2013年03月04日

暴風雪の北海道

 北海道は広く、暴風雪の余りにも痛ましい被害が報道される中、幸いにも私たちが滞在したサホロ周辺は強風による地吹雪はあったものの、帰りの飛行機が飛ぶ頃には夕焼けが山を照らし静けさが戻っていました。DVC00010.jpgDVC00009.jpg

 山の天気はあっという間に変転します。 ゴンドラに乗り込む頃は粉雪が舞う程だったものが、途中で強風が吹き出しゴンドラが揺れだしスピードダウン…いつ頂上駅に到着するとも分からぬ中、オーストラリア人のスキーインストラクターさんが教えて欲しいというので「上を向いて歩こう」を一緒に歌ったり、反対にオーストラリアの第2の国歌ともいわれる「ワルティング・マチルダ」を教えて戴いたりで過ごしながら、やっと上に着いたと思ったらなんとゴンドラの営業は終了。 下の方のリフトも殆ど止まってしまったとのこと。 

 ゲレンデに出れば目前は舞い上がる雪で真っ白で、もう3人前ほどまでの視界しかないものの未だ上下は分かるので完全なホワイトアウトには至らず、何とかゆっくり慎重に滑りながら降りてくることが出来ました。 途中何度か風で谷へ吹き飛ばされそうになったり、新雪に突っ込んでしまったり…スキークラスの皆さんと一緒で本当に助かりました。 自然の力は恐ろしく、生死を分ける決断は一瞬。 今日のこの命に感謝です。 
 


ラベル:北海道 スキー
posted by 山桜 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真っ白なホワイトアウトから生還・・・良かったですネエ。北海道でスキー・・・お天気次第ですね。たびはホント、お天気次第です。
Posted by 山口ももり at 2013年03月05日 09:47
◆ももりさんへ
 ありがとうございます。 人の運命は紙一重ですね…痛ましいニュースが続き、雪の怖さを改めて思い知らされました。 あんな吹雪の中を滑る体験は2度とないこと祈ります。
Posted by 山桜 at 2013年03月05日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。