜20時ごろ東北で地震があって、さくらんにメールするの迷っていたの。結局こちらに。。。
宮城に行くのは土日でもうご帰宅されているのかな。。。
とにかく、ご安全でいらっしゃるとはおもいましたけれどお邪魔してみました☆
Posted by やゆよ at 2012年03月27日 23:48
◆やゆよんへ
 心配してくれてありがとう! 最近は団のブログの更新を頑張っていて、こちらを見ておらず、お返事遅れて申し訳ないです。

 丁度東京へ着いて家へ向かっている途中だったみたいで、家に着いたらバタンQだったので、大きな地震があったことも翌日知ったのよ。

 滞在中も震度3位の地震はあったけれど、やはり子供達と一緒だし、万一の事を考えながらで不気味だったよ。

 幸い津波の心配もなくて、お世話になった方々のご無事も確認できてホッとしています。
Posted by 山桜 at 2012年03月29日 15:27
 穂高連峰と赤い小梨(ズミ)の実は、まるで絵葉書を見る様に美しいお写真ですね-☆
他にもホンの小さなウソも見透かされるほどの 澄み渡った紺碧の空を映した明神池…
どのお写真も本当に神々しくて美しいですね-☆彡

Posted by メダカの目 at 2013年12月07日 19:52
◆メダカの目さん、こんにとは。
 雲一つなく晴れ渡った上高地、どこをどう撮っても絵にならない筈もなく…ものすごい枚数の写真を撮ってしまいました。 自然に頭を垂れ手を合わせ前身を委ねたくなるような崇高な世界に思えます。

 改めてこの記事を読んでみたら、此の後しばらくブログ閉じていたんですね。 やはり東日本大震災シンドロームだったのかもしれません。 
Posted by 山桜 at 2013年12月08日 15:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。