2012年04月20日

ビオラの再生

   12-04 002.jpg          12-04 014.jpg
  2012-04-04 発根を発見       2012-04-17 開花

 小さな陶器の花入にさしてあった一輪のビオラ、最初の花が終わっても葉も蕾も元気で次々と咲いてくれました。 花入の口が細くて水を出しにくいので横着して上から水を足し足しして来たものを、久し振りに水を替えてやろうとビオラを引き抜くと、スルっと妙な手応えが…なんと、茎の下の方から白い根がもわもわと長〜く伸びていてビックリ!  ビオラもこんな風に水挿しで発根するのですね、初めて見ました。 折角伸びて来た根を傷めぬように、早速丁寧に花壇に植えてやりました。 約2週間後、前よりも一層濃い色の花を咲かせました。 ビオラを挿し芽で殖やす需要は余りないでしょうけれど、私にとっては新発見でしたので記録を残しておきました。


ラベル:ビオラ スミレ
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 園芸・庭仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 御無沙汰しておりますm(_ _)m 
しばらく振りに開きましたら、沢山の更新-☆ 嬉しくなりました♪
本当に色鮮やかなビオラが咲きましたね〜^^¥ 私も以前、何の花でしたか
花瓶に挿していたら、いつの間にか根が生えていました。こんな事ってあるんですね・・
 意外と水栽培でも育つ植物って、他にもあるのかもしれませんね?
Posted by メダカの目 at 2012年05月09日 09:35
◆メダカの目さんへ
 こちらこそ、本当にご無沙汰してしまって申し訳ありません! パソコンもいよいよダメで、バックアップをとって新しいのに買い替えなくてはと思いつつ、なかなか出来ません(。。;)
 
 ブログも久し振りに更新しようとしたら、すっかりSeeSaa サイト内の様式が変わっていて、戸惑うばかりです。 サクサク作業が出来るようになれば、そちらの世界へも、もっと遊びに行けるようになるかもしれません。 今しばらくお許しを…

 水が腐らなかったりいい条件が揃うと、色んな植物でも発根するのかもしれませんね。 そうそう、挿し木しようとすると上手く行かないことも多いのに、何の気なしに添え木として地面に刺していた枝からいつの間にか根っこが出て芽が伸びているのを見ると、ロビンソンクルーソーのお話を思い出しでワクワクします♪
Posted by 山桜 at 2012年05月09日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。