2007年03月03日

少姫達への懺悔


? 1494.jpg? 1493.jpg? 1492.jpg
   コスミレ    プリムラ・メラコイデス(西洋桜草) イオノプシディウム
                         (バイオレットクレス、
                         又はダイヤモンドフラワー)

  花壇の中で環境に恵まれて大きく育った花よりも、寧ろそこからこぼれた種から芽を吹いて、痩せた固い土で人に踏まれるような厳しい環境にも負けず、精一杯健気に育った小さな花を愛おしく思います。

 そうは言いつつ、庭仕事に夢中になればそんな少(すくな)姫を知らずに踏んでしまう私・・・真ん中の桜草の花びらを傷つけたのも私。

 柔らかい若芽の中で春が来たよとお尻を振って浮かれていたアブラムシを捻りつぶし、ほこほこと暖かな地面近くに上がってきていたミミズをスコップで切断し、レンガの隙間で春眠を貪っていたナメクジを…。 

 嗚呼、私さえ家の中でじっとしておれば、彼らは平和に春を謳歌していたのです。 毎年のことながら、なんと罪深き庭仕事よ・・・。



posted by 山桜 at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家の庭にもスミレがいくつも花を咲かせていました。
花全体が顔のように見えてしまって思わず笑ってしまいました。
あとで、種類を調べて日記にアップしてみたいと思います。

(山桜さんの前回の日記に書き込みをしたと思っていましたが、「確認する」だけをクリックして「書き込む」をプチッとしなかったようで失礼しました。)
Posted by YUKI at 2007年03月06日 19:52
うーん、わかるわかる!!
とかさ、草取りしてて
この雑草だって、生えていた方が地球環境には
よりいいのでは???とかさ(笑)
ダイヤモンドフラワー?
かわいいねo(⌒▽⌒)o
Posted by やゆよ at 2007年03月06日 19:52
人は生きている限り、罪深い者なのでしょうね。
趣味の園芸(農業)も自然との闘いなのでしょう。
Posted by 酒徒善人 at 2007年03月06日 20:53
素晴らしい!
小生青の花を好む者にてあれば
また殊に小さき花を好む者にてあれば
これらの花は余りにも美しい!
Posted by 幽黙 at 2007年03月06日 22:14
 山桜さんは優しいなぁ〜。正義感が強く、真っ直ぐで、その上こんなに柔らかい
感覚も持ち合わせていらして、そんなところが大好きです-☆

 でもチョッと視点を変えると、アブラムシもナメクジもミミズも、植物を傷つけて命を繋いでる。勿論、生きていく為に貰う命と、不用意に傷つけてしまう命との違いはありますが・・・。
 どうしてもスコップで傷つける事、よくあります。でもそれだけじゃない。やっと開きかけた花や伸びようとする芽を全て食べ尽くすナメクジに怒りを覚えます@@;壁に張り付いてうごめくナメクジには何の恨みもありません。
 間違って奪ってしまった虫の命に、花の命を守る為故意に奪った虫の命に、御免なさいという気持ちがあれば、神様や虫達は許してくれるんじゃないかしら?ってこれ又身勝手な事でしょうけれど。。だって、前世では立場が逆転してたかもしれないし、来世だって・・^^;
Posted by 飛翔 at 2007年03月07日 01:48
読ませて頂いているうちに、好きだった石垣りんさんの詩を思い出しました。
「朝ニナッタラ 皆食ッテヤル」
Posted by 天狗 at 2007年03月07日 02:23
◆YUKIさん、おはようございます。
 スミレの同定って結構難しいですよね。 生えている場所の
環境によって大きさも様子も随分違うので迷ってしまいます。
このシハイスミレも未だに?印付きで自信がないのです^^;

 「書き込む」を忘れてしまうこと、私も良くあります。
ややこしくてすみません。折角のコメントが消えてしまって残念!
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 07:49
◆やゆよん、おはよう。
 そうなのよ〜人間の勝手で食物連鎖を壊しているようでね〜
アブラムシを食べているテントウムシや放牧して蜜を貰っているアリ
などもいる訳だし、ミミズさんは土を耕してくれるのに、まぁミミズ
は切れれば2匹になって増えるからいいとしてもやっぱりもんどり
うってる様子は…ナメゴンは生きてる植物もかじる嫌な奴だけど枯草
などのお掃除屋さんな訳で…まぁ色々とね(苦笑)

 ダイヤモンドフラワーの名前が一番覚えやすいよね^^ こぼれ種で庭中に
増えて、とても可愛いよ♪ でも外来種だから家から外には出さない
ようにしないとね。
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 08:03
◆酒徒善人さん、おはようございます。
 人間も自然の一部なのですから、生きていく為に色々と工夫
して進化するのは許されますよね。 

 一番心が痛むのは、やるつもりじゃなかったのに傷つけて
しまった時なんです。 やっつけてやる!と思ってやる時は
心の準備もあるんですけどね〜(−−;)
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 08:08
◆幽黙さん、おはようございます。
 小さい青い花ってトキメキますよね! 真ん中の主役は
ピンクの桜草だったのに、何故かオオイヌノフグリの方にピントが…
お日様が出て青い花が開くのを待っていた私の心が見透かされた
ようです^^;
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 08:14
◆飛翔さん、おはようございます。
 以前に読んだ本には、ナメクジは生きた植物は食べないって
書いてあったのですが、しっかり齧りますよね!
特に発芽したばかりの柔らかい苗を根こそぎ食べられると
殺意がMAXに…ナメゴンのバカヤロー!ヽ(#`Д´)ノ
それに最近のはとても大きくないですか? もしかして外来の
食欲旺盛なのが温暖化でのさばってきてるのかな?

 できるだけ食物連鎖の調和がとれた庭であって欲しいと
心掛けてはいますが、私の庭の中では私がルールブックですから
神様ゴメンナサイ!で結構ワガママさせて貰ってます♪
でも出来れば、ナメクジには生まれ変わりたくないなぁ(^▽^;)
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 08:25
◆天狗さん、おはようございます。
 石垣りんさんの詩、「シジミ」ですね! 
私も丁度昨晩アサリを塩水につけていたので、ドキッとしました^^; 
 「今宵一夜ノ命ユエ、ササ存分ニ潮ヲ吹ケ」
そう心の中で呟いて床につきました。 
海の幸、今は私の中に生きています。 合掌
Posted by 山桜 at 2007年03月07日 08:32
ホントウに生きることは罪深いことです。
わたしが生きるということは、多くの他者の命に支えられているということですよね。
そう意識しながら、毎日を送りたいと、改めて思いました。
Posted by 普賢のゾウ at 2007年03月07日 10:17
本当に自分勝手ですけど、雑草だって、花が咲いてる間だけは愛しています。ミミズやなめくじ、嫌いですけど・・・ヘビだけは・・・共存したくありません。今年は冬眠しないのもいたとか・・・この調子で夏がきたら、日本は熱帯じゃないのかしらって心配です。水不足も心配ですね。
Posted by 山口ももり at 2007年03月07日 20:32
◆普賢のゾウさん、おはようございます。
 食物として戴くことと、気付かずに傷つけてしまうこと、
普通に生きている限り、どちらも避けがたいです。

 人同士でも、自分にそんな気がなくても相手を傷つけてしまう
ことがありますね…。 私に踏まれてしまったスミレの心の方々、
若しいらしたら、本当に未熟者でごめんなさい。 <( _ _ )>
Posted by 山桜 at 2007年03月08日 09:07
◆ももりさん、おはようございます。
 こう暖かいと蛇も蛙も冬眠しなかったかもしれませんね。
ウチのヌシ様(蟇蛙)もそろそろ顔を出してくれるかな?
 この夏の暑さはどうなるのか、本当に心配ですね。
雪の貯えも乏しくて、水も…灼熱地獄は勘弁して欲しい(><)
Posted by 山桜 at 2007年03月08日 09:15
私は無宗教ですが、虫を殺すとき、南無阿弥陀仏、来世は違うものに生まれてきてねと 一瞬思いながら、さよならしてます。
初めは大事にしていた花も、はびこってしまうと、抜くはめに。
きっと、私を引っこ抜きたいと思っている人もいるかもしてません。すみません、楚々としたいのですが、どうもできません。
Posted by チャチャ at 2007年03月09日 19:43
◆チャチャさん、おはようございます。
 特に○○教と意識していなくても、そのように命への慈しみを
持って生きているのが古来からの日本人の特性のようですね〜
九十九神や鳥獣戯画などでも、色々なものと心を通わせて来られた
ご先祖様の姿が伺えて嬉しくなってしまいます。

 自然の意にそぐわない人は、やはり自然に引っこ抜かれている
のかもしれませんね…(怖;) それとは別に、次世代に生まれ
変わって必要とされる人物が、早めに現世から連れて行かれて
しまうこともあるのかな、とも思います。
Posted by 山桜 at 2007年03月10日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。