2007年01月13日

不二家

              fujiya logo.gif

 数日前、駅ビルでケーキを買って帰ろうとショーウィンドウを
眺めて歩いていた時、何気なく不二家のロゴに目が留まった。
 『そういえば、不二家のケーキって、もう何年も食べてない。』

 小さな頃、「不二家の苺ショート」は憧れだった。 
他のお店のものは、上に一粒のっているだけの真っ赤な苺が、ケーキの
段々の間にもたっぷりと、あふれる生クリームと一緒に挟まれていて、
お店の前を通る度、どれだけ胸をときめかしたことか…。

 ショートケーキは苺じゃなくてはね、他のものでは魅力半減。
でも、母が買ってくれるのは桃やらメロンやらパインやら…。
父が見栄えばかりで酸っぱい苺を嫌がったからかもしれない。

 幼いころの甘酸っぱい記憶が蘇り『そうだ今日は不二家にしよう』
と決め、大人になった今、あの頃のショートケーキではなくて、
新製品の「マンハッタン・ストロベリー」だったかな?を、
『不二家も今風に努力してるじゃない』
などと思いつつ、思い出と共にそっと抱えて家路についた。 

 娘に不二家についての思い出をアレコレ話しながら美味しくケーキを
戴いた翌朝、例の賞味期間切れ牛乳使用のシュークリームのニュース!
何と言う事か、何十年振りかで賞味した不二家のケーキがまさか次の
日には店頭から消えてしまうとは…。

 実は、余程シュークリームも一緒に買おうかと迷った末、あまりの
値段の安さに、
 『コンビニのシュークリームより安いって一体…』
と、不安を覚えて止めたのだった。 まさか不安が的中するとは。

 町にはお洒落なケーキが溢れている。 ペコちゃんのお店に往時の
魅力は無くなっていた。 駅前によくあるお店、他にもいくつか名前が
浮かぶが、他所のお宅へ伺う時のお土産には、決して選ばないだろう。
店舗が多いことは利便性は高めたが商品価値を下げてしまった。
後は薄利多売の道…経営方針も揺れていたのだろうか。 

 不二家には、パフェもお子様ランチも教えて貰った。
ミルキーの千歳飴は革命的だった。 お蔭で虫歯になったけど。
LOOKチョコレートもアントルメ・キャンディも大好きだった。
仲良しの子供の友として、ペコちゃんポコちゃんが元気に復活する日を
私は待っている。 名前の通りの「不二」を取り戻して欲しい。


banner_04.gif
人気blogランキングへ ←クリック応援、感謝感激晴れ


posted by 山桜 at 00:00| Comment(27) | TrackBack(2) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不二家はねぇ
やっぱり子供の憧れの場所と味だったんですよ
ことに苺のシーズンは特別でしたね

そういえば雪印ってなんでしたっけ?

ブランドイメージは崩れると恐い…
Posted by 幽黙 at 2007年01月16日 14:42
>あまりの値段の安さに、
最近はコストダウンをするという意味を間違っていますね。
質を落とさずに、人間の生活をより楽しく安全に、豊に成る様に
より安価でそれが実現し手に入れれる為にコストダウンをするのですが。

でも、今はお金を儲けることのみ、しかも儲けたお金を社会に還元しないで
私的に取り込んでしまうのが常識とされそれが立派な成功した人物として
もてはやされていますね。 不二家の様な事件は益々起きてくる様に思います。
Posted by 青い流れ星 at 2007年01月16日 18:51
クリスマスケーキ美味しかったのになあ〜o( ̄0 ̄)o
これからどうなっちゃうのだろ。。。
気になるよ〜☆
Posted by やゆよ at 2007年01月16日 20:18
私、中1の夏休みあけの9月の英語の小テストで、
筆記体の“F”が思い出せず・・・
思いついたのがこのマークでした。
テスト後、職員室へ呼び出しでした。
Posted by 酒徒善人 at 2007年01月16日 20:26
◇山桜姫 おばんにござる
ゆるりと一文一文をかみしめつつ拝読す
不二家 是 そのかみ 夢の世界の菓子店なり

人為すこと全て「偽」といへども
不二家友部店のペコが看板に電気の灯らざるは
いと心痛むことなり 
Posted by あかひと at 2007年01月16日 22:36
その日、駅前の不二家が開店した直後で、ドーナツと目が合いました。
「出かけるから帰りにまたね」
ミ▲ドのそれより不二家のシンプルなドーナツが好きなので、そっと呼びかけてから遊びに出かけ、七時頃に通りかかるとシャッターが閉まっていました。えべっさんの日だったから売り切れたのかしらと思った私の眼に「既に報道されたとおり、当分の間販売を自粛します」の張り紙が。
家に飛んで帰ると、大ニュースでした。

戯れ話に「ペコちゃんが穴に落ちたのでポコチャンが大丈夫かと呼びかけると、『ブジヤー(不二家)』と返事が来た」というのがありますが、今回の事件は『ぶじやー』どころではありません。
企業体質そのものが駄目駄目です。パートさんにばかり責任転嫁してそれでええとでも思っているのでしょうか。
ただただペコちゃんが可哀想です。
Posted by 遊行七恵 at 2007年01月16日 23:43
最近、ペコちゃん人形が人気があって、店頭から盗まれているというニュースを聞いたばかりでしたね。
この事件で、人形の価値は下がっちゃったかな?

うちは貧乏だったで、不二屋のケーキやしゃれたお菓子は食べたことはないですが、ミルキーやチョコは食べていました。

でもこのような売れ残った商品を再利用している業者は無数にあると思います。
テレビでも、ミートボールや肉を新しい袋に詰め替えてシールを貼り直している映像を紹介していました。
輸入牛肉・農薬・添加物も含めて、全体をしっかり管理して欲しいですね。

正直、わが家は、なんちゃってベジタリアンなので肉類はあまり関係ないです。
Posted by YUKI at 2007年01月17日 00:12
昔、「ペコちゃんのモデルは、私のママなの」と言う女性がいらしたなぁ…

「企業の中の正義」と「社会の正義」にギャップがあるのが日本と言う国の問題でしょうか?
企業は利益優先であるのは理解するのですが、遵法の精神が根底にあってこその話です。人の道を踏み外してお金を求めることに、一体どれ程の価値があると言うのでしょうか?
 昔、起業家の方から、社会性のない会社は永らく存続して行けないと言う話を聞いたことがあります。利益を上げたら社会に還元しなければならないと仰ってました。しかし、会議に参加しても話は収支報告と事業計画ばかりで、社会的な活動の計画や報告を聞いたことがありません。お金が無くなったら、他に何も残っていなかった!…と言う空しい国にはしたくないものです。
美しい国? ??? ?????
Posted by 天狗 at 2007年01月17日 06:14
山桜さん、おはようございます。
あまりの安さに買うのをためらった山桜さんのように、
何かが変だ!って感じ取れると良いのですが・・・・・
こどもの頃親から聞いた「安物買いの銭失い」
銭どころか命までも失いかねない事件もありましたね。
Posted by ネットの中のお父さん at 2007年01月17日 07:48
 97年という長い歴史を持つ不二家。創業当初の情熱や明治・大正・昭和・平成と、
時代にもまれながら開拓していった精神は、何処へ消え去ったのでしょう?。?;
以前、「都市の品格は、老舗の数にある」と言ったのは司馬遼太郎さんでしたっけ? 
 
 不二家は老舗と意味合いは違います。でも、百年近い歴史を持つ大型店として、
利益をあげる事は必要ですが、それを支えているでしょう、感謝の気持ちや誇りまで
失って欲しくはなかったですね。おごりが見え隠れして、会社の体質でしょうか?
 賞味期限切れの食材を使用したことはもとより、その後の会社の対応は、
根幹を成している筈の誇りなど、微塵も感じられませんでした。

 ペコちゃんに象徴される私達の夢や憧れを、なんとか元に戻して欲しいですね。
失われてしまった信用は、余りにも大きいけれど。。。
Posted by 飛翔 at 2007年01月17日 09:29
◆幽黙さん、おはようございます。
 昔はロゴにGINZAって入ってませんでしたっけ?
どうもその銀座の文字に弱くて、東京銀座○○ってあると、ちょっと
高級品のような気持になったものでしたが、今や怪しげです。

 雪印はバターは未だ作ってますね。スーパーで見かけます。
牛乳はメグミルクというブランドにその他の部門は売却されたり
解散されたり…スキーやホッケーのチームも気の毒でした。
不二家はこの先どうなっていくのでしょう。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 09:52
大人になって不二家の店に行ったことはあるのですが、
地方の田舎出身の私は山桜さんのような思い出はありません。
私にとってのブランドイメージはミルキーでした。

今回の件も雪印事件を思い出すようなひどさでしたね。
休業で影響を受けた何も知らない関係のないお店の社員やパートさん達も気の毒です。
次から次へと新たな悪事が出てきますが、早く膿を出し切って今後にむかってきちんと建て直しをして欲しいものですね。
Posted by みかん at 2007年01月17日 09:58
◆青い流れ星さん、おはようございます。
 他にはない「不二」の商品と誇りをもってお客様に提供
できる商品を作るには、それなりのコストがかかる筈です。
ですから、私は「あまりにも安いもの」には品質疑いを持つ
と共に、何処かで必ず生産に従事している方々にしわ寄せが
いっているに違いないと思うので、その悪循環を断つ為にも
出来れば買わないようにしています。

 仰るようにコストダウンはあくまで無駄を無くすこと等で
抑えるべきで、品質を下げて生み出すものでは無いと思います。

>儲けたお金を社会に還元

 それどころか脱税に精を出すことを「何が悪い」とまで
居直りますものね…。 

 学校・病院・美術館・芸術工芸家のパトロン等と昔のお金持ち
は社会還元もして、企業家としての尊敬と信頼を得ていましたね。

 何を目的として働いているのか、志はどこにあるのか、
それを言えない会社では、従業員の士気も上がらないでしょう。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 10:11
◆やゆよん、おはよう。
 そっか、クリスマス・ケーキは不二家だったのね…。
不二家のお菓子には子供の夢がいっぱいにつまっていた筈
なのに…ペコちゃん、一人ぼっちで泣いてるよね(T−T)

 私だったら再生プランの中に、「背中にペコちゃんの絵の
ついた制服で、毎日駅前広場などの清掃」を入れるかな。
汚れてしまったイメージは自らの手で綺麗にしないとね。
末端のお店に責任は無いんだけど、だからこそ地元の方々は
そういう姿を見て、応援して下さるのではないかな。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 10:24
◆酒徒善人さん、おはようございます。
 今の公立校では、筆記体を教えない所が多いようです。
私が英語を習っていた頃でも、既にアメリカ人の先生方は
筆記体を書けない人が結構いらっしゃいました。

 それで今、英語の宿題を見てやろうにも、誤りを筆記体で
訂正してやると読めないというので…困ります(><)。

 Fの筆記体、このロゴの形でも間違いじゃないと思いますが、
何故呼び出しが…? まさか下グルグルと花までつけましたか?
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 10:37
◆あかひとさん、おはようございます。
>人為すこと全て「偽」といへども…

 成程、神様の創造ではないもの、人為的=偽 なのですね。

 Dr.コトーの中で東京のエリート医師の
 「医療とは全て元々神の意志に逆らう行為なのだ」
というような言葉が頭に染み付いて離れないでいました。

 人も神様の創造物とすれば、人が何とかして健康を保とうと
努力する力も神が与えたもうたものですから、それは認めて
貰えるのではないかと思ったり、臓器移植となると抵抗を
感じたり、自分でも未だに結論は出ていません。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 10:47
◆遊行七恵さん、おはようございます。
 ああ、不二家のドーナッツ(ッが入るのが昭和風味)懐かしい!
不二家の味はどれも刺激的ではない優しいもので、
「♪ミルキーはママの味〜」これが基本ですよね。

 あれ、そのなぞなぞ、東京では、「ペコちゃんとポコちゃん、
池に落ちたのはどっち?」で、池に落ちると『ボッチャン』と
音がするので、坊ちゃんのポコちゃん、という答でしたよ〜
「無事や」は関西弁じゃないと成り立ちませんものね(笑)

 二つとない「不二」屋であり、不死身の「不二」屋でも
あって欲しいと願うばかりです。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 10:55
◆YUKIさん、おはようございます。
 おおっ、急にペコちゃん人形が心配になってきました。
全国の不二家のお店の皆さん、盗まれたり傷つけられたり
しないように、ペコちゃんの保護をしっかりお願い致します! 
(なんだか私、不二家の援軍みたいになってきましたね^^;)

 賞味期限とか消費期限とか、それが過ぎたからと言って即
食用に適さなくなる訳では無いと思います。(その話が事実であれば)
現場の職人さんの勿体無いという感覚も理解できます。ただ、それを
無視することに慣用な体質は企業として全てに於いての信用を失い
ますね。期限切れを出さない方への改善に努力して欲しかったです。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 11:09
 反響が大きくて驚きました。皆さん、私同様、不二家事件には
言いたいことが溜まっていらしたんですね〜。 私も書こうかどうか
随分迷ったんですが、数十年振りに前日にケーキを買ったことに、
偶然とは言えない何かを感じて決心したのでした。

 たくさんのコメントをありがとうございます!
一旦、PCを閉じますが続きのお返事、必ず書きますね。
時間が足りずに、本当に申し訳ないです。ごめんなさい<( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 11:16
寂しいですね〜 ペコちゃんも大好きだったのに。
さっきラジオで意見を求めていてあるお人が
「ペコは舌だして嘘ついてたのか?!」なんて。
それを受けてキャスターさまは、あんな可愛い子まで
そんな風な目で見ないで欲しいな〜!と答えていらしたけれど
全くです! でもでも、食中毒とか何かそういう被害者が
でない内に発覚して良かったですよね。何よりです。
従業員の方々も新年早々、お気の毒ですね・・・厳しいな。
Posted by まり at 2007年01月17日 18:10
◆天狗さん、こんばんは。
 お返事が遅くなってしまいごめんなさい!
ペコちゃんのモデルの方とお知り合いなのですか? 
あれ、それともTVで何かそういう紹介がありましたっけ?
見たことがあるようなないような…(笑)

 企業家は事業を大きくしたい野心にかられるでしょうが、
大きくすればするほど、目が届かなくなりますし、運営の
歯車も上手く回らなくなりがちです。 事業拡大をどこで
抑えて、顧客も従業員も満足できる経営ができ、社会への
還元までがちゃんとできるかが腕の見せ所ですよね。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 18:23
◆ネットの中のお父さん、こんばんは。
 かかるであろうコストと値段のバランスがおかしいものは
買ってはいけないと思っています。 私達が安さの恩恵?を
受けている影で、どこかでで不当に低賃金で働いている人達や、
何も知らずに農薬を撒いて、自らの命を削っている人達が
いるかもしれません。

 確かに食費は多くかかりますけれど、他のことは質素に
暮らして、なんとかやっております^^;
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 18:32
◆飛翔さん、こんばんは。
>「都市の品格は、老舗の数にある」
 
 いい言葉ですね。 かつての銀座にはそういう品格が
確かにありました。 子供には敷居が高い大人の町でした。 

 不二屋は看板の知名度や誇りとは裏腹に業績が落ち込み、
焦っていたのでしょうか…。 パートさん方の内情暴露を
聞いていると、悲しくなります。 勤務先に愛情も持てない
状態は気の毒です。

 ペロペロキャンディやミルキーは今でも、子供に大人気。
誰でもペコちゃんを知っています。なんとか立ち直って欲しい
ものですね。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 18:41
◆みかんさん、こんばんは。
 きのうからブログを始められたのですね、拝見しました☆
書きたいことを書くのが長続きのコツかもしれません。
無理にネタ探しをして毎日書こうとするとキツイです。
↑これは、私の場合ですが^^;

 「あたしンち」と言うマンガのファンなので、みかんさんと
言うお名前に親近感を持ってしまいます♪

 脱線してゴメンなさい! 本当に寝耳に水で不安をかかえた
お店や従業員の方々の為にも、一刻も早く再建案を立てて
出直して欲しいですね。
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 18:50
◆まりさん、こんばんは。
>「ペコは舌だして嘘ついてたのか?!」

 そうですか…罪の無いペコちゃんまで気の毒ですね(゜―Å)
でも、仰るように被害者が出ていなかったことが幸いでした。
私の食べたマンハッタンショートケーキも該当していたと
今日発表されましたけど、お腹は大丈夫でした^^;

 きっとなんとかやり直す道はある筈です。
がんばれ不二家ペコちゃん! 
Posted by 山桜 at 2007年01月17日 19:10
こんにちは!

不二家、大変なことになりましたね・・・

あのミルキーを食べておくべきだったと思っています。

ちょっと前から、歯に悪いとの判断で「禁ミルキー」だったのです・・・
Posted by むろぴい at 2007年01月23日 12:57
◆むろぴいさん、おはようございます。
 ミルキーは美味しいけれど、歯にくっつきますものね〜^^;
ミルキーやカントリーマームやペコちゃんキャンディなどは
子供が集まる会では人気のおやつの定番だったので残念です。
Posted by 山桜 at 2007年01月24日 08:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

創業74年の老舗「不二家」
Excerpt: ついに創業97年を誇る老舗洋菓子メーカーの「不二家」の社長が辞任表明をする事態になってしまった。 期限切れ材料使用は初めてでなく、何度も行われ工場も埼玉だけじゃとどまらない事態であ
Weblog: つぶやき古道(こみち)
Tracked: 2007-01-27 16:41

創業74年の老舗「不二家」
Excerpt: ついに創業97年を誇る老舗洋菓子メーカーの「不二家」の社長が辞任表明をする事態になってしまった。 期限切れ材料使用は初めてでなく、何度も行われ工場も埼玉だけじゃとどまらない事態である。どこまで進むのか..
Weblog: つぶやき古道(コミチ)
Tracked: 2011-10-07 17:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。