2006年09月22日

薄黄木犀

  ??〓 909.jpg
            薄黄木犀(ウスギモクセイ)
??〓 907.jpg??〓 908.jpg
  街路樹の中に咲いていたもの    公園の中に咲いていたもの
             (白っぽい)           (黄色味がある)
          ??〓 906.jpg
            参考:金木犀(キンモクセイ)

 金木犀の季節です。 今年は台風に傷めつけられることもなく、
思う存分、甘い芳香を秋風に乗せ漂わせてくれています。

 「金木犀は雌雄異株。 
  日本には雄株しか渡来していないので、結実しない。」


とは、よく見る記述ですが、一昨年だったか、木犀の木にオリーブの
ような(オリーブも同じモクセイ科です)実がなっているのを見つけて
驚きました。

 実は日本には、金モクセイ、銀モクセイ、薄黄モクセイ、柊モクセイ
の4種類がありますが、この中でどういう訳か唯一完全なメシベを持つ
花を咲かせる薄黄モクセイだけは、実をならせることができるのです。

 実がなる頃には花はもうありませんから、当時、葉や幹の様子から
見分けがつけられなかった私は、
「成らない筈の金モクセイに実が成っている!!」
と釘づけになってしまったのですが、これは薄黄モクセイの木だった
のです。 翌年花を見て納得しました(上の街路樹のもの)。

 東日本には、銀モクセイや薄黄モクセイは少ないのですが、知っていて
よく注意してみれば見つけることができるかもしれません。 

 今年は秋の香りに誘われて、お散歩がてら、4種類のモクセイを
見つけて、幽黙さんのようにその香りの違いを楽しまれてはいかがで
しょうか? 

 今の時期、咲いているのはこの写真の金モクセイと薄黄モクセイです。
薄黄モクセイの花色にはご覧のように少し巾があります。

 10月上旬になれば銀モクセイが、次いでヒイラギモクセイが、
最後に柊(ヒイラギ)の花が咲きます。 この3つは真っ白な花です。



posted by 山桜 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山桜っちのあったがさに,まだ来ちまったよ。金木犀っていえば思い出すな〜
 ♪鳶色の瞳に誘惑の陰り 金木犀の咲く道を・・・♪
確かこれは君の瞳は百万ボルトっちゅう感電死しそうな題名に日本中が驚いでゴジラが出現したっていう話もアリスぉうだった・・・な〜んてことはながったか^^
 庵のちかぐにも金木犀が2本あってな,今さがんにい〜い香りがただよってくんだ。あぎだなー。
Posted by 友部丹人 at 2006年09月25日 20:50
こんばんは
キンモクセイのお写真からあの甘い匂いがこちらにまで届きそうです。
ところで銀木犀。
横浜の三渓園にありました。
わたしは植物に詳しくないのですが、三渓園に出かけたとき、丁度満開でした。
友人が教えてくれたので、間違いなさそうです。
金の他に銀もあるのか、と感心してました。
Posted by 遊行七恵 at 2006年09月25日 21:28
今日も中国から来た実らない植物ですね。
この香りはまさに秋!
公害・空気の汚れを調べる調査で、この花の数を調べたことを思い出しました。
Posted by 酒徒善人 at 2006年09月25日 22:11
さくらん、ただいま〜o(⌒▽⌒)ノ
金木犀って色々あるのね〜o(⌒0⌒)o
黄色のものが小学校の時見てたものかな☆
Posted by やゆよ at 2006年09月26日 00:23
★友部丹人さん、おはようございます♪
 百万ボルトですか!? 確か一万ボルト位だったやうな・・・(笑)
サビの部分しか耳に残っていませんでしたけれど、そんな
素敵な歌詞があったのですね。 アリスってフォークロック
というよりも演歌ロック・・・? どこか土の匂いがします。
Posted by 山桜 at 2006年09月26日 08:22
★遊行七恵さん、おはようございます♪
 お忙しい中コメントまで、ありがとうございます。

 どうやら「薄黄」木犀を「銀」木犀と間違えている人が多いようです。
恥ずかしながら、実をみつけるまでの私もそうでした(^▽^;)
図鑑の写真もはっきりしないものがありますし、植物園の
表示が間違っていることもありますし・・・。

 何はともあれ、金木犀と同じ頃に咲いているのは多分「薄黄」、
後で実がなっているのを確認できれば、間違いありませんね^^
「銀」木犀の数は、図鑑によればあまり多い無い模様です。
また、北海道には金木犀も無いとか・・・日本は広いです。
Posted by 山桜 at 2006年09月26日 08:37
★酒徒善人さん、おはようございます♪

>今日も中国から来た実らない植物ですね。
 
そう、そこなんです、私が気になっているのは!
何故、中国から日本に渡った時、実らない種になってしまったのか?
以後、何故、ちゃんと実るシナ彼岸花が流入しなかったのか?
何故、金木犀の雌株を持ち込む人がいなかったのか?

 どちらの植物も渡来の歴史は古いのに、とても不思議です。

 街路樹としても元気に育っているので、大気汚染には
強い?
日本の土地気候風土に育つと雌が育たなくなる・・・
なんてことは無いですよね??
Posted by 山桜 at 2006年09月26日 08:44
★やゆよん、おかえりなさ〜い♪
 仕上げの旅、嬉しくもあり、名残惜しくもあり、だろうね・・・。
何はともあれ、お疲れ様でした! 

 今日はそらっちが来るんだっけ?
二人とも旅疲れ同士だから、ほわ〜っと過ごせるといいね^^

 黄色というか橙色っぽいものなら、金木犀だと思うよ〜☆
Posted by 山桜 at 2006年09月26日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。