2006年09月21日

金木犀も・・・

??〓 905.jpg

 なんと金木犀まで咲き始めました。 えっ、少し早いのでは・・・?
例年私の友達の誕生日を教えてくれる花なので、1週間ほど早いです。

 しかも今年は香りが強いように感じます。 これでは最近の子等が
「トイレの匂い!」
と言うのも無理ないような・・・。 異常気象の影響でしょうか?
気温が高いと香りもきつくなるのかもしれません。

 金木犀はひんやりした風に運ばれ、ほのかに香るのが良いですね・・・。

posted by 山桜 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金木犀もまあよいのですが
少し香りの穏やかな銀木犀や
もっと密やかな柊の花の香りが
とても大好きです
Posted by 幽黙 at 2006年09月24日 02:33
★幽黙さん、おはようございます♪
 金木犀と薄黄木犀は同じ頃ですが、銀木犀は少し遅れて、
柊木犀はまた少し後、最後の〆の柊が咲き終わるまで、
「月の桂木」のほのかな香りの違いを楽しめますね♪
この意味や香りの差が分かる人がいらしてくれてとても嬉しいです^^
Posted by 山桜 at 2006年09月25日 10:01
金木犀の香りを、最近の子供達はトイレのにおいといったり、白檀の香りを、おばあちゃんのにおいというのも、時代ですね。

私は、おじいさんに連れて行ってもらった公園で、初めて金木犀を知り、その香りとかわいい花に、感激して、手の平にいっぱい花を拾って喜んでいました。
オレンジの色と、香り、やさしかったおじいさんの思い出が、一つの忘れられない印象となって、残っています。だから金木犀は大好きな木の一つです。
Posted by チャチャ at 2006年09月25日 22:36
★チャチャさん、おはようございます♪
 花と結びついた思い出は、色や香りに彩られ甘く懐かしいものですね。
私も土いじりの師匠でもある、祖母との思い出は沢山ありますが、
祖父は生まれた時には二人とも他界しておりましたので、
おじいさまとの思い出・・・と伺うと、写真でしか会ったことのない
祖父達の笑顔が浮かんできて、鼻の奥がつんとして参ります。

 チャチャさんのお蔭で、久し振りに二人の祖父の笑顔を
見ることが出来ました。 ありがとうございます。 
Posted by 山桜 at 2006年09月26日 09:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック