2013年04月17日

利休梅

DVC00227.jpg
 今年は色々な草木の花付が良く、嬉しい一方で何かを予知して種を残そうとしているのかとちょっと怖いような気持もしてきます。 7年前に我が家へやって来た利休梅も例年にない勢いで、まるで噴水があふれ出るように咲き、その柔らかでしなやかな枝が春風に揺れています。 (後ろに垣間見られる赤い花は開き始めた花水木で、撮影から数日たった今では紅白花の競演! 運動会の玉入れ競争みたい?…笑)

DVC00224.jpg
このすべすべのお餅のような蕾がまた何とも愛らしくてたまりません♪

DVC00226.jpg
以前にも書いたように思いますが、利休さんの生きていらしたころには未だこの花は中国から渡来しておらず(明治の末頃渡来とのこと)、お名前は戴いていても利休さんはこのお花のことはご存じなかったことと思われます。 花の形が「利休梅」と呼ばれる梅文様に似ているのが命名の由来とも聞きますが、まぁ似てなくもないかなぁという程度でしょうか。 「茶花として良く使われたので」という記載もネットでは多く見られますが、余り水揚げがよくないですし枝垂れる枝なので「好もしい姿に入れるのはちょっと難しいような…。

同じバラ科でも「梅」というよりも寧ろ「雪柳」に性質は似ているようで(ユキヤナギはシモツケ属、リキュウバイはヤナギザクラ属と属は異なるのですが)、私は大きな雪柳と思って手入れをしています。 春に伸び出た若い枝に花が咲きますので、その分を引いた位置で剪定すれば好きな高さで咲かせることが出来ます。 


ラベル:リキュウバイ
posted by 山桜 at 18:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 山川・自然観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利休梅は成長が早くて枝を長く切れますし、咲いている期間も長く とても重宝な木です。
この時期 赤い椿が多くなるときなので この一重の白い花と映りがよく 利休梅が大好きになりました。 この花を見るたび 山桜様を思い出します。
Posted by チャチャ at 2013年04月18日 00:04
利休梅・・・鎌倉では大巧寺(だいぎょうじ)が有名です・・・お寺の名前は「おんめさま」に方が有名ですが・・・。いま咲いているでしょうか?
Posted by 鎌倉とんぼ at 2013年04月18日 13:48
◆チャチャさんへ
 咲き始めの蕾が多い位の時と赤い椿の組み合わせ、素敵ですね。 葉の色も明るくて春らしいのが気に入っています。 実の形も面白いので秋にも使えそうですね♪ 重宝して戴き、また折に触れ思い出して戴けて、とても嬉しいです^^ いい枝ぶりを選んできちんと水揚げしてやればいいのですよね…反省です(。。;)
Posted by 山桜 at 2013年04月18日 18:17
◆鎌倉とんぼさんへ
 大巧寺も「おんめさま」も知らなくて、HPを見て参りました。 安産祈願のお寺さんなのですね。 利休梅のことは載っていませんでしたけれど、季節折々の花が見られるそうで楽しみです。 産女霊神神骨を納めたと言われる「水晶の五輪塔」が清らかで思わず手を合わせてしまいました。 

 鎌倉はまだまだ知らないところだらけですので、素敵な所を教えて戴き、また行きたい所が増えました^^♪ありがとうございます! 
Posted by 山桜 at 2013年04月18日 18:33
しばらくぶりです。ブログ再開なさっているのですね。ケロさんご卒業おめでとうございます。まだまだこれから・・・ですよおお。やがて・・・彼氏が・・そしてお孫さんがゾロゾロなんて楽しくなりますねえ。
Posted by 山口ももり at 2013年04月25日 09:07
◆ももりさんへ
 コメント戴き、ありがとうございます。 再開と言えるほど書けてないですが、時々思い出したようにポツリポツリと更新しています。 書きたいことあっても何だかモタモタしている内に古い話題になったりして、ダメですねぇ

 ケロが卒業して楽になるのか、ハタマタ働いてグッタリな人が二人に増えるのか… 
孫がゾロゾロ…ぞぞぞっ(笑)
Posted by 山桜 at 2013年04月25日 18:45
 月が変わり、薫風の五月を迎えましたが、こちらは今朝、梅花空木が一輪ほころびました^^♪
 そう言えば、今年の利休梅は、例年になく沢山の花を咲かせました-☆ 朝露がまだ宿る早朝に手折って水切りしておくと、案外日持ちすると思います。
Posted by メダカの目 at 2013年05月01日 22:57
◆メダカの目さん、こんばんは☆
自分のブログも開けない生活していて、お返事もせずに失礼しましたあせあせ(飛び散る汗) そちらも随分冷え込んだというニュースを見ましたが、こちらも5月とは思えぬ肌寒さで、チューリップチューリップが未だ咲いていて、バイカウツギは固い蕾のままです。

ちゃんと水揚げしてやらねばいけませんよね冷や汗 ついつい切り立てなら大丈夫と直ぐに…反省ですふらふらたらーっ(汗)
Posted by 山桜 at 2013年05月04日 00:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。